メインメニューを開く

言語学における交替(こうたい、: alternation)とは、

  1. 一つの音素が環境に応じて異なる音で現れること。異音同士の関係。
  2. 一つの形態素が環境に応じて異なる形態で現れること。異形態同士の関係。
  3. 分節音の付加を伴わない形態論的プロセスによる語基語幹)の形態の変容。語基変化。
  4. 屈折派生に際し、接辞化複合重複から生じた新たな環境や、上記の語基の交替によって、語基(語幹)や接辞の形態の一部が変容し、異なる音が現れること。音韻交替。
  5. 一つの動詞が異なる項構造に現れること。項構造交替。

目次

異音編集

たとえば、日本語音素 /s/ は、「貸せ」[kase] と「貸し」[kaɕi] から分かるように、[s][ɕ]異音として持つ。この時、[s][ɕ] は交替の関係にある、と言い、[s~ɕ] と表す。

異形態編集

たとえば、日本語過去完了接辞助動詞)「た」は、「書い」と「漕い」に見られるように、 /ta//da/ の二つを異形態とする。この時、/ta//da/ は交替の関係にあり、この形態素は交替を示す、と言う。異音の場合と同様に、「~」を用いて /ta~da/ と表す。

語基変化編集

屈折派生の主な方法は、語基接辞を付加する接辞化や語基と語基の複合など、複数の形態素を組み合わせる連結的な形態論的プロセスであるが、語基に新たな形態素を付加せずに、語基自体の母音や子音、強勢や声調を変化させる方法もある。これを語基変化と言い、語基変化による母音や子音などの変化を、交替と言う。

  • 母音交替英語singsang は、時制によって母音が交替する。これはインド・ヨーロッパ語族に見られるアプラウトの一種である。また、footfeetによって母音が交替する。これはウムラウトの一種である。
  • 子音交替:英語の lendlent は時制によって語末の子音が交替する。また、スコットランド・ゲール語では、語頭の子音が交替することで不定複数属格を表す。たとえば bard [b…]「吟遊詩人」の不定複数属格形は bhàrd [v…] となる。
  • 音の長さの交替:フィンランド語子音階程交替では、lippu 「旗」の単数属格形は lipun となり、子音の長さが短くなっている(二重子音が単子音になっている)。また、印欧語族の延長階程では、ラテン語tegō「私は覆う」と tēgula「瓦」に見られるように、母音の長さが交替する。
  • 強勢の交替:英語では、名詞の場合は強勢が第一音節に、動詞の場合は後ろの音節に置かれるペアが多く見られる。たとえば récord「記録」と recórd「記録する」など。
  • 声調の交替:中国語では、声調の違いによって品詞が異なる場合がある。たとえば、「」は、hǎo(第三声)だと「良い」、hào(第四声)だと「好む」になる。また、「」は、jiāo(第一声)だと「教える」、jiào(第四声)だと「教え」になる。

音韻交替編集

項構造交替編集

関連項目編集