メインメニューを開く

京極 高宣(きょうごく たかのぶ、1942年 - )は、日本社会福祉学者国立社会保障・人口問題研究所所長を経て現在、社会福祉法人浴風会理事長。

目次

人物・略歴編集

東京都出身。社会福祉学博士東京福祉大学)。前・日本社会事業大学学長。東京都立新宿高等学校卒業、東京大学農学部卒業、東京大学大学院経済学研究科博士課程退学(理論経済学専攻)。

日本社会事業大学専任講師、同助教授、厚生省(現厚生労働省)社会局社会福祉専門官(1984年昭和59年) - 1987年(昭和62年))、日本社会事業大学教授。1991年平成3年)、同大学社会福祉学部長を経て、1995年(平成7年)より学長。

厚生労働省社会保障審議会障害者部会長。内閣府新しい障害者基本計画に関する懇談会座長。長寿社会文化協会会長。

障害者自立支援法編集

障害福祉サービス利用の原則1割を障害者が負担する障害者自立支援法について、2009年2月に国立社会保障・人口問題研究所より発行の小冊子において「研究所所長としてではなく個人的見解」と前置きした上で、「利用者負担とはサービスに対する料金(プライス)ではなく使用料(チャージ)」という前提の元に利用者負担の必要性を説いた[1]

しかし、同法は施行以降さまざまな問題が噴出し2009年(平成21年)9月19日民社国連立政権鳩山内閣長妻昭厚生労働大臣は同法の廃止を明言した。

また、「障害が重いほど負担も重い(応益負担の)法律は憲法違反」として全国14地裁で原告71人によって障害者自立支援法訴訟が提訴され、2010年1月7日、政府との合意に達し「基本合意」に調印した[2]

「論文盗用」報道編集

2010年1月7日朝日新聞に論文の「盗用」を報じられた。その記事の内容は

「厚生労働省の審議会の要職を歴任した国立社会保障・人口問題研究所の京極高宣所長(67)=社会福祉学=が2003年に出版した著作集の論文で、他人の論文を大幅に引き写した部分があることが、朝日新聞の調べでわかった。もとの論文を書いた国会図書館元調査員は「私が書いたものと同じ内容。出典の明示がなく引用されており、盗用だと思う」と指摘している」[3]

などというものであった。具体的には、京極が論文「海外の社会福祉」(1986年 - 1987年)において、出典を明記せず国会図書館調査員(当時)の論文「フランスにおける社会福祉の法制と行政組織」(1986年)をほぼ丸写しした上、補助金等を受けていた1987年と1992年の研究事業の報告書にも盗用論文を使い回した、というのが朝日新聞の記事内容であった。

京極はこの報道を事実無根と主張し、朝日新聞社を東京地裁に提訴して、名誉毀損に対する損害賠償ならびに謝罪広告の掲載を求めた[4]。その後、2011年8月19日、東京地裁による勧告を受け入れて和解が成立した。

著書編集

単著
  • 市民参加の福祉計画 高齢化社会における在宅福祉サービスのあり方 中央法規出版 1984.12
  • 長寿社会の戦略 市民参加型福祉経営のあり方 第一法規出版 1987.6
  • 福祉専門職の展望 福祉士法の成立と今後 全国社会福祉協議会 1987.12
  • 明日の福祉をめざして 中央法規出版 1987.12
  • 老いを考える 明日のライフデザイン 中央法規出版 1990.4
  • 現代福祉学の構図 中央法規出版 1990.7
  • 日本の福祉士制度 日本ソーシャルワーク史序説 中央法規出版 1992.1
  • 高齢者ケアを拓く 中央法規出版 1993.4
  • 社会福祉学とは何か 新・社会福祉原論 全国社会福祉協議会 1995.4
  • 福祉の経済思想 厳しさと優しさの接点 ミネルヴァ書房 1995.5
  • 介護革命 老後を待ち遠しくする公的介護保険システム ベネッセコーポレーション 1996.12
  • 介護保険の戦略 21世紀型社会保障のあり方 中央法規出版 1997.6
  • 少子高齢社会に挑む 中央法規出版 1998.8
  • 社会福祉をいかに学ぶか 社会福祉教育研究の現状と課題 川島書店 2000.3
  • 社会福祉学小辞典 ミネルヴァ書房 2000.4
  • 京極高宣のぴかぴか対談 全国社会福祉協議会 2000.11
  • この子らを世の光に 糸賀一雄の思想と生涯 日本放送出版協会 2001.2
  • 21世紀型社会保障の展望 法研 2001.4
  • 儒教に学ぶ福祉の心 『言志四録』を読む 明徳出版社 2001.9
  • 生協福祉の挑戦 コープ出版 2002.5
  • 福祉社会を築く 中央法規出版 2002.8
  • 障害を抱きしめて 共生の経済学とは何か 東洋経済新報社 2002.9
  • 児童福祉の課題 インデックス出版 2002.10
  • 京極高宣著作集』全10巻 中央法規出版、2002-2003
  • 介護保険改革と障害者グランドデザイン 新しい社会保障の考え方 中央法規出版 2005.3
  • 国民皆介護 介護保険制度の改革 北隆館 2005.3
  • 動くとも亦悔无からん 日本社会事業大学学長としての十年 中央法規出版 2005.7
  • 国民皆介護 障害者自立支援法の成立 北隆館 2005.10
  • 障害者自立支援法の解説 全国社会福祉協議会 2005.12
  • 生活保護改革の視点 三位一体と生活保護制度の見直し 全国社会福祉協議会 2006.10
  • 社会保障と日本経済 「社会市場」の理論と実証 慶應義塾大学出版会 2007.8
  • 新しい社会保障の理論を求めて 社会市場論の提唱 研究ノート 社会保険研究所 2008.2
  • 障害者自立支援法の課題 中央法規出版 2008.5
  • 医療福祉士への道 日本ソーシャルワーカーの歴史的考察 医学書院 2008.5
  • 生活保護改革と地方分権化 ミネルヴァ書房 2008.5
  • 最新障害者自立支援法 逐条解説 新日本法規出版 2008.8
  • 福祉サービスの利用者負担 公共サービス料金の社会経済学的分析 中央法規出版 2009.5
  • 共生社会の実現 少子高齢化と社会保障改革 中央法規出版 2010.11
共編著
  • 社会資本の理論 川上則道共著 時潮社、1984
  • 民間活力とシルバーサービス 隅谷三喜男共編著 中央法規出版 1987.12
  • 社会・介護福祉士への道 その役割と資格のとり方 板山賢治共編 エイデル研究所 1988.6
  • 福祉政策学の構築 三浦文夫氏との対論 全国社会福祉協議会 1988.10
  • 社会福祉士・介護福祉士資格のとり方Q&A 板山賢治共編 エイデル研究所 1988.12
  • 福祉士の待遇条件 中西洋共編著 第一法規出版 1990.11
  • 福祉マンパワー対策 誰が福祉を担うのか 第一法規出版 1992.1
  • 長寿社会の社会保障 堀勝洋編著 第一法規出版、1993(長寿社会総合講座)
  • 老人保健福祉計画 どう準備し、どう作るか 東京法規出版 1993.9
  • 高齢者のケアシステム 三友雅夫共編著 中央法規出版 1993.10
  • 介護保険辞典 内藤佳津雄共編著 中央法規出版、1999
  • 介護保険六法 平成12年版 新日本法規出版 2000.3
  • 高齢社会の福祉サービス 武川正吾共編 東京大学出版会、2001
  • 医療ソーシャルワーカー新時代 地域医療と国家資格 村上須賀子共編著 勁草書房、2005
  • 精神保健福祉士の基礎知識 岡上和雄,高橋一,寺谷隆子共編 中央法規出版 2006.5
  • 社会保障は日本経済の足を引っ張っているか 時事通信出版局 2006.11
  • 在宅医療ソーシャルワーク 村上須賀子、永野なおみ共編著 勁草書房、2008
  • 日本の人口減少社会を読み解く 最新データからみる少子高齢化 高橋重郷共編 中央法規出版、2008
  • 在宅医療辞典 井部俊子,開原成允,前沢政次共編 中央法規出版 2009.11
  • 『社会保障と経済』1-3 宮島洋西村周三共編、東京大学出版会、2009年

翻訳編集

  • 未婚の母たち アンジェラ・ホプキンソン 五味百合子共編訳 連合出版 1980.6
  • 欧米福祉専門職の開発 ソーシャルワーク教育の国際比較 ハンス・ヨハン・ブラウンズ,デービッド・クレーマー編著 古瀬徹共監訳 全国社会福祉協議会 1987.11

脚注編集

関連項目編集