メインメニューを開く

井上 晃一(いのうえ こういち、1967年5月7日 - 2013年11月23日)は、数多くのテレビ番組CMプロモーションビデオ、映画、舞台などの企画・構成・演出を手掛けた映像クリエイターディレクター京都府出身。

テレビ番組制作会社イーストジーワン(取締役)、c-block(取締役)を経て、2013年に自ら代表を務める制作会社モンスターゾーンを設立。

スタイリッシュで洒落た映像手段を用いながらも、内容を薄めずポップに伝える大衆性を失わない作風が特徴で2009年1月公開の映画「劇場版 カンナさん大成功です!(主演:山田優)」で映画作品を初監督。

その後も、舞台の脚本・演出、作詞、アーティストのプロデュースなど活動の幅を広げていた。

2013年11月23日午後11時15分病気の為死去。46歳没[1]

目次

演出作品編集

テレビ番組編集

その他、多数

映画編集

舞台編集

CM編集

その他、多数

プロモーションビデオ編集

その他、多数

web編集

その他、多数

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 訃報』株式会社モンスターゾーン 2013年11月25日閲覧。

外部リンク編集