亦憐真八剌(イリンチンバル、? - 1319年11月8日)は、高麗の第27代王忠粛王の妃。モンゴル人で、の皇族の営王エセン・テムルの娘。1316年降嫁されるが、3年後に死亡した[1]。靖和公主に追封された。1343年、元より濮国長公主に追封された[1]

亦憐真八剌
高麗王后

別称 靖和公主
濮国長公主
出生 ?
死去 延祐6年9月26日
1319年11月8日
高麗開京
配偶者 忠粛王
父親 エセン・テムル
テンプレートを表示

家族編集

脚注編集

  1. ^ a b 森平雅彦 2008, pp. 13

参考文献編集