メインメニューを開く

京成電鉄の車両検修施設(けいせいでんてつのしゃりょうけんしゅうしせつ)としては、車両管理所(宗吾車両基地)(宗吾検車区・宗吾工場、宗吾参道駅)、高砂検車区京成高砂駅)、津田沼車庫京成津田沼駅)がある。

この他に、青砥東中山・京成津田沼・千葉中央京成大和田京成臼井大森台学園前の各駅に引き上げ線がある。また京成船橋駅には保線区がある。

目次

宗吾車両基地編集

 
宗吾車両基地

宗吾は京成の総合的な車両検査施設として、工場では全般検査・重要部検査や車両の修繕・塗装・内装などの更新を行っている。また、北総鉄道舞浜リゾートラインの車両の検査もここで行っている。検車区では自動洗浄機を使った車体の洗浄や、列車検査・月検査、車両の留置を行っている。留置能力は京成最大の240両。夜間は自社車両の他に都営浅草線5300形5500形1本が留置される。また、旧型車両も展示されている。

概要編集

  • 敷地面積 : 103947m2
  • 車輌留置数 : 228輌 + 工場定置12輌

沿革編集

高砂検車区編集

 
高砂検車区

高砂は都心に近い拠点として車両の留置を主体としている。金町線の4両編成車はここを拠点としている。宗吾と同じく列車検査・月検査も実施している。留置能力は約160両で、夜間は自社車両のほか京急の車両1本が留置される。1963年より1968年まで敷地内の一部に東京都交通局高砂検修場が置かれていたが、その境界は防火壁で厳密に分けられていた。 この検車区があることで、隣接する京成高砂駅の高架化工事計画が難航し、深刻な開かずの踏切問題が発生している[1]

沿革編集

  • 1912年11月 - 曲金(現・高砂)に車庫を設置
  • 1918年10月 - 暴風雨により車庫上屋倒壊
  • 1921年7月 - 機械工場を設置
  • 1926年12月 - 津田沼車庫新設に伴い定期検査業務を移行。

津田沼車庫編集

現在は主に千葉線に運用される通勤車が留置される。留置能力は44両。原則として8両編成は入庫しない。

現行の組織上は高砂検車区に所属。工場が宗吾に移転した直後は宗吾検車区に所属した時期もある。

以前は京成津田沼駅に隣接して第一工場を、新津田沼駅裏(現・イオンモール津田沼)に第二工場を、それぞれ構えていた。このため新京成線の京成津田沼〜新津田沼間は京成第二工場の構内側線扱いであった。

概要編集

  • 敷地面積 : 約6500m2
  • 車輌留置数 : 44輌

沿革編集

脚注編集

  1. ^ 詳細は京成高砂駅の記事を参照されたい。

関連項目編集