メインメニューを開く

亘理 格(わたり ただす、1953年4月7日[1] - )は、日本法学者。専門は行政法中央大学教授宮城県白石市出身。

目次

経歴編集

略歴は以下のとおり[2][3][4]

学歴編集

職歴編集

  • 1979年04月 - 東北大学法学部助手
  • 1984年04月 - 立命館大学法学部助教授
  • 1991年04月 - 立命館大学法学部教授
  • 1992年04月 - 金沢大学法学部教授
  • 1998年04月 - 北海道大学法学部教授
  • 2000年04月 - 北海道大学大学院法学研究科教授(大学院重点化による改組)
  • 2007年04月 - 北海道大学大学院公共政策学連携研究部教授
  • 2010年04月 - 北海道大学大学院法学研究科教授
  • 2012年12月 - 北海道大学大学院法学研究科長・法学部長(2014年12月まで)
  • 2015年04月 - 中央大学法学部教授 北海道大学名誉教授

著作編集

単著編集

  • 『公益と行政裁量―行政訴訟の日仏比較』(弘文堂、2002年)

共著編集

共編編集

脚注編集

  1. ^ 人事 新任部局長等紹介 北大時報706号
  2. ^ 亘理格 北海道大学|教員詳細
  3. ^ 亘理格 ReaD&Researchmap
  4. ^ 公益と行政裁量 オンライン書店e-hon