メインメニューを開く
本来の表記は「井伊直禔」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

井伊 直禔(いい なおよし)は、近江彦根藩の第10代藩主(11代藩主、9代当主という数え方もある→参照 彦根藩)。

 
井伊直禔
Ii Naoyoshi.jpg
時代 江戸時代中期
生誕 享保12年9月8日1727年10月22日
死没 宝暦4年8月29日1754年10月15日
改名 金之助(幼名)
戒名 見性院殿観刹了因大居士
墓所 東京都世田谷区豪徳寺
官位 掃部頭備中守
主君 徳川家重
近江彦根藩
氏族 井伊氏
父母 父:井伊直惟、母:内藤氏
養父:井伊直定
兄弟 直禔直幸
正室酒井忠恭の娘

第8代藩主・井伊直惟の次男。母は内藤氏。直幸の兄。正室は酒井忠恭の娘。

生涯編集

享保12年(1727年)9月8日、江戸藩邸にて生まれた。附役は青木平左衛門犬塚十左衛門が勤め、赤坂御門之内の彦根中屋敷に居住した。

叔父で先代藩主の井伊直定は病気療養のため隠居を希望していた。直定には実子・直賢がいたが幼少であったため、直禔が直定の養嗣子として迎えられた。宝暦4年(1754年)6月19日、直定の隠居により、家督を相続した。家中の混乱を憂慮して、当時としては異例ながら家臣の意見を丁寧に聞くことを重視し「法令を守り、倹約を旨として、武芸家芸に邁進すること」「皆の意見を聞くことを厭わないので、何かあれば余か側役に相談するように」「政が間違っていれば意見してほしい。そこから議論していきたい」などと家中に示した書面に残されている。

しかし、こうした矢先に急病に倒れて、直禔は養子として上野館林藩藩主で越智松平家3代目の松平武元を迎えたいと幕府に申し出たが、井伊家の血筋を重視した幕府に却下され、隠居した先代の直定が再勤するよう命じられた。同年8月29日、病気のために急逝した。享年28。

直定が再び藩主となったが、翌宝暦5年(1755年)、直禔の弟の直幸に家督を譲って隠居した。

経歴編集

※日付=旧暦

  • 1727年(享保12年)9月8日、生まれる。
  • 1754年(宝暦4年)
    • 6月19日、家督相続し、藩主となる。
    • 8月29日、卒去(享年28)。