メインメニューを開く

井上 義夫(いのうえ よしお、1946年9月 - )は、日本の文芸評論家イギリス文学研究者、一橋大学名誉教授。和辻哲郎文化賞受賞。

人物編集

徳島県生まれ。徳島県立城南高等学校を経て、1969年一橋大学経済学部卒業、1974年一橋大学大学院社会学研究科博士課程中退。指導教官は増谷外世嗣[1]。同年相模女子大学短期大学部専任講師、1976年助教授、1980年一橋大学法学部助教授、1983-1985年ケンブリッジ大学客員研究員、1990年一橋大学教授、1998-1999年、2000-2002年評議員、2000年言語社会研究科長、2003-2004年にウィーン大学客員教授。2010年一橋大学名誉教授、一橋大学大学院言語社会研究科特任教授、テクスト研究学会会長。

大著『評伝D・H・ロレンス』3部作で、1995年に和辻哲郎文化賞受賞。2003年同書で一橋大学学術博士

著書編集

  • ロレンス 存在の闇 小沢書店 1983、新装版1994
  • 評伝 D.H.ロレンス 小沢書店 1992~1994
     第1部 薄明のロレンス、第2部 新しき天と地、第3部 地霊の旅 
  • 村上春樹と日本の「記憶」 新潮社 1999.7
  • ロレンス游歴 みすず書房 2013.1

翻訳編集

脚注編集