メインメニューを開く

井上 真偽(いのうえ まぎ[1])は、日本小説家推理作家。年齢不明、性別も不明。東京大学卒業[2]神奈川県出身[3]。『恋と禁忌の述語論理プレディケット』で第51回メフィスト賞を受賞する。

井上 真偽
(いのうえ まぎ)
誕生 日本の旗 神奈川県
職業 小説家
推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京大学卒業
活動期間 2015年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 メフィスト賞(2014年)
デビュー作恋と禁忌の述語論理』(2015年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

経歴・人物編集

2014年、『恋と禁忌の述語論理』で講談社が主催する第51回メフィスト賞を受賞する[4]2015年、同作が講談社ノベルスより刊行され、小説家デビューを果たす[5]。デビュー作は、数理論理学を主軸に置いた作品であるが、あくまでも小説としての面白さを追求した、と語っている[5]2016年、『その可能性はすでに考えた』が第16回本格ミステリ大賞の候補に選ばれる[6]2017年、『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』が第17回本格ミステリ大賞の候補に選ばれる[7]。同年、『言の葉の子ら』が第70回日本推理作家協会賞〈短編部門〉の候補作に選ばれる[8]

講談社ノベルスで好きな作品として、京極夏彦姑獲鳥の夏』、森博嗣すべてがFになる』、西尾維新クビキリサイクル』を挙げている[5]。剣道部に所属していた中学生のときに、「黒板に掌編小説を書く」という遊びで書いたのが、初めて書いた小説だという[5]。当初は、マイクル・ムアコック「エルリック・サーガ」、ピアズ・アンソニイ魔法の国ザンス』などのファンタジー作品を読んでおり、翻訳ものが多かったため、妙に硬い文章を書いていたが、『クビキリサイクル』を読んだことがきっかけで、「日本語はもっと自由なんだ」ということに気づいたという[5]ミステリに目覚めてからは、島田荘司斜め屋敷の犯罪』や綾辻行人十角館の殺人』に大きな衝撃と影響を受けたという[5]

ミステリ・ランキング編集

週刊文春ミステリーベスト10編集

  • 2015年 - 『その可能性はすでに考えた』15位
  • 2016年 - 『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』10位

本格ミステリ・ベスト10編集

  • 2016年 - 『その可能性はすでに考えた』5位
  • 2017年 - 『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』1位

このミステリーがすごい!編集

  • 2016年 - 『その可能性はすでに考えた』14位
  • 2017年 - 『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』11位

ミステリが読みたい!編集

  • 2016年 - 『その可能性はすでに考えた』5位
  • 2017年 - 『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』9位

黄金の本格ミステリー編集

  • 2016年 - 『その可能性はすでに考えた』選出
  • 2017年 - 『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』選出

作品リスト編集

〈その可能性はすでに考えた〉シリーズ編集

単発作品編集

アンソロジー編集

「」内が収録されている井上真偽の作品

  • ベスト本格ミステリ 2017(2017年6月 講談社ノベルス ISBN 978-4-06-299098-1)「言の葉の子ら」(初出:『小説すばる』2016年8月号)
  • 謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー(2017年10月 講談社タイガ ISBN 978-4-06-294094-8)「囚人館の惨劇」

単行本未収録作品編集

  • 存在しないゼロ(『小説すばる』2017年5月号)
  • もう一度君に (『小説すばる』2017年10月号)
  • 目に見えない愛情 (『小説すばる』2018年5月号)
  • 青い告白 (『小説推理』2019年2月号)

エッセイ編集

脚注編集