井野 俊郎(いの としろう、1980年1月8日 - )は、日本政治家弁護士自由民主党所属の衆議院議員(4期)、自由民主党国会対策副委員長。

井野 俊郎
内閣広報室より公表された肖像
生年月日 (1980-01-08) 1980年1月8日(44歳)
出生地 日本の旗 日本 群馬県伊勢崎市
出身校 明治大学法学部卒業
前職 弁護士
所属政党 自由民主党茂木派
称号 法学士(明治大学)
配偶者 あり
子女 1男1女[1]
公式サイト 衆議院議員 井野 オフィシャルサイト

選挙区 群馬2区
当選回数 4回
在任期間 2012年12月16日 - 現職

当選回数 1回
在任期間 2010年 - 2012年
テンプレートを表示

防衛副大臣内閣府副大臣法務大臣政務官内閣府大臣政務官伊勢崎市議会議員(1期)を歴任。

来歴

編集

群馬県伊勢崎市生まれ(現住所は伊勢崎市田中町[2][3][4]。伊勢崎市立宮郷小学校、伊勢崎市立宮郷中学校卒業、東京農業大学第二高等学校明治大学法学部卒業[5]

2004年司法試験合格。2007年(平成19年)、弁護士登録[5]

2010年1月、伊勢崎市にて井野法律事務所を開設[5]。同年4月、伊勢崎市議会議員選挙初当選[5]

2011年1月17日、自民党群馬県連が公募している群馬2区支部長の選考に応募[6]。公募に応じた5名の中から井野が選出された[7][8]

同年12月22日、自民党本部は井野を同党群馬2区支部長にすることを正式に決定した[9][10]

2012年11月、伊勢崎市議会議員を辞職[11]。同年12月、第46回衆議院議員総選挙群馬2区から自由民主党公認で出馬し、日本維新の会石関貴史を破り初当選。

2014年12月、第47回衆議院議員総選挙で再選。

2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、法務大臣政務官内閣府大臣政務官に就任[12]

2017年10月、第48回衆議院議員総選挙希望の党の石関貴史を破り3選[13]

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で4選。

2022年8月12日、第2次岸田第1次改造内閣にて防衛副大臣内閣府副大臣に就任した[14][15]

2023年10月20日、第212回国会にて議事進行係(第95代)に就任した[16]

政策・主張

編集
  • 幼稚園保育所から大学までの教育無償化に賛成[17]
  • 「当面は財政再建のために歳出を抑えるのではなく、景気対策のために財政出動を行うべきだ」という意見にどちらかと言えば賛成(2017年)[17]
    • 賛成(2021年)[18]
  • 時限的または恒久的に消費税率を引き下げることにどちらかと言えば賛成[18]
  • 「国債は安定的に消化されており、財政赤字を心配する必要はない」という意見に賛成[18]
  • 選択的夫婦別姓制度導入についてはどちらとも言えない[17]
  • 外国人労働者の受け入れを進めることについてはどちらとも言えない(2017年)[17]
    • どちらかと言えば反対(2021年)[18]
  • 原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所の運転再開にどちらかと言えば賛成[17]
  • 北朝鮮に対して対話よりも圧力を優先することについて、どちらかと言えば賛成[18]
  • 「危機のときのアメリカによる協力を確実にするため、日米安保体制をもっと強化すべきだ」という意見にどちらかと言えば賛成[18]
  • 「日本にとって中国はパートナーである」という意見よりも「日本にとって中国は脅威である」という意見にどちらかと言えば賛成[18]
  • 非核三原則を堅持することに賛成[17]
  • 日本の防衛力を強化することに賛成[17]
  • 憲法改正に賛成。改正すべき項目として、戦争放棄と自衛隊緊急事態条項、憲法改正の手続きを挙げた[17]
  • 「消費税の軽減税率を0%として全品目に適用すること」を掲げた『「令和の恐慌」回避のための50兆円規模の補正予算編成に関する提言』に賛同している[19]

人物

編集

尊敬する人物は高橋是清元首相[20]座右の銘は経世済民[21][22]。父は元群馬県庁職員で、母は元小学校教員[23]。井野は世襲議員ではない[23]が、これは2023年現在、群馬県の小選挙区から選出された自民党衆議院議員の中では唯一である[注 1]

統一教会との関係

編集
  • 2014年3月、自身が所属する平成研究会の政治資金パーティーが行われた際、井野は、選挙区内の伊勢崎市にあるパソコン教室の運営会社の代表を窓口として、統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の関係者にパーティー券4枚、計8枚を買ってもらった[24][25][26]
  • 2014年6月、井野の事務所は、統一教会の関係者を、国会と首相官邸の見学に案内した[26]
  • 2014年7月、統一教会の関係者5人が自民党に入党。井野の事務所は党費を肩代わりした[26]
  • 2015年2月、統一教会の関係者は井野の後援会「俊世会」を設立。井野の下の名前と、教団の名前から一文字ずつ取られた[26][27][28]。就任時期は不明だが、2019年に群馬県議会議員に初当選した斉藤優が代表を務めた[29]
  • 2016年11月、井野の事務所は、統一教会の関係者で「俊世会」のメンバーを、法務省と法務政務官室に招待した[30][26]
  • 2022年7月から8月にかけて、共同通信社は、全国会議員712人を対象に、統一教会との関わりを尋ねるアンケートを実施。8月31日に各議員の回答の全文を公表した。岸田文雄首相は8月8日の自民党臨時役員会で、統一教会をめぐり「政治家の責任で関係をそれぞれ点検し、適正に見直してもらいたい」と述べ、党所属国会議員全員に通達するよう指示[31]しながらも、自身はアンケートに答えることを拒否した[注 2]。井野もアンケートに答えることを拒否した[36][37]

エピソード

編集

国会審議中の問題行動

編集

毎日新聞2020年5月13日の衆院内閣委員会で、自民党平井卓也が議事中に審議とは関係のないタブレット画面(巨大なワニの動画)を約5分間閲覧していたことを確認し[48]、自民党の大西宏幸が議事中に審議とは関係のない書籍『皇国の守護者1 反逆の戦場』(中公文庫)を約20分間閲覧していたことを確認した[49]

平井・大西両名の問題行為を受けて、毎日新聞は同年5月から6月にかけて各委員会や本会議を任意に選んで同様の行為がないか傍聴席から調査した[50]。調査の結果、井野が2020年6月18日の沖縄及び北方問題に関する特別委員会にて、審議とは関係のない書籍『女帝 小池百合子』(文藝春秋)を約2時間読み続けていたことが同紙の記者により確認された[50][51]。また、同調査では井野以外の7人(自民6人・立民1人[注 3])も審議とは関係のないスマホ画面や書籍を閲覧していたことが記者により確認された[50][52]

参院事務局職員の武蔵勝宏・同志社大教授(政治学)は上記のような問題行為が頻発する構造的問題として、与党のほうが人数が多いのに野党に見せ場を用意するために質問時間は野党側に多く割り振られることがあり、与党議員は質問の機会もないまま定足数要員として席に座らされているだけであることを指摘[50]。自民党議員の質問機会を増やすことや定足数を減らして委員会の出席議員を厳選することなどの国会改革が必要であるとの認識を示した[50]

所属団体・議員連盟

編集

選挙歴

編集
当落 選挙 執行日 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
伊勢崎市議会議員選挙 2010年(平成21年)4月25日 ―― 無所属 3413票 32 2/41 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 群馬2区 自民党 8万7309票 49.58% 1 1/4 /
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 群馬2区 自民党 8万4530票 53.62% 1 1/3 /
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 群馬2区 自民党 8万9219票 55.88% 1 1/3 /
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 群馬2区 自民党 8万8799票 54.03% 1 1/3 /

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 群馬県第1区中曽根康隆(父・中曽根弘文参議院群馬県選挙区〉、祖父・中曽根康弘旧群馬3区比例北関東ブロック単独〉)、群馬県第3区笹川博義(父・笹川堯群馬2区〉、祖父・笹川良一戦前の旧大阪5区〉)、群馬県第4区福田達夫(父・福田康夫〈群馬4区〉、祖父・福田赳夫〈旧群馬3区〉)、群馬県第5区小渕優子(父・小渕恵三〈群馬5区〉、祖父・小渕光平〈旧群馬3区〉)は全員、父と祖父が国会議員経験者である。
  2. ^ 2019年10月4日、自民党政調会長を務めていた岸田文雄安倍晋三首相の依頼により、来日中の元米国下院議長のニュート・ギングリッチと党本部で30分以上にわたり会談した。会談には米国の統一教会元会長でUPFインターナショナル会長のマイケル・ジェンキンスと国際勝共連合会長兼UPFジャパン会長の梶栗正義が同席し、それぞれ岸田と会話も交わし、名刺交換も行った[32][33][34][35]。このことは長く伏せられていたが、2023年12月4日に朝日新聞がスクープし明らかとなった[32]
  3. ^ 自民党の6人は、義家弘介今村雅弘野田聖子福山守吉川赳岡田広[50]。立憲民主党の1人は山崎誠[50]

出典

編集
  1. ^ 小選挙区 候補者の横顔(2区):群馬(衆院選2017)”. 東京新聞 TOKYO Web. 中日新聞東京本社 (2017年10月13日). 2021年8月2日閲覧。
  2. ^ 政治資金収支報告書 自由民主党群馬県支部連合会(令和4年分定期公表)”. 群馬県選挙管理委員会 (2023年11月29日). 2023年12月19日閲覧。
  3. ^ 井野俊郎君”. www.shugiin.go.jp. 衆議院. 2024年1月12日閲覧。
  4. ^ 国会議員名鑑:井野 俊郎(いの としろう)”. 産経ニュース. 産経デジタル. 2024年1月12日閲覧。
  5. ^ a b c d プロフィール|衆議院議員 井野としろう オフィシャルサイト
  6. ^ 「選挙 衆院選 自民2区支部長、伊勢崎市議が県連に公募申請」『毎日新聞朝刊』毎日新聞社、2011年1月19日、23頁 地方版(群馬)。
  7. ^ 「選挙 衆院選 3区候補、太田市長を内定 公募で自民県連」『毎日新聞朝刊』毎日新聞社、2011年2月9日、21頁 地方版(群馬)。
  8. ^ 「選挙 衆院選・群馬2区 自民・井野氏の公認内定」『毎日新聞朝刊』毎日新聞社、2011年3月11日、25頁 地方版(群馬)。
  9. ^ 「2区支部長に井野氏を決定 自民県連」『朝日新聞朝刊』朝日新聞社、2011年12月23日、31頁 地方版(群馬)。
  10. ^ 「自民党本部 2区支部長に井野氏 3区支部長清水氏の扱い、先送り」『読売新聞朝刊』読売新聞社、2011年12月23日、33頁 地方版(群馬)。
  11. ^ “【衆院選2012 群馬】井野氏が市議辞職”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2012年11月20日). オリジナルの2013年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20130427082248/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121120/elc12112002220021-n1.htm 
  12. ^ 複数の出典:
  13. ^ 群馬-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  14. ^ 副大臣の略歴 第2次岸田改造内閣”. 日本経済新聞電子版. 日本経済新聞社 (2022年8月12日). 2022年8月12日閲覧。
  15. ^ 第2次岸田改造内閣 副大臣名簿 | 首相官邸ホームページ”. www.kantei.go.jp. 首相官邸 (2022年8月12日). 2022年8月12日閲覧。
  16. ^ 伏木充「井野氏が「ギチョー」議事進行係デビュー 臨時国会開会 衆院本会議」『上毛新聞』、2023年10月20日、1面。
  17. ^ a b c d e f g h 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査) 井野俊郎”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年6月11日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g 井野 俊郎(自由民主党) | 朝日・東大調査 - 2021衆議院選挙(衆院選)”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年10月23日閲覧。
  19. ^ 賛同者一覧 ~「令和の恐慌」回避のための50兆円規模の補正予算編成に関する提言~”. 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月22日閲覧。
  20. ^ 「2021年衆院選 候補者の横顔 2区/3区」『毎日新聞朝刊』、2021年10月23日、23頁 地方版・群馬。
  21. ^ 「衆院選候補者の横顔 1区・2区」『朝日新聞朝刊』朝日新聞社、2014年12月4日、24頁 地方版(群馬)。
  22. ^ 「衆院2区 立候補者の横顔」『読売新聞朝刊』、2021年10月22日、28頁 地方版・群馬。
  23. ^ a b 「衆院選 候補者の横顔 2区・3区」『朝日新聞朝刊』朝日新聞社、2012年12月7日、30頁 地方版(群馬)。
  24. ^ パーティー券購入の人物「教団関係者なんだろう」 井野・防衛副大臣”. 朝日新聞 (2022年11月1日). 2022年11月1日閲覧。
  25. ^ 旧統一教会側が派閥パーティー券購入か 自民・井野俊郎防衛副大臣の事務所から”. 日刊スポーツ (2022年10月20日). 2022年11月1日閲覧。
  26. ^ a b c d e 『しんぶん赤旗』2022年10月30日。
  27. ^ 統一協会 接点「数年前から認識」 参院委 井野副大臣、辞任は拒否 山添氏に認める”. しんぶん赤旗 (2022年11月2日). 2022年11月2日閲覧。
  28. ^ 井野俊郎防衛副大臣 旧統一教会との関係巡り後援会に解散指示”. テレビ朝日 (2022年11月1日). 2022年11月1日閲覧。
  29. ^ 旧統一教会問題 井野氏後援会の代表、斉藤氏辞任 /群馬”. 毎日新聞 (2022年11月1日). 2022年11月1日閲覧。
  30. ^ 旧統一教会関係者、法務省内見学か 井野副防衛相後援会メンバー”. 毎日新聞 (2022-10-). 2022年11月1日閲覧。
  31. ^ 旧統一教会との関係点検指示 首相、自民の全国会議員に通達へ”. 共同通信 (2022年8月8日). 2022年8月10日閲覧。
  32. ^ a b 沢伸也、高島曜介 (2023年12月4日). “「首相、旧統一教会系トップと面会」 19年に党本部で 関係者証言”. 朝日新聞. 2023年12月4日閲覧。
  33. ^ 首相とギングリッチ氏面会「安倍氏が要請」 教団関係者同席問題”. 朝日新聞 (2023年12月4日). 2023年12月4日閲覧。
  34. ^ 沢伸也、高島曜介 (2023年12月5日). “米国の旧統一教会元会長も同席か 岸田氏面会時とみられる写真も”. 朝日新聞. 2023年12月5日閲覧。
  35. ^ 沢伸也、高島曜介 (2023年12月7日). “岸田氏との面談は教団友好団体が「手配」 元米議長が認め、写真提供”. 朝日新聞. 2023年12月7日閲覧。
  36. ^ 旧統一教会との接点、全国会議員712人に聞いてみた【全回答の一覧付き】FAXで回答”. 共同通信 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  37. ^ 全国会議員712人アンケート 旧統一教会と政治の関係”. 共同通信 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  38. ^ “衆院選 候補者の横顔(1)”. 上毛新聞 (上毛新聞社): p. 2. (2014年12月4日) 
  39. ^ “衆院選 候補者の主張と横顔”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 36 地方版(群馬). (2014年12月7日) 
  40. ^ 奥山はるな (2012年8月24日). “自民県連 群馬2区、候補差し替え視野に 山本氏の名前挙がる”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 23 地方版(群馬) 
  41. ^ “山本氏に2区出馬要請 自民県連 石関氏 維新合流論で 次期衆院選”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 27 地方版(群馬). (2012年8月23日) 
  42. ^ “自民、井野氏支援を確認 差し替え論決着 衆院2区”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 29 地方版(群馬). (2012年9月8日) 
  43. ^ “衆院2区 自民は井野氏 県連「中曽根会長中心に戦う」”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 29 地方版(群馬). (2012年9月8日) 
  44. ^ 吉原実 (2017年10月25日). “NHK速報「当確一番乗り」井野俊郎氏って? 2世、3世の名家ぞろいの群馬でたたき上げの流儀(全3ページ)”. 産経ニュース. 産経デジタル. 2021年6月20日閲覧。
  45. ^ 京都新聞2020年4月23日朝刊p4
  46. ^ a b “2021国政展望 本県関係議員に聞く1 衆院2区・自民党 井野 俊郎氏 病院、企業 迅速に支援”. 上毛新聞 (上毛新聞社): p. 2 国内政治面. (2021年1月19日) 
  47. ^ a b まとめ 西山健太郎 (2021年4月22日). “2021衆院選 ポスターは誰と? 自民・首相なし地元議員と 野党・公認未定で対応苦心も”. 上毛新聞 (群馬県: 上毛新聞社). オリジナルの2021年6月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210603060734/https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/289494 2021年5月25日閲覧。 
  48. ^ 大場弘行「平井・前科学技術担当相 質疑中にワニ動画 自民・平井議員「偶然出た」」『毎日新聞東京朝刊』毎日新聞社、2020年5月14日、23頁 社会面。
  49. ^ 大場弘行「検察庁改正案 審議中、じっくり読書 自民・大西議員 与党議員・不謹慎行為相次ぐ」『毎日新聞東京朝刊』毎日新聞社、2020年5月16日、25頁 社会面。
  50. ^ a b c d e f g 大場弘行 松本惇 (2020年7月24日). “国会のモラル崩壊 「女帝」熟読、ワニ動画閲覧… 審議と無関係な行為横行”. 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社. 2020年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月9日閲覧。
  51. ^ 与党も野党も元大臣も…国会のモラル崩壊 「女帝」熟読、ワニ動画閲覧、モニター応募 審議と無関係な行為横行 [写真特集5/16]”. 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社 (2020年7月25日). 2024年1月10日閲覧。
  52. ^ 与党も野党も元大臣も…国会のモラル崩壊 「女帝」熟読、ワニ動画閲覧、モニター応募 審議と無関係な行為横行 [写真特集1/16]”. 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社 (2020年7月25日). 2024年1月10日閲覧。
  53. ^ “2021年7月号_6面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2021年6月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2021/07/2021%E5%B9%B47%E6%9C%88%E5%8F%B7_6%E9%9D%A2.pdf 2021年7月11日閲覧。 
  54. ^ 会員一覧”. 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月22日閲覧。
  55. ^ 会員一覧”. 責任ある積極財政を推進する【議員連盟】. 2022年8月20日閲覧。
  56. ^ 青年局メンバー”. youth.jimin.jp. 自由民主党本部. 2021年5月25日閲覧。

外部リンク

編集
公職
先代
鬼木誠
  防衛副大臣
2022年 - 2023年
次代
宮澤博行
先代
小林史明
大野敬太郎
黄川田仁志
赤池誠章
池田佳隆
山本博司
細田健一
石井正弘
渡辺猛之
務台俊介
鬼木誠
  内閣府副大臣
大串正樹
藤丸敏
星野剛士
和田義明
伊佐進一
中谷真一
太田房江
石井浩郎
小林茂樹と共同

2022年 - 2023年
次代
石川昭政
井林辰憲
工藤彰三
堀井学
岩田和親
酒井庸行
堂故茂
滝沢求
宮澤博行
先代
田所嘉徳
  法務大臣政務官
2016年 - 2017年
次代
山下貴司
先代
牧島かれん
酒井庸行
高木宏壽
古賀篤
田所嘉徳
豊田真由子
星野剛士
津島淳
白石徹
藤丸敏
  内閣府大臣政務官
武村展英
豊田俊郎
務台俊介長坂康正
島田三郎
田野瀬太道
井原巧
根本幸典
井林辰憲
宮澤博行と共同

2016年 -2017年
次代
舞立昇治
安藤裕
古賀友一郎
白須賀貴樹
石川昭政
菅家一郎
阿達雅志
山田宏と共同