メインメニューを開く

井出 謙治(いで けんじ、1870年6月7日明治3年5月9日) - 1946年昭和21年)10月30日)は、日本の海軍軍人海兵16期次席[1]海軍大将

井出 謙治
Kenji Ide.jpg
生誕 1870年6月7日
死没 1946年10月30日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1891 - 1930
最終階級 OF-8 - Kaigun Taisho.gif 海軍大将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

幕臣・井出勝三の長男として生まれる。開成中学を経て、1885年海軍機関学校に入校。機関学校廃止にともない、全生徒とともに1887年(明治20年)に海軍兵学校16期)に編入し、同校を1890年(明治23年)に卒業(次席[1])、1891年(明治24年)に少尉任官。「吉野」回航、「吉野」分隊長、砲艦「大島」航海長、常備艦隊参謀軍令部第2局員を経て、1899年(明治32年)アメリカへ私費留学し潜水艇について興味を持つ。製造会社に日参するも購入が条件と見学を断られ続けるが、退役米海軍少佐と知り合い潜水艇の航海を体験する。海軍省の命で潜水艇の購入交渉を行うが、予算の手当てができず交渉中止となった。1902年(明治35年)に帰国し、潜水艇への理解を深めることに尽力。「朝日」分隊長、駆逐艦「」艦長を歴任し、海軍省副官兼海相秘書官となり山本権兵衛大臣に仕えた。

その後、第2潜水艇隊司令兼水雷母艦「豊橋」艦長、海軍省副官、造船造兵監督官(イギリス出張)、イギリス大使館付武官、「磐手」艦長などを経て、1913年(大正2年)に海軍少将・呉水雷隊司令官となり、呉鎮守府参謀長、第4戦隊司令官、軍務局長、海軍次官などを歴任。1924年(大正13年)に海軍大将軍事参議官1930年(昭和5年)に退役した。

人物編集

藤田尚徳(海兵29期、海軍大将)によると、海軍部内において、岡田啓介(海兵15期、海軍大将)と並び、抜群の記憶力で知られていた[2]

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 秦 2005, pp. 269-288, 第1部 主要陸海軍人の履歴-期別索引
  2. ^ 藤田 1987, pp. 20-29, 酒と侍従
  3. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考文献編集

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 半藤一利他『歴代海軍大将全覧』中央公論新社〈中公新書ラクレ〉、 2005年。
  • 藤田尚徳 『侍従長の回想』 中央公論社〈中公文庫〉、1987年。 
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。