メインメニューを開く

交響曲第25番 ト短調 K. 183 (173dB) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲

音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Mozart: Sinfonie g-Moll KV 183 - フランソワ・ルルー指揮hr交響楽団による演奏。楽団公式YouTube。
Mozart: Symphony No. 25 in G minor - ガボール・タカーチ=ナジ英語版指揮Weinberger Chamber Orchestraによる演奏。楽団公式YouTube。

目次

概要編集

1773年10月5日ザルツブルクで完成されたこの曲は、同じくト短調で作曲された第40番ト短調 K. 550に対して、小ト短調ともよばれる(なお、モーツァルトの交響曲のうち、短調で書かれているのはこの曲と第40番のみである[1])。

調性、曲調、楽器法などからフランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲第39番 ト短調 Hob. I:39からの影響が指摘されている。

楽器編成編集

特筆すべき点として、この時代にしては珍しくホルンを4本用いている(ハイドンの39番も同様である)。これはホルンの本数を増やして響きを豊かにするだけでなく、当時は自然管の楽器しかなかったため、また特に短調の場合は自然管で出せる音が限られてしまうため、G管とB♭管(アルト)の両方を使うことでそれを補おうとしたものである。これによって第1、3、4楽章では不完全ながらもホルンが主題を奏でることが出来るようになっている。

ちなみに第40番では第1、4楽章でG管とB♭管(アルト)のホルンが1本ずつ用いられている(第2楽章ではE♭が2、第3楽章ではGが2)。

曲の構成編集

第1楽章編集

アレグロ・コン・ブリオ

 

第2楽章編集

アンダンテ

 

第3楽章編集

メヌエット

 

トリオ

 

第4楽章編集

  • ト短調、4分の4拍子、ソナタ形式。

アレグロ

 

演奏例編集

使用例編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 他に1765年の作とされ、1983年デンマークオーデンセで再発見された交響曲 イ短調 K. Anh. 220 (16a)『オーデンセ』があるが、こちらは偽作説が有力となっている。また、モーツァルトは宗教劇『救われたベトゥーリア』の序曲を交響曲に編曲しているが、こちらはニ短調である。

外部リンク編集