メインメニューを開く

京山ロープウェー遊園(きょうやまロープウェーゆうえん)は、かつて岡山市にあった岡山電気軌道経営の遊園地である。

概要編集

  • 1956年7月18日にオープン。山の上にある遊園地のため、名称の通りロープウェーでアクセスするようになっていた。また、徒歩でも有料で入園できた。
  • 岡山市街・近郊を見渡せた「京山タワー」に加え、園内には、メリーゴーランド、小さな観覧車等があった。京山タワーとロープウェーは、岡山市内ならばかなり遠くからでも見ることができ、岡山市民のシンボル的存在であった。
  • しかし、景気の低迷などにより年間入場者数は激減し、更に1997年7月18日にオープンした大型テーマパーク倉敷チボリ公園(2008年12月末日で閉鎖)に入場者数を取られたことから経営悪化、1998年9月6日に42年の歴史に幕を閉じた。
  • 1999年には、おもちゃ王国を全国展開するサンヨープレジャーの手によって、岡山スカイガーデンとして再スタートした。タワーの名は「スカイタワー」とした。このスカイガーデンも施設の老朽化・駐車場の不足・時代の変化を理由として、2007年5月6日限りで閉鎖された。
  • 2010年7月、跡地の活用法が決まり、ロープウェーや山頂の遊園施設の解体工事が進められた。
  • 2011年2月、産業技術総合研究所両備ホールディングスが山頂に集光型太陽光発電システムを建設。遊園地のシンボル的存在であった京山タワーの内部は太陽光発電による植物工場(京山ソーラー・グリーン・パーク「京山ラボ・パーク」)に生まれ変わった。
  • 2011年4月23日、一般向け遊歩道が完成し、休園日を除く日中は自由に登頂・公園利用できるようになった。

所在地編集