メインメニューを開く

井上 正岑(いのうえ まさみね、承応2年(1653年) - 享保7年5月17日1722年6月30日))は、江戸時代中期の大名老中美濃八幡藩第2代藩主、丹波亀山藩主、常陸下館藩主、常陸笠間藩主。浜松藩井上家4代。

美濃八幡藩初代藩主・井上正任の次男。母は本多忠義の娘。正室は伊予西条藩松平頼純の娘・清姫。弟に甲府藩家老のち側衆の井上正長。養子に井上正富井上正之。養女に水野忠輝正室。官位は従四位下、大和守、のち侍従河内守

生涯編集

元禄2年(1689年)、兄・井上正幸の廃嫡により嫡子となる。同5年(1692年)に家督を相続した。このとき弟の正長に3千石を分与した。

元禄8年(1695年)12月、奏者番、翌元禄9年10月には寺社奉行も兼ねた。元禄10年(1697年)6月10日、丹波亀山に転封。

元禄12年(1699年)10月に若年寄。元禄15年(1702年)9月、3千石加増の上で常陸下館へ転封となったが、城が手狭であったため即日常陸笠間に移った。宝永2年(1705年)に老中となり、同年12月には従四位に昇任、翌宝永3年12月に侍従となった。正徳5年(1715年)東照宮百回忌の法要総奉行を勤めた。享保3年(1718年)1万石加増。

享保7年(1722年)5月17日に70歳で死去した。先に迎えた養子の正富は廃嫡され、正之が跡を継いだ。

人物編集

幕府政治家として奏者番、寺社奉行、若年寄、老中を歴任したが、新井白石の『折りたく柴の記』によると底意地の悪い性格の人物と指摘されている。また、「死んでも惜しくないもの 鼠捕らぬ猫と井上河内守」という出所不明の落書が江戸中に張られたこともある。

妻の清姫が紀州藩2代藩主・徳川光貞の姪にあたるため、光貞の四男・吉宗が8代将軍に就任した理由の一つに、正岑の後押しがあったためといわれている。7代将軍徳川家継が病床の際、他の老中たちが尾張藩主徳川継友の将軍擁立に動いたのに対し、正岑が妻の縁戚にあたる吉宗擁立を主張したとされる。

年譜編集