画像提供依頼:1 この飢饉を描写した歴史的絵画 2 その他のこの飢饉に関連する画像の画像提供をお願いします。2021年2月

享保の大飢饉(きょうほうのだいききん)とは、江戸時代中期に起こった飢饉である。江戸四大飢饉の一つに数えられる。

享保の大飢饉
日本の旗 日本
地域 伊勢国近江国以西の西日本各地(特に西海道の被害が深刻)[1]
期間 1732年享保17年)、徳川吉宗治世、江戸時代
飢餓死者数 1万2,000人(飢民は幕領内67万人、諸藩は197万人。死畜は14,000頭)[1]
総死者数 1万2,000人
主要因 蝗害(ウンカの害)[1]
救援物資 天領の租米を供出、関東諸国・信濃国出羽国陸奥国より米を購入して支援[1]。(大名に対しては金銀貸与・在府諸役免除・参勤の緩和。)
住民への影響 農村部で百姓一揆(1732年だけで18件)。米価高騰により都市部で打ちこわし
結果 米価引き上げ政策を転換して引き下げ政策を実施[1]救荒作物としてサツマイモが注目される[1]

概要編集

1731年(享保16年)末より天候が悪く、年が明けても5月、6月まで雨と低温がつづくなど悪天候が続いた[1]

1732年享保17年)夏、冷夏と害虫により中国四国九州地方西日本各地が凶作に見舞われ、とりわけ西海道(九州地方)の被害が深刻であり[1]瀬戸内海沿岸一帯もまた甚大な被害を受けた[2]。。梅雨からの長雨が約2ヶ月間にも及び冷夏をもたらした[2]。このためウンカなどの害虫が稲作に甚大な被害をもたらして蝗害として記録された[1][2]

なお、江戸においても被害があり、この飢饉の死者の供養のために隅田川花火大会が始まったという言説が広く流布しているが、これは俗説で、享保の大飢饉と隅田川花火大会は無関係である[3]

被害は西日本諸のうち46藩にも及んだ。46藩の総石高は236万石であるが、この年の収穫は僅か27パーセント弱の63万石程度であった。餓死者は1万2000人にも達した[1][注釈 1]。また、幕領内67万人、諸藩は197万人、あわせて250万人強の人々が飢餓に苦しんだといわれる[1]江戸大坂京都伏見奈良大津長崎などの各都市に流入した窮乏民も多かった[1]

享保・天明天保の三大飢饉については、名古屋浮世絵師小田切春江が『凶荒図録』を著し、諸書を引用しながら被害の惨状と逸話を図入りで紹介している。『凶荒図録』には、身なりも立派で金百両を持っていた人物が路傍で餓死した事例も紹介されている[5]

対策・影響編集

1733年享保18年)正月、飢饉による米価高騰に困窮した江戸市民によって享保の打ちこわしが起こった[1]。これには窮民2, 3000人が参加する大規模なものであった[1]江戸幕府第8代征夷大将軍徳川吉宗は、本百姓の保護のため、これまで米価引き上げ政策を続け、米市場にも介入していたが、米価高騰のため食糧を入手できない人が増えたため、従来の方針を改め、非常手段として米価引き下げ政策に転じた[1]。幕府は、大名に対しては金銀の貸与・在府諸役の免除・参勤交代の緩和などの措置をとって被害の緩和に努め、民間に対してはコメの買い占めを禁止して囲米の強制的な放出、酒造制限などをおこなった[1]。富裕な町家や寺社には飢餓民救済を促し、蝗虫予防薬の販売推進や蝗害除去の祈祷もおこなわせている[1]

凶作の被害が深刻であった瀬戸内海沿岸地域にあって大三島だけは下見吉十郎がもたらした甘藷(サツマイモ)によって餓死者を出すことはなく、それどころか余った米を伊予松山藩に献上する余裕があった。九州地方でも、島津氏の薩摩藩領のみは飢民が生じなかったといわれる[1]。60歳という高齢で勘定役から大森代官(石見銀山および備中国備後国に散在する天領の管理)に抜擢された井戸正明(井戸平左衛門)は窮民救済のため数々の施策をおこなった幕僚として知られ、飢饉対策の作物としてのサツマイモの効能にもいち早く気づき、「芋代官」と称された[4]

将軍徳川吉宗は以外の穀物の栽培を奨励し、試作を命じられた青木昆陽らによって小石川薬園吹上御苑で甘藷栽培を行い、やがて東日本各地にも甘藷栽培が広く普及した[4][6]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 飢饉に見舞われた西国諸藩があえて幕府に少なく報告した説があり、そのため、実際にはもっと多い可能性がある。19世紀初頭成立の『徳川実紀』や『徳川十五代史』では餓死者96万9900人としているが、この数字は過大である[4]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 衣笠(1979)p.552
  2. ^ a b c 奈良本(1974)pp.276-277
  3. ^ 福澤徹三「享保一八年隅田川川開開始説の形成過程」すみだ郷土文化資料館編『隅田川花火の三九〇年』(すみだ郷土文化資料館、2018年)186、193頁。
  4. ^ a b c 奈良本(1974)pp.235-238
  5. ^ 奈良本(1974)pp.282-283
  6. ^ 和の心・暦と行事|甘藷イミダス(2007年11月2日)2020年2月23日閲覧

参考文献編集

  • 衣笠安喜「享保の飢饉」『日本歴史大辞典第3巻 かた-き』日本歴史大辞典編集委員会、河出書房新社、1979年11月。
  • 奈良本辰也『日本の歴史17 町人の実力』中央公論社中公文庫〉、1974年6月。ISBN 4-12-200111-0

外部リンク編集