井上 正任(いのうえ まさとう)は、常陸笠間藩第2代藩主、のち美濃郡上藩初代藩主。浜松藩井上家3代。

 
井上正任
時代 江戸時代前期
生誕 寛永7年(1630年
死没 元禄13年12月16日1701年1月24日
別名 大学助(幼名)、正任
戒名 源正院了学日任
墓所 東京都豊島区雑司が谷本納寺
官位 従五位下、相模守、中務少輔
幕府 江戸幕府
常陸笠間藩主→美濃郡上藩(八幡藩)主
父母 父:井上正利、母:鳥居成次の娘
兄弟 正任、正信、正興
正室:本多忠義の娘
正幸正岑正長
娘(金森頼業正室)、酒井重英(五男)、
正照(六男)、七男、娘(松平信輝正室)、
娘(丹羽氏音正室)、娘、娘
テンプレートを表示

生涯編集

寛永7年(1630年)、笠間藩初代藩主(当時遠江横須賀藩主)井上正利の長男として生まれる。寛文9年(1669年)6月、父の隠居により家督を継いで笠間藩主となる。このとき、弟の井上正信に新田2000石、井上正興に1000石を分与している。9月に奏者番に任じられたが、延宝2年(1674年)6月に奏者番の任務において失態があったため、延宝3年(1675年)4月まで蟄居を命じられている。

天和3年(1683年)江戸城三の丸の修理手伝いを命じられる。貞享2年(1685年)から翌年まで、越後騒動(御家騒動)により改易された越後高田藩高田城の在番を、信濃飯田藩主・堀親貞と共に務めた。在番中に堀が死去したため、溝口重雄と交替している。

元禄5年(1692年)11月12日に美濃郡上郡・越前大野郡に移封された(美濃郡上藩)。このとき、財政上の理由から家臣団をリストラしている。元禄6年(1693年)9月2日、家督を次男の正岑に譲って隠居した。元禄13年(1701年)12月16日に死去した。享年71。