メインメニューを開く

井上 瑤(いのうえ よう、1946年12月4日 - 2003年2月28日)は、日本女性声優放送作家占い師ダンサー。本名:漆川 由美(しつかわ ゆみ)。東京都出身。ピラミッド、オフィス央、ぷろだくしょんバオバブ大沢事務所東京俳優生活協同組合などに所属した。血液型AB型。星座いて座

いのうえ よう
井上 瑤
プロフィール
本名 漆川 由美
(しつかわ ゆみ)
愛称 瑤さん
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都
死没地 日本の旗 日本・東京都
生年月日 (1946-12-04) 1946年12月4日
没年月日 (2003-02-28) 2003年2月28日(56歳没)
血液型 AB型
身長 150cm
事務所 東京俳優生活協同組合(最終)
配偶者 あり(後に離婚、死別)
活動
活動期間 1975年 - 2003年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

人物編集

1970年代から2000年代初めまで活躍。東京都立八潮高等学校早稲田大学卒業。

大学時代は劇研に所属し、卒業後は早稲田小劇場に進んだが、1年で退団。アルバイトで始めたTBSの朝のテレビ番組『ヤング720』を皮切りに放送タレントの道へ。クイズ番組ベルトクイズQ&Q』の声、『モーニングジャンボ』などTBSのテレビ番組に出演。

声優活動以外にも自分の出演番組の台本を書いていたことから、放送作家の仕事が舞い込むようになり、1980年代初めまで、『お笑い頭の体操』『相性診断ピッタンコ』などの構成台本や『クイズダービー』の問題作成の仕事を行なった。同時期には西田堯の下でモダンダンスを学び、国立劇場、日生劇場の舞台に立つ。また「レイ・ホシコ」という名の占い師という顔も持つなど、多才ぶりを発揮していた。

2000年放映開始の『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』に獏良了役でキャスティングされていたが、体調不良のため41話までで降板。同役は松本梨香が最終回まで継いだ。

2003年2月28日9時29分、都内の病院で肺水腫のため死去、56歳没。葬儀には『機動戦士ガンダム』で井上の担当したキャラクターであるキッカ・キタモトハロの人形が飾られた。最後の声優参加は、ニンテンドーゲームキューブ用ゲーム『機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡』のセイラ・マスである。このゲームには、エンディングにスタッフからのメッセージが表示され、ゲーム発売前に亡くなった井上への追悼の言葉が含まれている。喪主は実弟が務めた。

エピソード編集

150cmほどの小柄で痩せた体つきに童顔であったため、20歳代後半になっても子供と間違われることがたびたびあったという。夜分遅く仕事帰りに町を歩いていたら、警察に「お嬢ちゃん」と呼び止められ、既に人妻(後に離婚)であり、年齢・経歴を話しても信じてもらえなかったというエピソードが存在する。明るくインテリな性格の反面、行動力には優れており、思い立つとすぐに実行するタイプであった。数々の海外旅行はその例である[1]

1984年2月末から1985年5月上旬まで、1年3か月に渡ってインドなど6カ国へ旅行。インドには6か月半滞在した[2]。この旅行のために、『うる星やつら』のラン役など当時レギュラーで出演していたキャラクターは、一旦すべて降板した。ラン役は小宮和枝が引き継いだ。この間に『機動戦士Ζガンダム』にセイラが1カット登場したが、セリフはなかった。

『うる星やつら』では前述のとおり、長期の海外旅行のためにラン役を降板しているが、1986年公開の『うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー』では友引町役、原作の最終エピソードを映画化した1988年公開の『うる星やつら 完結篇』では、闇の世界の住人・カルラ役で出演している。なお、帰国後もラン役には復帰していない。

占い師として、人気絶頂の頃のYMOを1983年頃活動を終えると予言したり(坂本龍一を姓名判断した際、細野晴臣と衝突、分裂するだろうと予言)、テレビで見た人物に対して「近々、いいことがありそう」などと評して的中させたという。また『スネークマンショー』で共演した伊武雅之に「名前の最後の字を2画の字にするといい」とアドバイスし、伊武はそのアドバイスを受け入れ、現在の芸名・伊武雅刀に改名した。

裁縫・料理ともに得意で、スタジオ内で声優仲間に手作りの食べ物をわけたり、非常にもてなしの精神に富んでいた。なお、古谷徹は彼女の作るカレーは「とても美味しかったんだけど、ものすごく辛かった」とコメントしている[3]シャア・アズナブル役の池田秀一によると、井上はセイラ・マス役でもミスを出さないほど、役への入れ込み・声優としての実力において優れていたという[4]。なお、池田は井上を「アルテイシア」と呼んでいた。

井上がとりわけ気に入っていた作品としては、NHKこどもにんぎょう劇場』を本人が挙げている。ラジオ形式の仕方でとられるこの作品は、井上の録音後それにあわせて人形が動くため、井上の演技が問われるところとなり、本人はこどもの反応などを注意しつつ演じていた。こどもに想像力を与えるこうした作品は、井上にとって非常に大切であったという[5]

オーストリア人の夫(ピーター)とは南インドで知り合い、交際後結婚。井上が母親の死により意気消沈していた頃、「インドが呼んでいる気がする」という直感のもと、泣く泣くインドへ旅行。その先で予感を裏付けるかのごとく、夫と知り合うことになる。その夫が先立った後散骨のためオーストリアへ渡航したが体調不良のため帰国し、癌に侵されていることが判明[4]。その後約二年間の闘病後永眠に至った。夫と井上の遺骨は遺族により夫が一番好きだったオーストリアの田舎にある古城に散骨された。

シャア役の池田もアムロ・レイ役の古谷徹も、井上の訃報を聞いたときは非常に悲しんだという。池田はあまりの悲しみに別れを言う辛さから葬儀には行くことが出来なかった、「大好きだったお母ちゃんとピーターのそばで幸せにね!」と言う古谷の談話は涙を誘った[6]

後任編集

井上の歿後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1992年

1994年

1996年

1999年

2000年

2001年

OVA編集

1986年

1988年

1989年

1992年

1995年

1997年

  • スワン・プリンセス2/魔王の城(1997年 - 1998年、ユバータ) - 2作品

2007年

劇場アニメ編集

1981年

1982年

1983年

1984年

  • 地球物語 テレパス2500(エリダ[14]

1986年

1988年

1989年

1991年

1993年

1994年

1995年

1997年

2006年

2012年

ゲーム編集

2004年以降の作品は生前の音声を引用したライブラリ出演。

1993年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2004年

2005年

2006年

2008年

2011年

2013年

吹き替え編集

女優編集

映画編集

テレビドラマ編集

アニメ編集

ラジオ編集

CD編集

その他編集

著書編集

脚注・出典編集

  1. ^ 「南洋じゃ美人」井上瑤著より
  2. ^ 「セイラさん、おかえりなさい 井上瑤が肌で感じた日本と外国の差!1年3か月のインド旅行体験報告記」『アニメージュ』1985年10月号
  3. ^ 古谷徹「第二章 「ニュータイプな声優」---アムロを支えてくれた」『ヒーローの声 飛雄馬とアムロと僕の声優人生』角川書店、2009年7月25日、ISBN 978-4-04-715275-5、68頁。
  4. ^ a b 池田秀一「第5章 去り逝く仲間たちへ…… 愛する妹・井上瑤ちゃんへ」『シャアへの鎮魂歌 わが青春の赤い彗星』ワニブックス、2007年1月7日、ISBN 4-8470-1700-5、176・178-184頁。
  5. ^ 青春ラジメニア声優バケツリレー1990年10月13日放送より
  6. ^ ガンダムエース[いつ?]での古谷徹の追悼文より
  7. ^ 井上が死去する以前にインド旅行で降板した際にも代役を務めていた。
  8. ^ 一発貫太くん”. メディア芸術データベース. 2016年10月27日閲覧。
  9. ^ 機動戦士ガンダム”. メディア芸術データベース. 2016年8月14日閲覧。
  10. ^ 闘士ゴーディアン”. メディア芸術データベース. 2016年11月17日閲覧。
  11. ^ ゴールドライタン”. メディア芸術データベース. 2016年11月4日閲覧。
  12. ^ “おそ松くん”. ぴえろ公式サイト. http://pierrot.jp/archives/tv_list_1985/tv_017.html 2016年5月4日閲覧。 
  13. ^ “雲のように風のように”. ぴえろ公式サイト. http://pierrot.jp/archives/tv_list_1990/sp_003.html 2016年5月3日閲覧。 
  14. ^ 地球物語 テレパス2500”. メディア芸術データベース. 2016年8月18日閲覧。
  15. ^ “おそ松くん スイカの星からこんにちはザンス!”. ぴえろ公式サイト. http://pierrot.jp/archives/mov_list_20th/mov_006.html 2016年5月10日閲覧。 
  16. ^ 6作、7作目はライブラリ出演。