井上 麻生(いのうえ まお、1997年1月28日 - )は、日本プロレスラーリングネームMAO(まお)。DDTプロレスリング所属。宮城県大崎市出身。

MAO
MAOの画像
プロフィール
リングネーム MAO
本名 井上麻生
身長 177cm
体重 85kg
誕生日 (1997-01-28) 1997年1月28日(23歳)
出身地 宮城県大崎市
所属 DDTプロレスリング
スポーツ歴 柔道
デビュー 2015年8月23日
テンプレートを表示

経歴編集

中学1年の時に、深夜に放送されていたプロレスに出会い、Youtubeに「中学生プロレス技やってみた」という動画を配信し始める。この動画が後に高木三四郎の目にとまる。

2013年よりビアガーデンプロレスに手伝いとして参加。

2014年、入団に際しての面談にて、異例のプロテスト免除での入団。

2015年8月3日、DNAビアガーデンプロレスにてDDT両国国技館大会でのデビューが発表。

8月23日、DDT両国武道館大会「両国ピーターパン2015〜DDTより愛をこめて〜」にてデビュー。(ヤス・ウラノ&彰人&中津良太 vs 梅田公太&井上麻生&渡瀬瑞基

9月22日、DNA新宿FACE大会にて、先輩である勝俣瞬馬と対戦、デビュー2戦目にして勝利を挙げる。

11月28日、DDT大阪府立体育会館大会にて両側下顎骨骨折、全治3ヵ月と診断され欠場に入る。

2016年3月21日、DDT両国国技館大会「両国ピーターパン2016〜世界でいちばん熱い夏〜」にて復帰。

5月29日、大石真翔、勝俣瞬馬とともにアイドルユニット「NωA」を結成することを命ぜられる[1]

6月26日、リングネームをMAOに改名[2]

2017年、NωAが解散発表。翌年1月で正式に解散。以降はマイク・ベイリーとMoonlightExpressとして共闘。

2018年3月2日、「新木場、いきまーす!!」(新木場1stRING)でのエニウェアフォール5Wayマッチ~特別ルールにて、高木三四郎を試合中に社用車で撥ねる。(高木三四郎 vs 高尾蒼馬 vs MAO vs 阿部史典 vs 中邑珍輔)

7月2日、「DDT LIVE! マジ卍 #10」(新木場1stRING)での「夏のやばたにえんスペシャル!エニウェアフォール4WAYマッチ」にて、解説の高木三四郎を試合中に社用車で撥ねる。(竹下幸之介 vs 樋口和貞 vs MAO vs 竹田誠志

2019年9月、ZERO1「第16回天下一Jr.トーナメント」に出場。1回戦でヒデ久保田に勝利するも、インフルエンザ羅患に伴い2回戦は不戦敗となりトーナメント敗退。

10月23日から12月までイギリス遠征を行う。

2020年2月23日、DDT後楽園ホール大会において、KO-D無差別級王座に初挑戦。田中将斗に21分49秒、スライディングDからの片エビ固めで敗戦。

3月11日、「DDT LIVE!不要不急の路上電流爆破プロレス”in さいたまスーパーアリーナ」にて、高木三四郎を試合中に社用車で撥ねる。

6月20日、「DDT TV SHOW!#7」(新宿FACE)でのアイアンマンヘビーメタル級選手権時間差入場バトルロイヤルにて、左膝内側側副靱帯を損傷し欠場に入る[3]。 

得意技編集

キャノンボール450°
みちのくドライバーI
みちのくドライバーII
チリドライバー
コルバタから移行する変形ツームストン・パイルドライバー
ハリウッド・スター・プレス
払腰
その場式を用いることが多い。
サイドエフェクト
竜巻旋風脚
スクリューハイキック。
モモ☆ラッチ
抗争を繰り広げていた高木三四郎のシットダウンひまわりボム対策として使用。
ジャックナイフ式エビ固め
この技でHARASHIMAからシングルで初勝利を上げた。
ビヨーン
相手にロープに振られた反動を使ってのドロップキック。「残念でしたー!」と言いつつ放つ。
じゃんけん
ナックル(グー)が反則なのでフィストドロップ等のナックル技をチョキで行う。サミングと判定されるので結果反則である。

マイク・ベイリーとのタッグ(MoonlightExpress)での合体技編集

みちのくトルネード・ドライバー
相手の右側からベイリー、左側からMAOが相手の足を掴みつつ尻を肩に乗せた形で担ぎ、相手の首を捕らえながら前屈みの状態にし、シットダウンしつつ二人の間に相手を垂直気味にマットに叩きつける。
わるふざけ
コーナートップから場外に向けてベイリーと肩を組んで飛ぶケブラーダ。
スカイラブハリケーン
ロープに逆立ちで寄りかかったベイリーの足を踏み台にして放つミサイルキック。
まれにキャノンボール450°や原典通りのダイビングヘッドバットで行われることもある。

タイトル歴編集

DDTプロレスリング
KAIENTAI DOJO
レボリューション・プロレスリング
  • Southside tag championship(マイク・ベイリー)

入場曲編集

  • a pipe hope feat.CCO / HOTVOX
  • The Downfall of Us All / A Day To Remember
  • HOTVOX / HOTVOX (2020年〜)

出演編集

テレビ

  • B2takes!TV「チカメンですけど何か?」(TOKYOMX2) 2017年4月30日、5月7日
  • OH!バンデス バンデス記者「イケメンレスラーMAOの里帰りに密着」(宮城テレビ) 2018年11月7日
  • 二ノさん 二宮和也と10人の偏り人「プロレス大好き女子」 イチオシのイケメンプロレスラー (日本テレビ) 2020年1月12日

舞台

  • DDTドラマティックドリームシアターDNA組「櫻農カプリチオ~櫻ヶ丘農業高等学校狂想曲~」(2018年7月5日 ‐ 7日、東京・千本桜ホール)‐ 犬塚諒役

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “DDTプロレスから男性アイドルNωA誕生、楽曲はmichitomo制作”. 音楽ナタリー. (2016年5月31日). http://natalie.mu/music/news/189103 2016年5月31日閲覧。 
  2. ^ DDT公式Twitter
  3. ^ “MAO選手の欠場のお知らせ”. DDTプロレスリング. (2020年6月23日). https://www.ddtpro.com/news/14230 2020年7月13日閲覧。 

外部リンク編集