メインメニューを開く

井田 良いだ・まこと1956年2月9日- )は、日本の法学者慶應義塾大学名誉教授中央大学大学院法務研究科教授[1]ドイツ連邦共和国法学博士

いだ・まこと
井田 良
人物情報
生誕 (1956-02-09) 1956年2月9日(63歳)
日本の旗 日本 東京都調布市
出身校 慶應義塾大学大学院法学研究科
ケルン大学法学部
学問
研究分野 刑法学
研究機関 中央大学
博士課程
指導教員
中谷瑾子宮澤浩一
カール=ハインツ=ゲッセル
博士課程
指導学生
小池信太郎・小名木明宏 ほか多数
学位 ケルン大学法学博士(Dr.iur.)
称号 慶應義塾大学名誉教授
中央大学大学院法務研究科教授
主な業績 ドイツ連邦共和国功労勲章受章
ザールラント大学法学名誉博士(Dr.h.c.)
エアランゲン大学法学名誉博士(Dr.h.c.)
元・司法試験考査委員(刑事法)
学会 日本刑法学会
テンプレートを表示

人物編集

東京都調布市出身[2]。父は、映画監督の井田探[3]。1989年、ドイツケルン大学法学博士号を取得。2009年、ドイツ・ザールラント大学から名誉博士称号を授与される。

略歴編集

学外の役職
  • 司法修習委員会幹事(2003年 -)
  • 宗教法人審議会委員(2004年 - 2013年)・会長(2011年 - 2013年)
  • 旧司法試験考査委員(2004年まで)[2]
  • 新司法試験考査委員(2005年 - 2007年)
  • 日本刑法学会理事(2002年 -)・常務理事(2006年 -)
  • 日本学術会議会員(2005年 - 2014年)
  • 法制審議会刑事法部会委員
  • 法と教育学会理事(2013年 -)[2]
  • 第一東京弁護士会懲戒委員会委員(2013年 -)[2]
  • 国際刑法学会(AIDP)理事(2014年 -)[2]
  • フンボルト財団学術参与(2014年 -)[2]
  • 日本フンボルト協会常務理事(2014年 -)[2]
  • 大学基準協会大学評価委員会委員(2015年 - 2017年)[2]
  • 日本臓器移植ネットワーク理事(2015年 -)[2]

受賞歴編集

著書編集

  • 『外国刑事法文献集成3ドイツ全刑法学雑誌』(成文堂、1976年-1986年)(共編)
  • 『自衛権再考』(知識社、1987年)(共著)
  • 『犯罪論の現在と目的的行為論』(成文堂、1995年)
  • 『CDレッスン刑法入門』(慶應義塾大学出版会、1995年)
  • 『基礎から学ぶ刑事法』(有斐閣、1995年/第2版・2002年/第3版・2005年/第4版・2010年/第5版・2013年/第6版・2017年)
  • 『ケーススタディ刑法』(日本評論社、1997年/第2版・2004年/第3版・2011年/第4版・2015年)(共著)
  • 『理論刑法学の最前線』(岩波書店、2001年)(共著)
  • 『刑法各論』(弘文堂、2002年/第2版・2013年)
  • 『刑法総論の理論構造』(成文堂、2005年)
  • 『よくわかる刑法』(ミネルヴァ書房、2006年)(共著)
  • 『理論刑法学の最前線II』(岩波書店、2006年)(共著)
  • 『変革の時代における理論刑法学』(慶應義塾大学出版会、2007年)
  • 『講義刑法学・総論』(有斐閣、2008年/第2版・2018年)
  • 『刑法事例演習教材』(有斐閣、2009年/第2版・2014年)
  • 『刑法総論判例インデックス』(商事法務、2011年)(共編)
  • 『入門刑法学・各論』(有斐閣、2013年)
  • 『入門刑法学・総論』(有斐閣、2013年)
  • 『刑法各論判例インデックス』(商事法務、2016年)(共編)
  • 『講義刑法学・各論』(有斐閣、2016年)

門下生編集

  • 小池信太郎 慶應義塾大学教授
  • 亀井源太郎 慶應義塾大学教授
  • 佐藤拓磨 慶應義塾大学教授
  • 照沼亮介 上智大学教授
  • 内海朋子 横浜国立大学教授
  • 大山徹 香川大学准教授
  • 南由介 鹿児島大学准教授
  • 小名木明宏(ゼミ出身者)北海道大学教授
  • 野村和彦 日本大学准教授
  • 飯島暢 関西大学教授

脚注編集

  1. ^ “中央大学大学研究者データベース”. http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00015785.html 2016年9月11日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 井田良教授略歴及び主要業績」慶應法学(37)(井田良教授退職記念号)
  3. ^ “映画監督「青春を返せ」の井田探氏死去”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年9月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/09/22/kiji/K20120922004166020.html 2015年5月31日閲覧。 
  4. ^ なお、このときに卒業時表彰学生として称えられている。
  5. ^ CURRICULUM VITAE Makoto Ida (PDF) (2015年5月31日閲覧)
  6. ^ なお、このとき、大学から最優等(summa cum laude)の成績を成し遂げたとして称えられている。
  7. ^ 井田良教授最終講義| 慶応義塾大学 法学部
  8. ^ “井田良教授にドイツ連邦共和国功労勲章を授与”. http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/08-kultur-und-bildung/aktuelles/2015OrdensverleihungProfIda.html 2016年2月18日閲覧。