メインメニューを開く

井口 保子(いぐち やすこ)は、東京都葛飾区出身の元ラジオ関東→ラジオ日本アナウンサー

いぐち やすこ
井口保子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都葛飾区
最終学歴 東京学芸大学社会科
職歴ラジオ関東→ラジオ日本
ジャンル 競馬中継
出演番組・活動
出演経歴 『日石ミュージック・ペトロルーム』
競馬実況中継
その他 JRA運営審議会委員(2007年9月~)
女性競馬ジャーナリストクラブ会長
備考
日本女性放送者懇談会賞(1978年)

東京学芸大学社会科在学中の3年生の時にラジオ関東のアナウンサーとして入社。スタート当初は東京西新橋の日本石油(現・JXTGエネルギー)ショールームから放送していた『日石ミュージック・ペトロルーム』など音楽番組を中心に出演していたが、競馬への造詣が昂じて1971年から『競馬実況中継』に日本人初の女性競馬中継アナウンサーとして1995年までの延べ四半世紀にわたって担当し、女性競馬ジャーナリストの草分け的存在となった。大橋照子がアナウンサーとして憧れていた存在だったということである[1]。『女の直感競馬』(1978年)、『井口保子の直感競馬』(1980年)などの著書がある。

1978年には女性として初めて競馬放送を務めた功績が評価され、日本女性放送者懇談会賞を受けている[2]

退社後もフリーアナウンサーとして地方競馬などの実況中継、またスポーツ新聞のコラム執筆など、競馬とのかかわりを一層深めている。現在「女性競馬ジャーナリストクラブ」会長で、2007年9月からJRA運営審議会委員に就任。

脚注編集

  1. ^ 別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(1987年刊)による
  2. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。

外部リンク編集