メインメニューを開く

井原 元良(いはら もとよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将安芸毛利家の家臣。安芸国鍋谷城主。

 
井原元良
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 慶長7年10月11日[1]1602年11月24日
別名 通称:小六[1]、彦右衛門[1]
官位 弾正忠[1]
主君 毛利元就隆元輝元
長州藩
氏族 高氏庶流井原氏
父母 父:井原元造[2]
兄弟 元良渡辺元室、井上与左衛門
正室:口羽通良の娘[1]
継室:末兼隆忠の娘[1]
堅田元慶の娘
元尚[1]元以[1]元歳[1]桂元相[1]秋山元信[1]乃美元興[1]市川元直室(後市川景好国司元蔵室)

生涯編集

井原氏高氏の一族で、安芸高田郡井原村に住したことから在名にちなんで井原氏を称した[2]。祖父・井原常陸介元師の代に毛利弘元の娘を娶り関係を深め[1]、のちに毛利家に帰属する。父・井原元造毛利元就の外甥にあたる。

長子・元尚は毛利家の命で周防国三尾(三丘)に領知替えとなり、三尾氏を称する[1]。二男・元以(2102石)と三男・元歳(786石)は毛利輝元に仕え、新たにそれぞれ領知を貰い別家を建てる。この二家が萩藩寄組として藩の重臣となって続くこととなる。

慶長7年(1602年)壬寅10月11日、死去[1]

脚注編集

参考文献編集

  • 『近世防長諸家系図綜覧』防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998 国立国会図書館デジタルコレクション
  • 岡部忠夫萩藩諸家系譜』(マツノ書店1999年復刻)