井出 正信(いで まさのぶ)は、江戸時代前期の代官

 
井出正信
時代 江戸時代前期
生誕 永禄11年(1568年
死没 寛永12年6月30日1635年8月12日
改名 法号:日眞
別名 通称:甚之助、甚十郎、藤左衛門
墓所 北山本門寺
主君 徳川秀忠家光
氏族 井出氏
父母 父:井出正俊
内藤信成
井出正勝井出正員、養子:井出茂純
テンプレートを表示

生涯編集

寛政重修諸家譜』巻第千百一によると、伯父である井出正次に養育されたという。慶長14年(1609年)には死去した正次に引き継ぐ形で三島代官となっており、『台徳院殿御実紀』巻十一に「正信正重は廩米二百俵づつ」とあり任官時にこれを取得している。三島代官在官時の慶長19年(1614年)10月、大坂冬の陣の際に徳川方の伊達政宗に加担要求をした豊臣秀頼使者である和久是安[注釈 1]を三島にて預かりおくなどしている[2][3][4]

正信の政治的地位は高かったとされ、『大猷院殿御実紀』巻廿八に「伊豆代官井出藤左衛門正信が蒲原の宅にも立より給ふ」とあるように、徳川家光が蒲原(現在の静岡県清水区)にある正信の屋敷を訪れるなどしている[5]。しかしこの時正信は病に伏しており、代わりの者が謁見している。また内藤信成の娘を娶るなどしている。

寛永10年(1633年)には大宮代官に任ぜられ[6]、これは井出家による大宮代官世襲の礎となった。寛永12年(1635年)6月30日に死去。享年68。

脚注編集

注釈

  1. ^ 徳川実紀等には是成とある(是安の別名)[1]

出典

  1. ^ 『戦国人名辞典』「和久是安」の頁、新人物往来社
  2. ^ 台徳院殿御実紀巻廿九
  3. ^ 寛永諸家系図伝第七「伊達政宗」
  4. ^ 関根(1992) p.98
  5. ^ 関根(1992) p.98
  6. ^ 関根(1992) p.113

参考文献編集

  • 関根省治『近世初期幕領支配の研究』雄山閣出版、1992年。ISBN 4-639-01111-3