京 三紗(きょう みさ、3月11日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する女役[2]。元雪組組長[3]

神奈川県横浜市[1][2]京浜女子大学高等部出身[1]。身長155cm[1]。愛称は「いっちゃん」[1]

来歴編集

1969年、宝塚音楽学校入学。

1971年、宝塚歌劇団に57期生として入団[4]。入団時の成績は28番[4]花組公演「花は散る散る/ジョイ!」で京 三紗子(きょう みさこ)として初舞台[4]

1972年、花組に配属[4]

1974年に現在の芸名へと変更[5][2]

1976年に月組へと組替え[6]

1990年7月1日付で月組副組長に就任[7]

1991年12月27日付で雪組へ組替えとなり、雪組組長に就任[3]

1996年12月27日付で専科へ異動となる[8]

専科異動後は各組に特別出演を続け、優しく温かい母、厳しく強い母、哀しく耐える母など数々の母親役を演じ、物語に厚みを加えている[9]。また口跡の良さで物語を進める役割を担うことも多い[9]

主な舞台編集

初舞台編集

花組時代編集

月組時代編集

雪組時代編集

専科時代編集

出演イベント編集

  • 1979年8月、『バウ・シャンソン・コンサート』
  • 1980年5月、第17回『宝塚フェスティバル』
  • 1980年10月、第19回宝塚ミラーボール『'80愛読者大会』
  • 1980年11月、宝塚スターカーニバル'80『クレオパトラ大作戦』
  • 1981年2月、第20回宝塚ミラーボール『'81宝塚レコード音楽祭』
  • 1982年10月、第23回宝塚ミラーボール『'82愛読者大会』
  • 1982年12月、『宝塚スター・カーニバル'82』
  • 1985年10月、第27回『宝塚舞踊会』
  • 1986年10月、第28回『宝塚舞踊会』
  • 1987年10月、第29回『宝塚舞踊会』
  • 1990年10月、第31回『宝塚舞踊会』
  • 1991年10月、第32回『宝塚舞踊会』
  • 1992年10月、第33回『宝塚舞踊会』
  • 1992年11月、『宝塚 我が心のふるさと』
  • 1993年10月、第34回『宝塚舞踊会』
  • 1994年5月、TMPスペシャル『夢まつり宝塚'94』
  • 1994年10月、第35回『宝塚舞踊会』
  • 1995年10月、第36回『宝塚舞踊会』
  • 1996年10月、第37回『宝塚舞踊会』
  • 1997年10月、第38回『宝塚舞踊会』
  • 1998年10月、第39回『宝塚舞踊会』
  • 1999年10月、第40回公演記念『宝塚舞踊会』
  • 2000年10月、第41回『宝塚舞踊会』
  • 2001年10月、第42回『宝塚舞踊会』
  • 2002年8月、『専科エンカレッジ・スペシャル[11]
  • 2002年10月、第43回『宝塚舞踊会』
  • 2003年10月、第44回『宝塚舞踊会』
  • 2004年10月、第45回『宝塚舞踊会』
  • 2005年10月、第46回『宝塚舞踊会』
  • 2007年1月、『清く正しく美しく』
  • 2007年9月、『専科エンカレッジ・コンサート』[12]
  • 2007年10月、第48回『宝塚舞踊会』
  • 2008年10月、第49回『宝塚舞踊会』
  • 2009年11月、第50回記念『宝塚舞踊会』
  • 2011年11月、第51回『宝塚舞踊会』
  • 2013年10月、第52回『宝塚舞踊会』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2015年9月、第53回『宝塚舞踊会』
  • 2016年12 - 2017年1月、『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』(外部出演)
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、7頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d e f g h 専科、京三紗:姓名判断で「京三紗子」/The name of タカラジェンヌ 産経新聞。
  3. ^ a b 80年史 1994, p. 295.
  4. ^ a b c d 100年史(人物) 2014, p. 82.
  5. ^ 100年史(人物) 2014, p. 27.
  6. ^ 100年史(人物) 2014, p. 37.
  7. ^ 80年史 1994, p. 294.
  8. ^ 100年史(人物) 2014, p. 39.
  9. ^ a b c 『TAKARAZUKA REVUE 2022/SUPERIOR MEMBERS』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、120頁。ISBN 978-4-86649-194-3
  10. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 298.
  11. ^ 専科「エンカレッジ スペシャル」('02年・バウ) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  12. ^ 専科「エンカレッジ コンサート」('07年専科・バウ) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  13. ^ 100年史(人物) 2014, p. 49.
  14. ^ 100年史(人物) 2014, p. 50.
  15. ^ 『2019年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、89頁。ISBN 978-4-86649-126-4

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫 著、編集統括:北川方英 編 『夢を描いて華やかに―宝塚歌劇80年史―』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク編集