メインメニューを開く

井原 今朝男(いはら けさお、1949年1月 - )は、日本の歴史学者国立歴史民俗博物館総合研究大学院大学名誉教授博士史学)(中央大学、1996年)。 専門は日本中世史、特に荘園制税制農村などの社会経済史

2009年に刊行した『中世の借金事情』について、名古屋大学准教授の大屋雄裕から「買ったり読んだりする価値のまったくない本」 と批判された[1]

略歴編集

著書編集

  • 『日本中世の国政と家政』校倉書房、1995年
  • 『中世のいくさ・祭り・外国との交わり-農村生活史の断面』校倉書房、1999年
  • 『中世寺院と民衆』臨川書店、2004年
  • 『中世の借金事情』吉川弘文館 歴史文化ライブラリー 2009
  • 『史実中世仏教 今にいたる寺院と葬送の実像 第1巻』興山舎 2011
  • 『日本中世債務史の研究』東京大学出版会 2011
  • 『中世の国家と天皇・儀礼』校倉書房 歴史科学叢書 2012
  • 『史実中世仏教 第2巻 葬送物忌と寺院金融・神仏抗争の実像』興山舎 2013
  • 『室町廷臣社会論』塙書房、2014年
  • 『中世日本の信用経済と徳政令』吉川弘文館、2015

共編編集

  • 『長野県の歴史』古川貞雄,福島正樹,青木歳幸,小平千文共著 山川出版社 県史 1997
  • 『展望日本歴史 8 荘園公領制』木村茂光共編 東京堂出版 2000
  • 『論集 東国信濃の古代中世史』牛山佳幸共編 岩田書院、2008年
  • 『環境の日本史 3 中世の環境と開発・生業』編 吉川弘文館 2013
  • 『生活と文化の歴史学 3 富裕と貧困』編 竹林舎 2013

脚注編集

  1. ^ おおやにき「現代と中世の借金」
  2. ^ 博士論文書誌データベース