メインメニューを開く

亥鼻城(いのはなじょう)は、平安時代千葉氏の初代当主である千葉常重千葉県千葉市中央区亥鼻町(旧:下総国)に居館を構えた日本の城平山城)である。通称千葉城

logo
亥鼻城
千葉県
Inohana4.jpg
現存する2郭・3郭間の土塁(亥鼻公園内)
別名 千葉城、猪鼻城
城郭構造 平山城
天守構造 居館(物見台跡有)
築城主 千葉常重
築城年 1126年(大治元)
主な城主 千葉氏歴代
廃城年 1516年
遺構 土塁、堀切
指定文化財 市指定史跡(猪鼻城跡、七天王塚)
再建造物 郷土資料館・亥鼻公園
位置
地図
亥鼻城の位置(千葉県内)
亥鼻城
亥鼻城

土塁堀切などが現存し、周辺は亥鼻公園歴史公園)として整備され、城跡は市指定文化財[1]に指定されている。江戸時代幕末)には千葉八景「猪鼻山の望月」[2]に選定されており、古くから名所旧跡として親しまれている。房総の魅力500選にも選定されている[3]

目次

概要編集

 
千葉市立郷土博物館

鎌倉幕府を開いた源頼朝の挙兵に際し、いち早く参陣して東国武士団の動向に大きな影響を与えた重鎮千葉常胤の父である千葉常重平安時代1126年大治元年)、上総国大椎城(現:千葉市緑区大椎町)から拠点を移し、下総国(現:千葉市中央区亥鼻町)に居館を構えた日本の城。拠点を移して以来、1455年(康正元年)、千葉胤直下総原氏原胤房に追われるまで、千葉氏13代(約330年)に渡り両総に覇を唱えた千葉氏の拠点である[4]市指定文化財史跡)に指定されている。

千葉氏の居城があった猪鼻山は、北は都川、西は断崖に面した天険の要害の地に築かれた平山城である。

千葉氏最盛期の城主であったが1516年(永正13年)に落城。その後、1861年(文久元年)の千葉八景に「猪鼻山の望月」が選ばれるなど、古くから名所旧跡として親しまれていた。城跡は1909年明治42年)以降公園として開放され、1959年昭和34年)に歴史公園亥鼻公園」(面積10,293平方メートル)として整備され[5]、亥鼻山の中腹には、1967年(昭和42年)に千葉市立郷土博物館(模擬天守[注 1][6]、いのはな亭(茶室及び庭園)が建造された。

城域は亥鼻公園(主郭)から千葉大学亥鼻キャンパス(外郭)を含む広大な領域が城跡であり、地名をとって「亥鼻城跡」と呼ばれている。土塁や空堀が遺構として残されており、その特徴から戦国時代の城跡と推測されている[7]。また主郭部の突端にかつての物見台跡の神明社がある。二の郭跡に郷土博物館と千葉常胤像が建つ。

公園にはソメイヨシノが約100本あり、毎春「千葉城さくら祭り」が開催され、期間中は夜桜や郷土博物館のライトアップ、多くの出店を楽しめるなど桜の名所としても親しまれている。

歴史編集

中世の千葉城が登場する資料『相馬文書』には、1335年(建武2年)の一族の内紛の際に、千葉胤貞方が「千葉城」「千葉楯」を攻撃したことが記されている。しかし、亥鼻城のような台地上の城郭が築かれるようになるのは15世紀以降のことであり、「千葉楯」ともあることから、これは低地上の館を楯などで戦闘時に城郭化したものと考えられる。

千葉妙見宮(現在の千葉神社)及び同寺を崇敬する千葉氏及びその妙見信仰について書かれた『千学集抄』においては、千葉氏の館の場所を「堀内」と記しており、近年は千葉市街の低地に千葉館があった説が有力視されている。亥鼻城跡からは、鎌倉時代の蔵骨器が発掘されている一方、生活感のある出土物が少ないため、亥鼻には千葉氏(宗家)の時代に墓地があり、これが後に城郭化されたとする説がある。

亥鼻の古城が千葉氏の城だという記述が出てくるのは、江戸時代になってからのことである[8]。1858年(安政5年)、成田山新勝寺の新本堂建立の際に制作された『成田名所図会』には、千葉常胤に関する一節がある。そのなかに「千葉氏古城址の図」が掲載されており、中央に亥鼻山が描かれている。また、近現代になってからも、亥鼻山を古城址と書いた絵葉書が複数作られているほか、1926年(昭和元年)には亥鼻城跡に千葉開府800年記念碑、1976年(昭和51年)には千葉開府850年記念碑が建立されている。

沿革編集

平安時代の1126年(大治元年)、千葉常重が上総国大椎城(現:千葉市緑区大椎町)から拠点を移し、下総国(現:千葉市中央区亥鼻町)に居館を構えた。

千葉氏は桓武平氏であった平忠常の子孫で、千葉常胤のときに千葉氏を称した。常胤は上総広常と共に源頼朝を助けて鎌倉幕府樹立に尽力した。後に広常が謀反の疑いで頼朝に誅殺されると、常胤は房総平氏の惣領となり全盛期を迎える。しかし、室町時代に入ると鎌倉公方古河公方が対立し、関東に騒乱が巻き起こると千葉氏も内紛が勃発する。1455年(康正元年)千葉氏14代である千葉胤直が一族の千葉康胤(馬加康胤)と原胤房に亥鼻城が急襲され、千田庄(現:千葉県香取郡多古町付近)へ追いやる。その後、出家していた康胤もこれに合流し、千田庄の多古城・島城に立て籠る胤直父子や円城寺尚任、援軍にかけつけた大掾頼幹(妙充、満幹の次男又は甥)を攻め滅ぼす[9]。『日本城郭大系』によると、1457年(長禄元年)康胤が宗家の名跡を継ぎ、子の千葉輔胤は本拠を本佐倉城に移して亥鼻城は廃城となる[10]

その後、1861年(文久元年)の千葉八景に「猪鼻山の望月」が選ばれ、城跡は1909年明治42年)以降公園として開放された。1959年昭和34年)に亥鼻公園歴史公園)として整備され、1967年(昭和42年)に千葉市立郷土博物館(模擬天守[6]、いのはな亭(茶室及び庭園)が建造された。

構造編集

突端の構造が猪の鼻に似ている、あるいは亥の方角を向いていることから、亥鼻の名がある。突端部には神明社と亥鼻城跡の碑があり、神明社のある郭は物見の跡と伝えられる。そこから郷土博物館の間にほぼ唯一の遺構として土塁が残る。

一説によると古くは、千葉大学医学部から中央博物館バス停付近までの広大な範囲を城域に含む。

中央博物館バス停付近には、七天王塚があり、千葉市は亥鼻城跡と七天王塚をあわせて市の文化財に指定している。

また、城跡北側の台地下には「お茶の水」という井戸跡がある。この井戸から汲んだ水で千葉常胤がお茶をたて、源頼朝に献じたなどの伝説が残されている。城跡東側の階段はかつて池田坂と呼ばれ、城の搦手(裏門)にあたると言われる。

交通編集

公共交通機関編集

鉄道編集

バス編集

  • 京成バス
    • 千03「大学病院線」:千葉駅 - 中央三丁目 - 郷土館 - 中央博物館 - 千葉大学病院 (平日のみ)
    • 千03-1「大学病院線」:千葉駅 - 中央三丁目 - 郷土館 - 中央博物館 - 千葉大学病院- 市立青葉病院 - 南矢作
    • 千04「大学病院線」:千葉駅 - 中央三丁目 - 郷土館 - 中央博物館 - (千葉大学病院非経由) - 市立青葉病院 - 南矢作 (早朝・夜間~深夜のみ)

自動車編集

高速道路編集

駐車場編集

  • 駐車場有、25台(無料)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ この模擬天守は亥鼻城とは無関係である

出典編集

  1. ^ 千葉市「猪鼻城跡(含七天王塚)(市指定文化財)」『千葉市』。2018年5月17日閲覧。
  2. ^ 千葉町案内 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2019年3月20日閲覧。
  3. ^ 千葉県. “房総の魅力500選 〔歴史〕” (日本語). 千葉県. 2019年5月17日閲覧。
  4. ^ 千葉県高等学校教育研究会歴史部会=編 (2006-5). 千葉県の歴史散歩. 山川出版社. 
  5. ^ http://www.city.chiba.jp/toshi/koenryokuchi/kanri/chuo-inage/inohanap-top.html 「ようこそ千葉発祥の地「亥鼻公園」へ」千葉市ホームページ 2016年10月23日 閲覧
  6. ^ a b 加藤理文著『日本から城が消える : 「城郭再建」がかかえる大問題』洋泉社、2016年、ISBN 978-4-8003-1014-9
  7. ^ 千葉市「猪鼻城跡(含七天王塚)(市指定文化財)」『千葉市』。2018年5月17日閲覧。
  8. ^ 「資料に見る千葉氏」 千葉市立郷土博物館
  9. ^ 中根正人「室町中期の常陸大掾氏」(初出:『千葉史学』62号(2013年)/所収:高橋修 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第一六巻 常陸平氏』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-167-7
  10. ^ 亥鼻城~城と古戦場~”. srtutsu.ninja-x.jp. 2019年3月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集