井野俊郎

日本の政治家

井野 俊郎(いの としろう、1980年1月8日 - )は、日本政治家弁護士自由民主党所属の衆議院議員(3期)。元法務大臣政務官内閣府大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)、元伊勢崎市議会議員(1期)。

井野 俊郎
いの としろう
生年月日 (1980-01-08) 1980年1月8日(40歳)
出生地 日本の旗 群馬県伊勢崎市
出身校 明治大学法学部卒業
前職 弁護士
伊勢崎市議会議員
現職 予算委員会
法務委員会
所属政党 自由民主党竹下派
公式サイト 衆議院議員 井野としろう オフィシャルサイト

選挙区 群馬2区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職

当選回数 1回
在任期間 2010年 - 2012年
テンプレートを表示

経歴編集

群馬県伊勢崎市生まれ(現住所は伊勢崎市田中町[1])。伊勢崎市立宮郷小学校、伊勢崎市立宮郷中学校卒業、東京農業大学第二高等学校明治大学法学部卒業[2]

2004年(平成16年)、司法試験合格。2007年(平成19年)、弁護士登録[2]

2010年(平成22年)1月、伊勢崎市にて井野法律事務所を開設[2]。同年4月、伊勢崎市議会議員選挙初当選[2]

2012年(平成24年)11月、伊勢崎市議会議員辞職[3]。同年12月、第46回衆議院議員総選挙群馬2区から自由民主党公認で出馬し、日本維新の会石関貴史を破り初当選。

2014年(平成26年)12月、第47回衆議院議員総選挙で再選。 2016年(平成28年)8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、法務大臣政務官内閣府大臣政務官に就任[4]

2017年(平成29年)10月、第48回衆議院議員総選挙希望の党の石関貴史を破り3選[5]

2020年昨年7月に公開した2018年分の資産補充報告書の訂正を届け出た。土地の固定資産税課税標準額を報告なしから875万円に改めた[6]

政策・主張編集

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 自由民主党群馬県第二選挙区支部 政治資金収支報告書(平成30年分定期公表) (PDF)”. 群馬県選挙管理委員会 (2019年11月27日). 2019年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c d プロフィール
  3. ^ 【衆院選2012 群馬】井野氏が市議辞職 産経新聞 2012年11月20日
  4. ^ 副大臣 20人交代 閣議決定 毎日新聞 2016年8月5日
  5. ^ 群馬-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  6. ^ 京都新聞2020年4月23日朝刊p4
  7. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。

外部リンク編集

公職
先代:
田所嘉徳
  法務大臣政務官
2016年 - 2017年
次代:
山下貴司
先代:
牧島かれん
酒井庸行
高木宏壽
古賀篤
田所嘉徳
豊田真由子
星野剛士
津島淳
白石徹
藤丸敏
  内閣府大臣政務官
武村展英
豊田俊郎
務台俊介長坂康正
島田三郎
田野瀬太道
井原巧
根本幸典
井林辰憲
宮澤博行と共同

2017年 -2018年
次代:
舞立昇治
安藤裕
古賀友一郎
白須賀貴樹
石川昭政
菅家一郎
阿達雅志
山田宏と共同