メインメニューを開く

交響曲第38番 (モーツァルト)

モーツァルト作曲の交響曲

交響曲第38番 ニ長調 K. 504 は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲。『プラハ[1]というニックネームを持つ。1787年1月19日プラハにて初演された。

  • 基本資料の所在:ヤゲウォ大学図書館(自筆総譜)
  • 出版:〔初版〕ロンドン、チャンケッティーニ&スペラーティ社、1800年頃(総譜)。〔全集〕新モーツァルト全集第4篇、第11作品群、第8巻。
音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Mozart: Sinfonía nº 38, «Praga» - Dima Slobodeniouk - Sinfónica de Galicia - ディーマ・スロボデニューク指揮ガリシア交響楽団による演奏。ガリシア交響楽団公式YouTube。
交響曲第38番 ニ長調 K. 504「プラハ」


井上京(指揮)、管弦楽団紬による演奏(2011年)

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

作曲の経緯編集

1786年12月、プラハでの歌劇フィガロの結婚』K. 492の上演が大成功を収めたことにより、モーツァルトはプラハから招待を受けた。1787年1月22日、モーツァルトはプラハで自ら『フィガロの結婚』を指揮したが、この交響曲はそれに先立って初演されたものである。

モーツァルト自身の作品目録によれば、この交響曲の完成は1786年12月6日で、プラハ旅行の少し前である。このため、作曲の目的はプラハでの演奏ではなく、1786年から1787年の冬のウィーンでの演奏会のためではないかと見られている。ただし、ウィーンでの演奏の記録は残されていない。

この交響曲は3楽章からなり、メヌエット楽章を欠いているが、その理由は不明である。アラン・タイソンによる自筆譜の研究では、第3楽章の執筆時期は1786年のはじめとされる。タイソンは、同じニ長調で3楽章構成の第31番ニ長調 K. 297(300a)「パリ」のフィナーレを差し替えるために第3楽章を作曲し、のちに第1、2楽章も新たに書いたのではないかと推測している。

楽器編成編集

曲の構成編集

  • 第1楽章 アダージョ - アレグロ
    ニ長調、4分の4拍子、序奏つきソナタ形式
     
    アダージョによる導入部から始まる。D音シンコペーションがやがて8分音符の快活な連打となり、そこから第1主題が流れ出る様は非常に印象的である。またこの第1主題の対旋律は、歌劇『フィガロの結婚』の有名なアリア「もう飛ぶまいぞこの蝶々」からとられている。また、第2主題が短調を経た後に同じく『フィガロの結婚』より、スザンナのアリア「膝をついて」が現れる。再現部は展開部の流れを受けて、第1主題が提示部における発展順序と一部入れ替わっているため、再現部と展開部とが相互浸透的になっている。
  • 第3楽章 フィナーレ:プレスト
    ニ長調、4分の2拍子、ロンドソナタ形式
    第1主題の旋律は『フィガロの結婚』第2幕のスザンナとケルビーノの二重唱「早く開けて」に似る。

参考文献編集

  • 海老澤敏ほか『モーツァルト事典』東京書籍、1991年
  • 『作曲家別名曲解説ライブラリー14 モーツァルトI』音楽の友社、1993年

脚注編集

  1. ^ 古くは英語読みをした『プラーグ』と呼ばれることもあり、現在でも全音ポケットスコアの楽譜ではこの表記になっている[1]

外部リンク編集