メインメニューを開く

井田 磐楠(いだ いわくす、1881年2月24日 - 1964年3月29日)は、日本の陸軍軍人男爵貴族院議員、大政翼賛会常任総務。最終階級は陸軍少佐。戦後、A級戦犯として逮捕された。

井田 磐楠
Iwakusu Ida.jpg
生誕 1881年2月24日
オーストリア ウィーン
死没 (1964-03-29) 1964年3月29日(83歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1901 - 1919
最終階級 陸軍少佐
除隊後 貴族院議員
テンプレートを表示

経歴編集

本籍岐阜県井田譲陸軍少将の二男として、父の在勤地ウイーンで生れる。父の死去に伴い1890年1月18日、男爵を襲爵[1]慶應義塾慶應義塾幼稚舎)、学習院中等科を経て、1901年11月、陸軍士官学校(13期)を卒業、翌年6月、砲兵少尉に任官し野戦砲兵第16連隊付となる。1904年から始まる日露戦争では旅順奉天の戦いに従軍。陸士生徒隊付、野戦砲兵第16連隊付、同連隊中隊長、陸士教官などを歴任し、1919年4月、砲兵少佐に進級し野戦砲兵第13連隊付となり、翌月予備役に編入された。同年9月から1922年まで東京帝国大学文学部で聴講生として学ぶ。

1929年、貴族院議員に当選、在郷軍人の政治団体三六倶楽部に関わる。1935年美濃部達吉天皇機関説に対し、菊池武夫らと貴衆両院有志懇談会をつくり機関説排撃を決議し、岡田啓介内閣を批判。以後ファシズム運動に熱を入れ、大政翼賛会発足と同時に常任総務となる。

1945年12月、連合国より第三次戦犯指名され、A級戦犯として逮捕され収監。1947年9月、釈放。

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第1965号、明治23年1月20日。
  2. ^ 『官報』第4321号「叙任及辞令」1941年6月5日。

参考文献編集


日本の爵位
先代:
井田譲
男爵
井田(譲)家第2代
1890年 - 1947年
次代:
華族制度廃止