井本 英一(いもと えいいち、1930年7月20日 - 2014年1月26日[1])は、日本イラン学者、神話学歴史学者。

兵庫県神戸市生まれ。京都大学文学部言語学科卒業、テヘラン大学で学び、日本に帰国後、広島大学文学部助教授、大阪外国語大学助教授、1970年教授、1994年定年退官、名誉教授、桃山学院大学教授。2001年退任[2]。2008年にイラン政府からファーラービー国際賞授与。2010年春、瑞宝中綬章受勲。

著書編集

  • 『古代の日本とイラン』学生社 1980
  • 『死と再生 ユーラシアの信仰と習俗』人文書院 1982
  • 『飛鳥とペルシア 死と再生の構図にみる』小学館 1984
  • 『境界・祭祀空間』平河出版社 1985
  • 『輪廻の話 オリエント民俗誌』法政大学出版局 1989
  • 『王権の神話』法政大学出版局 1990
  • 『習俗の始原をたずねて』法政大学出版局 1992
  • 『夢の神話学』法政大学出版局 1997
  • 『十二支動物の話 子丑寅卯辰巳篇』法政大学出版局 1999
  • 『聖なる伝承をめぐって』法政大学出版局 1999
  • 『穢れと聖性』法政大学出版局 2002
  • 『神話と民俗のかたち』東洋書林 2007

共著・編著編集

翻訳編集

  • ラルフ・ウィトロック『収穫と感謝のお祭り』同朋舎出版 シリーズ世界のお祭り 1989
  • アラン・ブラックウッド『新年のお祭り』同朋舎出版 シリーズ世界のお祭り 1989
  • ジョン・スネリング『仏教のお祭り』同朋舎出版 シリーズ世界のお祭り 1989
  • ジョン・R.ヒネルズ『ペルシア神話』奥西峻介共訳 青土社 1993
  • 『イランのむかし話 マレク=モハンマドの冒険ほか』編訳 偕成社 大人と子どものための世界のむかし話 1990、オンデマンド版2005

論文編集

脚注編集

  1. ^ 井本氏が逝去
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年