メインメニューを開く

井芹川(いせりがわ)は、熊本県熊本市を流れ坪井川に合流する。熊本市北区植木町から上流を鐙田川(あぶみだがわ)と言う。鐙田川以外の区間は熊本県が管理する二級河川である。

井芹川
水系 二級水系 坪井川
種別 二級河川
延長 14 km
水源 熊本市北区植木町辺田野
河口・合流先 坪井川
流域 熊本市
テンプレートを表示
坪井川との合流地点

地理編集

 
熊本市の住宅街を流れる

金峰山麓東側の平野を流れる河川である。熊本県熊本市北区植木町辺田野付近に鐙田川として源を発し南流。熊本市北区北部町から井芹川に名称が変わる。鹿児島本線熊本県道31号熊本田原坂線の近くを流れ、熊本市北区釜尾町付近から住宅地・市街地をかすめる。そして熊本市西区島崎と中央区島崎の境界を縫うように流れ、熊本市西区横手付近にて西に進路を変える。そして花岡山付近を通り、熊本市西区上高橋付近から坪井川に合流する。

河川改修
かつては、現在の熊本県道22号熊本停車場線春日橋付近で白川と一旦合流し、再び分流するルートを通っていた。また、坪井川は白川に合流していた。加藤清正が白川と坪井川の河道変更を行った際、まず坪井川は現在の熊本市中央区小沢町付近で井芹川と合流するように変更、次に白川との合流地点に石塘を築き分離した。
更に昭和初期の河道変更で、花岡山の西側を通る現流路に変更された。坪井川の河川改修白川の河川改修も参照のこと。

流域編集

流域の大部分が田園地帯であるが、熊本市北区釜尾町付近から西区谷尾崎町付近までは住宅地を通る。

流域自治体編集

熊本県
熊本市北区 - 西区 - 中央区 (右岸))

河川施設編集

編集

  • 舞踏堰

並行する交通編集

支流編集

周辺施設編集

近隣の主な河川編集

橋梁編集

関連項目編集

参考資料編集

  • 『熊本県大百科事典』熊本日日新聞 1982年4月
  • 『加藤清正の川づくり・まちづくり』加藤清正土木事業とりまとめ委員会(建設省熊本工事事務所)1995年11月
  • 『加藤清正 築城と治水』坂本喜杏(冨山房インターナショナル)2006年5月