京東商城 (けいとうしょうじょう、ピン音:Jīngdōng shāngchéng、あるいはJD.com)は、中国で360buyを経営していた劉強東(中国語版)が設立したWebサービス会社。中国北京市朝陽区に本社を置き、同社のECサイトである「JD.com」では、家電・PC・家具・衣類・食品・書籍などの商品をネット販売している。2014年にNASDAQに上場され[2]、2015年現在中国国内の通販サイトのシェア56.3%を占めている[3]

JD.com
企業形態 公開会社
本拠所在地 中華人民共和国の旗 中国北京市朝陽区北辰西路8号北辰世紀中心A座
創業者 劉強東
業種 小売業
売上高 増加600億元 (2012)[1]
従業員数 35,000 (2012)
ウェブサイト www.jd.com
開設 1998年(19年前) (1998

目次

概要編集

京東商城の現CEOである劉強東が2004年に「京東多媒体網」を創設し、PC機器のネット販売を開始、2006年には携帯電話や他の家電の販売も開始した。その後取り扱う商品の種類を増やし、2010年には書籍も取り扱うようになった。また、ロシアインドブラジルへの市場進出もした。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 京东上线“跨海送” 国人海外送礼更省心
  2. ^ 京东紧接唯品会登陆朋友圈”. 环球网 (2015年4月28日). 2015年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月11日閲覧。
  3. ^ 2015年一季度京东自营B2C市场份额达56.3%” (zh-cn). 亿邦动力网 (2015年5月26日). 2015年8月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集