井口民樹

井口 民樹(いぐち たみき、1934年12月23日[1] - )は、日本の作家ノンフィクション作家

大分県生まれ。早稲田大学卒。産経新聞記者を経て小説、ノンフィクションを書く。丸山ワクチンの擁護者。[2]

著書編集

  • 『小説森進一』太陽・サン・ブックス 1974
  • 『感覚遊戯』スポーツニッポン新聞社出版局 1980
  • 『シークレット・クラブ』青樹社 1980
  • 『ガンが消えた 丸山ワクチン追跡レポート』桃園書房 1981
  • 『外科病棟の陰謀 ミステリー』青樹社 1981 のち双葉文庫、青樹社文庫
  • 『再考丸山ワクチン』連合出版 1982
  • 『東京大壊滅』スポニチ出版 1982
  • 『肉の森』スポニチ出版 1982
  • ゴーストバスターズ 映画小説』1984 講談社X文庫
  • 『さいはて特急おおぞら殺人事件 トラベルミステリー』青樹社 1986
  • 『三冠騎手吉永正人 いま明かすドン尻強襲の秘密』朝日出版社 1986
  • 『第三世代のガン新薬 ’86ガン最前線レポート』永田孝一共著 1986 ケイブンシャブックス
  • 『風牌は哭いたか 小説Aクラス麻雀入門』フタバノベルス、1987
  • 『大山・宍道湖殺人ライン トラベルミステリー』青樹社 1988
  • 『モザンビークからきた天使 医師をめざすアフリカの少女の日本留学記』瀬野丘太郎絵 1988 学研のノンフィクション
  • 『青函殺人海峡539 トラベルミステリー』青樹社 1989
  • 『闇の臨床試験 長編医学サスペンス』フタバノベルス、1989 のち文庫
  • 『東京ベイエリア殺人事件』青樹社 1990
  • 『闇の執刀 長編ミステリー』フタバノベルス 1990
  • 『あずさ9号殺人ダイヤ』立風ノベルス、1991
  • 『告白・渇いた蜜月』フタバノベルス 1992
  • 『美容外科医の陰謀』1992 双葉文庫
  • 『「北斗星」24時間の空白』青樹社 1992
  • 『愚徹のひと丸山千里 「丸山ワクチン」の苦難と栄光』文芸春秋 1994
  • 『わたしが誘拐された?』岩本真槻画 学習研究社 2002 ファンタジックミステリー館
  • 『瀬戸際の勝負師 騎手たちはそのときをどう生きたか』VIENT 2004
  • 『北海道おんな紀行 過ぎ去った昭和を見た』太陽・くま文庫 2009
  • 『七十路(なそじ)の閑中日記』太陽 2010 くま文庫
  • 『今こそ丸山ワクチンを! 30数年の時を経て再びがん治療の最前線へ』丸山茂雄共著 ベストセラーズ 2012

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『文藝年鑑』2012
  2. ^ 紀伊國屋書店ブックウェブ[1]