メインメニューを開く

2代目 京山幸枝若(きょうやま こうしわか、1954年4月1日 - )は浪曲師。本名は福本一光。吉本興業所属。浪曲親友協会会長

来歴・人物編集

兵庫県姫路市出身[1]初代京山幸枝若には子供がいて、浪曲で三味線の伴奏をする曲師との間に出来た子だった。その子は母である曲師側に引き取られ興行会社を経営していた曲師の夫が父親となり子を育てた。

子供は成長して学生時代の半ばはフォークソングに熱中して浪曲には見向きもしなかったが、友人が持ってきた実の父が口演しているレコードを聞き感動してそれから浪曲の道を志した。デビューした当時からやはり親子なので名人幸枝若と声・容姿がソックリな事から人気は上がっていった。しかし、ある日両親から自分の父親が義理の父親であり、本当の父親は自分があこがれている幸枝若である事を告げられた。ショックを受けたが「こうなったら父である幸枝若に弟子入りしよう」と1974年に親子として再会してすぐ弟子入りして京山福太郎と名乗った[2]。ある時は厳しい師匠の関係又ある時は親子になって修行時代を過ごした。

しかし1991年に父親であり師匠であった幸枝若が亡くなり衰退の一途をたどる浪曲界に一時は諦めを感じたが多くのファンのためにと奮闘し、2004年「京山幸枝若」を襲名して「二代目京山幸枝若」となった。

受賞歴編集

  • 平成18年:大阪府知事表彰「芸能文化功労賞」

弟子編集

外部リンク編集