メインメニューを開く

京成チ5形貨車(けいせいチ5がたかしゃ)は、かつて京成電鉄で使用されていた長物車である。チ7・チ8の2両が在籍していた。

京成チ5形貨車
基本情報
製造年 1951年(昭和26年)
製造数 2両
消滅 2007年(平成19年)
主要諸元
軌間 1,435 mm
全長 14,560 mm
荷重 23.5 t
台車 27-MCB-2→SM3
テンプレートを表示

概要編集

 
1992年8月まで使われていたブリル27-MCB-2台車

1951年(昭和26年)にチ7が、1965年(昭和40年)にチ8がそれぞれ製造された。レール輸送用の長物車。国鉄トム5000形貨車を1951年(昭和26年)に改造したチ5000形に準じているが、こちらは自社発注車両である。同年製のチ7は、1965年(昭和40年)にチ8の登場に併せて車体更新を行っている。1991年(平成3年)4月、制動装置がHSCに改造された[1]。チ7は2007年(平成19年)の廃車時点で、京成の車両の中では最も車歴が長かった。

1両の全長は14,560mm。レールを置く機材やレール積卸機を装備する他、車端部には小荷物を置けるスペースも有していた。荷重は23.5t。台車は比較的近年まで古典的なブリル27-MCB-2を使用していたが、後に住友SM-3に換装されている。

用途編集

モニ20形に連結され、専らレール輸送に使用していた。これは深夜に行うことが多いため、昼間にその姿を見かけることは少なかった。

老朽化が進んでいた事などから、2007年(平成19年)3月のちはら台への工臨を最後に運用を終了し、同月28日にモニ20形・トキ20形とともに高砂検車区から宗吾車両基地廃車回送された。

なお、これらの後継車として、無車籍の作業用車が宗吾車両基地に搬入されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 稲葉克彦 私鉄車両めぐり〔156〕京成電鉄 鉄道ピクトリアル632号 1997年 240頁