メインメニューを開く

井上 正一(いのうえ せいいち、1850年4月7日嘉永3年2月25日) - 1936年(昭和11年)10月3日)は、日本の法学者衆議院議員大審院判事。

略歴編集

長門国大津郡伊上村生まれ[1]1871年長州藩貢進生として上京し、開成学校から大学南校を経て1875年司法省法学校を卒業。同年秋にフランスに留学し、法学博士の学位を取得。1881年に帰国するとただちに司法省雇となり、開校間もない明治法律学校(のちの明治大学)にも講師として迎えられた。旧民法(特に人事編)の起草などにも関与した。

1890年第1回衆議院議員総選挙で山口2区から出馬して当選するも[2]1891年5月11日、大審院判事に転じて衆議院議員を辞職し[3][4]、同年の大津事件児島惟謙大審院長の下で陪席判事を務めた。その後も大審院部長(1903年~1913年)[5]などの要職を歴任するかたわら明治法律学校の教頭(1890年~1892年、1900年~1904年)[6]を務め、1920年からは明治大学商議員となり[7]1936年に没するまで明大の教育と経営に関わり続けた。

栄典編集

主な著書編集

  • 『仏国人事法講』 明法堂、共著、1888年
  • 『刑事訴訟法義解』 明法堂、1891年
  • 『訂正刑事訴訟法義解』 明法堂、1893年
  • 『日本刑法講義』 明法堂、1893年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本博士全伝』 131頁
  2. ^ 宮川隆義 『歴代国会議員経歴要覧』 政治広報センター、81頁
  3. ^ 『官報』第2359号、明治24年5月14日。
  4. ^ 『総選挙衆議院議員当選回数調 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年、232頁。
  5. ^ 『明治大学小史―人物編』 16頁
  6. ^ 『明治大学小史―人物編』 16-17頁
  7. ^ 『明治大学小史―人物編』 17頁
  8. ^ 『官報』第5644号「叙任及辞令」1902年5月1日。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集