京浜急行バス三崎営業所

京浜急行バス三崎営業所
三崎東岡バス停

京浜急行バス三崎営業所(けいひんきゅうこうバスみさきえいぎょうしょ)は、京浜急行バスのうち主に三崎口駅三浦海岸駅を発着するバス路線を所管している営業所である。車庫は三浦市中心部に位置する三崎東岡停留所近くの営業所に併設されており、同停留所には小さな操車場もある。営業所記号はGである。

三崎口駅と三浦市街地を結ぶ路線をはじめ、営業所のある三崎東岡を中心に長井・横須賀・荒崎方面、三浦海岸方面、油壺城ヶ島・通り矢・毘沙門・剱崎方面へ路線を展開している。三崎は漁港があり朝が早いため、バスも朝早くから運行されている。

2008年10月1日には、ICカードPASMOが導入された。

目次

沿革編集

三崎の陸上交通黎明期編集

三浦半島の先端にある三崎町内(現・三浦市)と、他の場所を結ぶ交通手段は、1889年明治22年)に横須賀駅まで開通した官鉄横須賀線への接続を前提に近代化への道を歩み始める。

乗合自動車が走り始めたのは1917年(大正6年)のことである[1]乗合馬車事業を経営していた平本兼太郎が、1台の幌型フォードを用いて、兼業として三崎・横須賀間で運行を開始した。馬車勘の自動車と呼ばれ、料金は3円50銭(雨天時は2割増)であった。なお、これより前の大正3年に、平本兼吉(平本兼太郎との関係は不明)を代表とした三崎自動車組合が三崎・浦賀間および三崎・林間の自動車営業を出願し許可を得ているが、何故か営業を開始しなかったので失効している。その後、大正10年に、宮川長五郎が中心となって三浦自動車株式会社を設立し、平本兼吉より三崎・横須賀間の乗合路線とその車輌を引継ぎ、三崎・浦賀間の営業も開始した。

続いて梁瀬自動車商会(のち臨海自動車に社名変更)が創立されているが、三崎町史の記述と京浜急行の社史の記述とに食い違いがあるため、詳細は不明である。前者には、1922年(大正11年)4月頃、三井物産社員(自動車輸入に携わっていた)の中原安太郎が梁瀬商会(現・ヤナセ)創業者梁瀬長太郎を代表者として臨海自動車を創立したとあり、後者には、1921年(大正10年)設立の梁瀬自動車合資会社が1925年(大正14年)3月19日に臨海自動車へと組織変更とある(ただし、『全国乗合自動車総覧』には、三崎・横須賀間が大正10年5月1日、三崎・浦賀間が同12年9月17日の開業とある)。

これとは別に、逗子の太平自動車と秋谷の新倉豊次が逗子・林間に乗合自動車を運行していたが、これに葉山の鈴木八五郎経営の三浦半島一周自動車商会が合流して、長井自動車の通称で逗子・三崎間の運行を開始した。

しばらくの間、三崎の自動車運輸はこれら3社が激しい競争を繰り広げていたが、1925年12月には営業協定を結ぶに至った。この当時の運行状況は以下の通り。

大正14年当時の運行状況編集

区間 運賃 始発 終発 運行間隔
三崎・横須賀 1円50銭 6:00 17:00 15分毎
三崎・浦賀 1円40銭 8:00 16:00 1日7回
三崎・逗子 1円60銭 7:50 17:00 15分毎

京浜一元化への道編集

この頃には、横浜市から南下して三浦半島を一周する形で三崎までの鉄道を建設する構想が持ち上がり、湘南電気鉄道として事業免許を取得した。

湘南電鉄の親会社となった京浜電気鉄道(現・京浜急行電鉄)は、鉄道先行という意味で三浦半島南部でのバス事業に参入することを決めるとともに、乱立していた事業者を整理する方針を打ち出し、1929年(昭和4年)、まず三浦半島一周自動車を買収して半島一周自動車運輸商会と改称する。続けて臨海自動車を傘下に収め、半島一周自動車運輸商会を独立法人化した半島自動車を設立する。そして、1938年(昭和13年)、鎌倉営業所の前身となる鎌倉乗合自動車を含めた3社で合併、湘南半島自動車にまとめられた。臨海自動車と半島自動車の拠点を合併してできた三崎町の新しい拠点が、現在の三崎営業所の直接の前身ということになる。

一方で、1927年(昭和2年)、堀内営業所衣笠営業所の系譜につながる横須賀自動車横須賀駅から浦賀、久里浜を経て上宮田(現在の南下浦町)まで行く乗合自動車の運行を開始する。この路線は湘南電鉄開業後の1932年(昭和7年)、三崎まで延びて臨海自動車、三浦自動車の路線と競合することになる。

1933年(昭和8年)、京浜電鉄社長望月軍四郎が横須賀自動車を買収し、1936年(昭和11年)、湘南電鉄に売却。翌1937年(昭和12年)、横須賀自動車は湘南電鉄に合併される。三浦自動車は最後まで独立運営を維持しようとしたが、1939年(昭和14年)に湘南電鉄傘下に入り、1940年(昭和15年)、湘南半島自動車に合併された。

この頃、神奈川中央交通の前身の一つである東海道乗合自動車が、湘南半島自動車に統合を持ち掛けていて、もし実現していれば三崎営業所は戦後、京急ではなく小田急グループに行く可能性もあった。この話は京浜電鉄が猛反対し破談となる。そして、1941年(昭和16年)、湘南電鉄と湘南半島自動車は京浜電鉄に吸収合併。三浦半島南部のバスは京浜に一元化された。

これによって、半島西回りの横須賀三崎線は区間便と位置づけられる衣笠営業所の長井線・市内線と共に、早くも現在までつながる路線の基礎が完成。東回りの三浦海岸線も、久里浜営業所の浦賀線や堀内営業所の観音崎線につながる形で基礎ができた。

戦後・京浜急行電鉄へ編集

京浜電気鉄道は1942年(昭和17年)、東京急行電鉄大東急)に合併され、三崎営業所も大東急(現・東急バス)の手に渡るが、直後に海軍省の要請で横須賀堀内駅から分かれて湘南久里浜までの鉄道が引かれ(現・京急久里浜線)、1944年(昭和19年)には国鉄横須賀線も久里浜駅まで延長された。これを受けて戦後、三崎へ向かうバスは東回りが久里浜駅、西回りは国鉄衣笠駅や京急横須賀中央駅での鉄道接続を大義名分として、早期に再開される。ただし、京急本線の優等列車は当時、湘南久里浜ではなく浦賀駅発着が多かったため、バスは久里浜駅を越えて浦賀駅まで行くように設定された。

一方、三崎と逗子駅の直通便は減らされて最終的に長井乗り換えが必要となる。これにより長井以北は逗子営業所の長井線の基礎となっていく。

1948年(昭和23年)6月1日、京浜急行電鉄が大東急から独立を果たし、三崎営業所も京急に引き渡された。


現行路線編集

横須賀 - 三崎線編集

京急バス屈指の長距離路線で、武山・衣笠地区の住民の足となっている。横須賀駅・横須賀中央駅・衣笠十字路からの利用が多い。休日や観光シーズンともなると三崎口駅からの利用も多くなる。

  • 須6: 横須賀駅 - 横須賀中央駅 - 衣笠十字路 - 長井 - 三崎口駅 - 三崎東岡
  • 須7: 横須賀駅 - 横須賀中央駅 - 衣笠十字路 - 長井 - 三崎口駅 - 三崎東岡 - 三崎港
  • 須8: 横須賀駅 - 横須賀中央駅 - 衣笠十字路 - 長井 - 三崎口駅(衣笠営業所との共管路線。衣笠の担当は平日朝、横須賀駅→三崎口駅:1便、三崎口駅→横須賀駅:数便に限られる。)
    • 1970年12月1日: 横浜駅 - 三崎間の急行バス(1949年2月1日開通)を横須賀駅 - 三崎に短縮して運行を開始。
      (当時横須賀駅、大滝町、横須賀中央、税務署前、衣笠十字路、衣笠城址、一騎塚、林、長井、宮田、三崎口駅、引橋、油壺入口 - 三崎公園(現三崎港)まで各停留所と椿の御所 - 城ヶ島間の各停留所)
    • 1986年4月5日: 横須賀駅 - 城ヶ島間急行バス廃止。

三崎口線編集

上記の横須賀 - 三崎線とともに、三崎口駅から三崎港方面へのアクセスとして利用されるほか、三浦市中心部の地域輸送も担うことから三浦市民の重要な足となっている。三9系統については、1月1日に限り、初日の出参りの利便を図るため、始発の繰り上げを行う。

2017年5月27日京急油壷マリンパーク正門前にバス停が新設され、三4・東14・東15・東16・東17系統が油壺 - 京急油壷マリンパークの1区間延伸された[2][3]。(朝・夕方・特定日は、一つ手前の油壺バス停折り返し。)

  • 三4: 三崎口駅 - 引橋 - 油壺 - 京急油壺マリンパーク
  • 三5: 三崎口駅 - 引橋 - 三崎東岡
  • 三7: 三崎口駅 - 引橋 - 三浦市立病院
  • 三8: 三崎口駅 - 引橋 - 三崎東岡 - 三崎港 - 通り矢
  • 三9: 三崎口駅 - 引橋 - 三崎東岡 - 三崎港 - 城ヶ島
  • 三26: 三崎口駅 - 引橋 - 三崎東岡 - 三崎港
  • 東14(急行): 城ケ島 - 三崎港 -(この間無停車)- 油壺 - 京急油壺マリンパーク
  • 東15(直行): 京急油壺マリンパーク → 油壺 →(この間無停車)→ 三崎港
  • 東16: 京急油壺マリンパーク - 油壺 - 三崎東岡 - 三崎港 - 城ヶ島
  • 東17: 京急油壺マリンパーク - 油壺 - 三崎東岡
  • 東18: 三崎東岡 - 三崎港 - 通り矢
  • 東19: 三崎東岡 - 日ノ出 - 城ヶ島
    • 1949年6月24日: 三崎 - 油壺間の運行を再開。
    • 1978年2月1日: 三崎口駅バスターミナル完成により、長井 - 油壺・長井 - 城ヶ島を三崎口駅 - 油壺・城ヶ島に変更短縮。
    • 1987年4月6日: 三崎口駅 - 通り矢の運行を開始。
    • 2015年9月19日: 東14、東15系統を新設。
    • 2017年5月27日: 三4、東14、東15、東16、東17系統を、京急油壺マリンパークまで延伸。

浜諸磯線編集

  • 三61: 三崎口駅 - 引橋 - 三崎東岡 - 三崎港 - 海外 - 浜諸磯
  • 東62: 三浦市立病院 - 三崎東岡 - 三崎港 - 海外 - 浜諸磯
  • 東63: 三崎東岡 - 三崎港 - 海外 - 浜諸磯
    • 1953年7月21日: 三崎 - 国民健康保険組合病院間の運行を開始。
    • 1959年8月4日: 三崎公園 - 海外 - 浜諸磯間の運行を開始。
    • 1961年9月1日: 三崎 - 国保病院を海外まで延長。
    • 1963年月1日: 海外 - 市内循環線の運行を開始。
    • 1974年3月1日: 三崎公園-浜諸磯を三崎東岡-市役所前-三崎公園-海外-浜諸磯-三崎東岡の循環線に変更。
    • 2006年5月10日: 市内循環線を廃止し、浜諸磯線を新設。

なお、廃止区間の浜の原 - 天神町間に白須と海外入口の停留所があったが現在では、学1スクールバス専用になっている。

長井線・荒崎線編集

開設当時は衣笠営業所の所管だったが、利便性向上の為1987年より三崎営業所所管となった。衣笠営業所で運行していた時代は朝方に衣笠十字路 - 長井 - 荒崎行があり、乗客を乗せたまま長井操車場内でバックし荒崎に向かっていた。

  • 三12: 三崎東岡 - 三崎口駅 - 長井 - 荒崎
  • 三13: 三崎東岡 - 三崎口駅 - 長井
  • 三21: 三崎口駅 - 長井
  • 三22: 三崎口駅 - 長井 - 荒崎
  • 三51: 三崎東岡 - 三崎口駅 - 長井 - ソレイユの丘 - 荒崎
  • 三52: 三崎口駅 - 長井 - ソレイユの丘 - 荒崎
  • 三53: 三崎東岡 - 三崎口駅 - 長井 - ソレイユの丘(三崎口駅 - ソレイユの丘間は、長井のみ停車の急行運転)
  • 三54: 三崎口駅 - 長井 - ソレイユの丘(長井のみ停車の急行運転)
  • 三55: 三崎東岡 - 三崎口駅 -(直行) - ソレイユの丘
  • 三56: 三崎口駅 -(直行) - ソレイユの丘
    • 1949年12月25日: 長井 - 漆山間の運行を再開。
    • 1957年7月1日: 長井 - 漆山を荒崎まで延長。
    • 1984年4月2日: 三崎口駅 - 長井の運行を開始。
    • 1987年4月6日: 三崎東岡・三崎口駅 - 荒崎を運行開始、長井 - 荒崎線を衣笠営業所より移管。
    • 2005年4月29日: 長井海の手公園 ソレイユの丘が開園し、同園への路線が開業。
    • 2008年3月15日: ソレイユの丘へ新道を経由する直行バス三55・三56の運行を開始。

横須賀市民病院線編集

三浦初声地区から横須賀市立市民病院の利便を図るため、1987年4月6日に新設された路線。同様に三崎地区から神奈川県立大楠高等学校に通学する生徒でにぎわう。

  • 三10: 三崎港 - 三崎東岡 - 三崎口駅 - 長井 - 横須賀市民病院
  • 三11: 三崎東岡 - 三崎口駅 - 長井 - 横須賀市民病院
  • 三24: 三崎口駅 - 長井 - 横須賀市民病院

三戸海岸線編集

三崎口駅から相模湾岸の三戸海岸を結ぶ短い路線である。終点の三戸海岸停留所は周りを畑に囲まれた高台に存在し、海岸までは徒歩で10分ほどである。過去には三崎港、東岡など三浦市の中心部や長井からも路線が設定されていたものの、利用客減少などもあってか、現在では三崎口駅発のみの運行となっている。

なお、一般路線としては平日三崎口駅15時25分発の1本だけであるが、スクールバスとしての運転があり三戸海岸発の運行も行われている。バス停にも「スクール」という表記でバスが通る旨が記されている。

  • 三14: 三崎口駅→三戸海岸
    • 1962年4月16日: 三崎公園 - 三戸海岸間の運行を再開する。
    • 1986年6月9日: 三崎港 - 三戸海岸線・三崎東岡 - 三戸海岸線を三崎口駅経由に変更する。
    • 2002年2月1日: 三崎東岡 - 三戸海岸・長井 - 三戸海岸を廃止、三崎港 - 三戸海岸を三崎口駅 - 三戸海岸に短縮。

三浦海岸線編集

大正時代に開設された浦賀 - 三崎線の流れを汲み、京急久里浜線が三浦海岸駅まで延伸された当時は三浦市の中心市街と京急線を結ぶ路線として活況を呈した。三崎口駅の開業後はその役目を三崎口線に譲り、現在は三浦海岸駅周辺地区と三浦市中心部を結ぶ路線として地域輸送に徹している。

  • 海30: 三浦海岸駅 - 引橋 - 三崎東岡
  • 海31: 三浦海岸駅 - 引橋 - 三崎東岡 - 三崎港

剱崎線編集

三浦海岸駅から三浦市東部の沿岸部、剱崎周辺を経由して三崎へと到る。起終点付近を除き、沿線では唯一の公共交通機関である。

  • 海34: 三浦海岸駅 - 高抜 - 剱崎
  • 海35: 三浦海岸駅 - 高抜 - 剱崎 - 毘沙門 - 三崎港 - 三崎東岡
    • 1950年10月1日: 上宮田 - 松輪間の運行を開始。
    • 1953年7月27日: 上宮田 - 松輪を剱埼灯台まで延長。
    • 1956年2月10日: 三崎 - 毘沙門 - 松輪(観音塚)間の運行を開始。
    • 1956年7月: 浦賀駅 - 上宮田 - 剱崎を三崎まで延長。
    • 1966年7月: 三浦海岸駅の開業に伴い同駅に乗り入れ、浦賀・久里浜方面への直通を廃止。
    • 1972年4月1日: 剱崎 - 燈台間の運行を廃止。

割引切符の通用範囲編集

京浜急行電鉄発行の割引乗車券のうち、みさきまぐろきっぷは三崎口線・三浦海岸線・剱崎線・浜諸磯線の全線、横須賀三崎線と長井線は三崎口駅以南の区間で乗車が認められる。三浦半島1DAY・2DAYきっぷは、三戸海岸線を除いた全所管路線で利用できる。

廃止路線編集

  • 長浜1: 三崎口駅 - 和田 - 長浜海岸
    昭和50年代から平成初期にかけて夏期のみ運転。和田-長浜海岸に和田城址という停留所もあった。
  • 大浦1: 三浦海岸駅 - 大浦海岸(直行)
    昭和後期から平成初期にかけて夏期のみ運転。

車両編集

かつてはブルーリボンのような、日野自動車製の大型路線バスが継続して納入された。その後は、京浜急行バスの方針転換により投入車種は大きく変更される。手始めに、サイズダウン化が進んだため中型車の日野・レインボーや小型車の日野・リエッセが投入される。レインボーは全車ワンステップだったが全車廃車となり、リエッセもG4114号車が1台だけであったが、後に逗子営業所へと転出した。さらに社全体としてのメーカー選択も改められ、中型系ロングサイズのワンステップバスUDトラックス(旧:日産ディーゼル)から中型ロング車のスペースランナーJP集中投入となった時期があったが、経年除籍が相次ぎ現在は2台だけ残っている。そして現在は再び大型車の投入が続けられているが、京浜急行バスは大型路線バスにはいすゞ自動車製を集中的に投入しており、同車の比率が高まっている。一方で、日野自動車製の車両は現在でも投入されているが、いすゞ自動車製の車両との統合車種となったため、外観での区別は難しくなった。かつては久里浜営業所から転属した日野・ブルーリボンシティ長尺ワンステップ車(中扉は4枚折戸)も配置されていたが、これも廃車となった。現在は前述のスペースランナーJP2台を除いてジェイ・バス製の車両がメインで、大型車はいすゞ・エルガ日野・ブルーリボンIIまたは日野・新型ブルーリボン、中型車はいすゞ・エルガミオ日野・レインボーIIが在籍している。

車両はワンステップバスまたはノンステップバスが在籍する。三浦市では2013年度にノンステップバスの助成金制度が確立され、今後は2016年度にかけて毎年3台ずつ計12台のノンステップバスが導入される見込みである。[4]また、リムジンバス等の観光系のバスの在籍はない。貸切車は京急観光バスから東洋観光を経て移籍してきた三菱ふそう・エアロバスのSG6379号車が在籍している。

脚注編集

  1. ^ 『三崎町史 上巻(明治大正編1)』(内海延吉)参照
  2. ^ 油壷ゆきの延伸および三浦市内系統の一部ダイヤ改正について”. 京浜急行バス (2017年5月19日). 2017年5月22日閲覧。
  3. ^ 油壷発着の京急バス、「京急油壷マリンパーク」まで路線を延長”. 乗りものニュース (2017年5月17日). 2017年5月22日閲覧。
  4. ^ 平成25年度三浦市生活交通改善事業計画(バリアフリー化設備等整備事業)(案)に関するパブリックコメントについて

外部リンク編集