メインメニューを開く

交通システム電機

交通システム電機株式会社(こうつうシステムでんき)は日本の製造業者である。主に信号機を扱っており、音響装置付の視覚障害者用付加装置の信号機を生産する。

交通システム電機株式会社
Transportation Systems & Electric Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 TSEC
本社所在地 日本の旗 日本
169-0075
東京都新宿区高田馬場3丁目13番地2
設立 1932年6月
業種 製造業
法人番号 3011101026129
事業内容 道路交通信号システムの設計・開発・製造など
代表者 代表取締役社長 和田良夫
資本金 9,000万円
外部リンク http://www.tsec.co.jp/
テンプレートを表示

その他、鉄道保安機器やパーキングチケット・メーターなどの公共性の強い製品も多く扱っている。一般機器としては降雪検知器があり、北海道や新潟などの降雪量の多い地方で、間近に目にすることが出来る。また、防犯カメラシステムを駐車場等の公共施設を中心に多数設置している。

特筆すべき点としては、2005年10月に大阪心斎橋に設置された、日本初のアイドリングストップ表示機は、同社が開発したものである。これは、2004年のITS世界会議(愛知・名古屋)にも展示されたものを、日本語表示にしたものである。

沿革編集

外部リンク編集