京極おきな

日本のアーティスティックスイミング選手

京極 おきな(きょうごく おきな、本名は京極 翁(読み同じ)[1]2001年 - )は、日本のアーティスティックスイミング選手である。マーメイドジャパン代表メンバー[2]近畿大学附属高等学校在学中で井村アーティスティックスイミングクラブ所属[2]

京極 おきな Swimming pictogram white.svg
国籍 日本の旗 日本
生年月日 2001年
身長 161cm
テンプレートを表示

2016年8月に行われた全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会(13-15歳の部)では、フリールーティンソロ・デュエットともに優勝を果たして最優秀賞を受賞した[3]。2017年9月に全日本の井村雅代ヘッドコーチの推薦により代表候補メンバー入りを果たした[4][5]

2018年4月、代表デビューとなった日本選手権のチームフリールーティーンでジャンパーとして活躍し、優勝に花を添えた[4]。井村ヘッドコーチは「一番ジャンパーに適した選手」[4]、「(チームとしては)全然だめだったが、京極が収穫」[6]と語った。

脚注編集

  1. ^ 水泳部(シンクロ) 京極翁さん 大阪高校総体 優勝”. 近畿大学附属高等学校 (2017年6月15日). 2018年4月30日閲覧。
  2. ^ a b 日本代表”. 日本水泳連盟. 2018年4月30日閲覧。
  3. ^ 【競泳・飛込・水球・シンクロ】第39回 全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会 3日目”. 日本水泳連盟 (2016年8月24日). 2018年4月30日閲覧。
  4. ^ a b c 東京五輪へ新星誕生16歳京極おきな代表デビューV”. 日刊スポーツ (2018年4月30日). 2018年4月30日閲覧。
  5. ^ シンクロ、東京五輪へ向け選考会廃止 代表候補チームを編成”. sanspo (2017年9月29日). 2018年4月30日閲覧。
  6. ^ 16歳・京極おきな大技決めた!井村HCも褒めた「収穫」”. sponichi (2018年4月30日). 2018年4月30日閲覧。