メインメニューを開く

京滋大学野球連盟(けいじがくせいだいがくやきゅうれんめい、英語表記はKEIJI UNIVERSITY BASEBALL LEAGUE)とは、京都と滋賀に所在の大学の硬式野球部で構成された大学野球リーグであり、全日本大学野球連盟傘下である。

京滋大学野球連盟
創立 1982
参加チーム 12
日本の旗 日本
前回優勝 1部:佛教大学(52回目)
2部:滋賀大学(21回目)
最多優勝 1部:佛教大学(52回)
2部:滋賀大学(21回)

目次

略史編集

大別すると以下の4期に分けられる

戦前・戦中編集

1928年、京都大学専門学校野球連盟から旧制大学が独立し、大谷大学京都府立医科大学[1]京都帝国大学立命館大学龍谷大学の5大学で京都五大学野球連盟を設立する。その後1930年、立命館大学が3校対抗戦へ加わる形で関西四大学野球連盟(関西大学、京都帝国大学、同志社大学、立命館大学)へ移籍

近畿地区大学野球連盟期編集

戦後の学制改革による新制大学の誕生に伴い1947年には全国新制大学野球連盟が発足したが、後に京滋大学野球連盟に参加するチームは、当初は全国新制大学野球連盟内の近畿・中国・四国地区に含まれていた。1950年には京都学芸大学(現在の京都教育大学)の呼びかけで京都六大学野球連盟が設立。それが1952年の全日本大学野球連盟発足にともない移行し、1953年には全日本大学野球選手権大会の代表枠が近畿地区として独立したことで、近畿大学野球連盟と共に近畿地区大学野球連盟の配下に組み込まれた。なお1956年滋賀大学が加盟したのを機に京滋大学野球連盟へ改称している。

連合結成期編集

関西六大学野球連盟(旧連盟)と合併し関西大学野球連合を組織。旧近畿地区の一員として下部を構成。京滋大学野球連盟の優勝校は、関西六大学リーグとの入れ替え戦への代表決定戦に出場。

連合解体・独立後編集

関西大学野球連合を解散。全日本大学野球選手権へ代表権に関しては京滋大学野球連盟として独立したが、連合解体直後から当面は、5リーグでの関西地区としての枠を争う形で割り当てられる。数年後には全国の再編成に伴い、関西地区各連盟と共に各連盟1代表の単独枠を獲得。

沿革編集

※関連団体についても併記

発足まで編集

近畿地区大学野球連盟期編集

  • 1952年 全国大学野球連盟と全国新制大学野球連盟が合併し全日本大学野球連盟が発足。京都六大学野球連盟は近畿・中国・四国地区に編入。
  • 1953年 全日本大学野球選手権大会の代表枠において、近畿地区が独立。近畿地区大学野球連盟の傘下に編入。
  • 1954年 京都学芸大学が連盟代表としては初の全日本大学野球選手権大会に近畿地区代表として出場。
  • 1956年 滋賀大学が加盟。名称を京滋大学野球連盟に改める。
  • 1959年 5月から西京大学が京都府立大学に校名を変更して出場。

関西連合期編集

  • 1962年 近畿地区と関西六大学野球連盟が合併し関西大学野球連合を結成。旧近畿地区各連盟の3連盟は並列の形で下部を形成。京滋の優勝校は関大六大学リーグ最下位校との入れ替え戦に出場する為の代表決定戦に出場。同年秋に京都大学が関西六大学リーグから降格して京滋リーグに所属。
  • 1963年 春季に龍谷大学が連盟代表として初の入れ替え戦を突破し、関西六大学リーグに昇格。
  • 1966年 4月から京都学芸大学が京都教育大学に校名を変更して出場。
  • 1967年 春季に立命館大学が関西六大学リーグから降格して京滋リーグに所属。同年秋には再び関西六大学リーグに昇格。京都産業大学が加盟。
  • 1968年 春季に立命館大学が関西六大学リーグから降格して京滋リーグに所属。同年秋には再び関西六大学リーグに昇格
  • 1969年 春季に立命館大学が関西六大学リーグから降格して京滋リーグに所属。
  • 1970年 佛教大学が加盟。
  • 1971年 秋季に龍谷大学が関西六大学リーグから降格して京滋リーグに所属。京都学園大学が加盟。
  • 1973年 春季に京都産業大学が関西六大学リーグに昇格。
  • 1974年 春季に京都産業大学と立命館大学が入れ替わり、京都産業大学は京滋に降格。立命館大学が関西六大学に昇格。
  • 1981年 秋季に立命館大学と京都産業大学が入れ替わり、立命館大学は京滋に降格。京都産業大学が関西六大学に昇格。

連合解散以後編集

連合解散以後のチーム数の変遷はこちらに記載
  • 1982年 関西大学野球連合が解体。それまで下部を構成していた他の2連盟とともに下部組織から独立。同時に関西地区全体の再編が行なわれ、連合解散直後に京滋リーグに所属していた龍谷大学、京都大学、立命館大学が脱退[2]。また春秋の全国大会への代表枠は再編後の関西地区5連盟で1代表を争う形に変更。
  • 1983年 全日本大学野球選手権大会の関西地区の出場権が2つに確定。
  • 1989年 全日本大学野球選手権大会の関西地区の出場権が3つに拡大。
  • 1990年 佛教大学が連合解散後の連盟代表として初の全日本大学野球選手権大会に出場。
  • 1991年 全日本大学野球選手権大会の出場枠再編成に伴い単独出場権を獲得。
  • 1994年 関西地区大学野球5リーグ対抗戦を開始。
  • 2005年 秋季に行なわれる明治神宮野球大会において関西地区の代表枠が1校増の2枠に拡大。

チーム数の変遷(連合解散以降)編集

年・期 全チーム数 1部 2部 備考
1982年春季 11 6 5 関西大学野球連合解散により京滋大学野球連盟が独立
1993年春季 12 6 6 花園大学が加盟
1995年春季 11 6 5 滋賀県立短期大学が脱退
1995年秋季 12 6 6 成安造形大学が加盟
1996年春季 12 6 6 京都府立医科大学が脱退
滋賀県立大学が加盟
1997年春季 11 6 5 成安造形大学が脱退
2003年春季 12 6 6 京都創成大学が加盟
2004年秋季 13 6 7 びわこ成蹊スポーツ大学が加盟
2019年春季 12 5 7 福知山公立大学が脱退

運営方法編集

構成編集

加盟校数の関係から前シーズンの成績を基にした各部6校を基本に1部と2部に分けたブロック運営を行なっている。 最上位リーグを1部リーグ、下位リーグを2部と称する。

対戦方法編集

春季と秋季にそれぞれリーグ戦を実施。また各シーズン終了後に各部の間で入れ替え戦を実施する。

1部編集

春秋共に2戦先勝方式の総当たりによる勝ち点制。(引き分けは再試合)


佛教大-京都学園大の2校が優勝を争うことが多く、最終週にわかさスタジアムでカードが組まれると「佛学戦」と称して両校応援団を含む動員を行う。ナイター開催もあり、この模様は地元のKBS京都で放送されることもある。

2部編集

春秋共に2回戦総当たりによる勝率制。(但し引き分けは再試合)

2戦先勝方式編集

同一の対戦校に対して先に2勝したチームがその相手校との対戦に勝利したとして対戦を終了する。(1勝1敗の場合は第3戦を行い決着を付ける。)

順位決定方法編集

勝ち点制編集

  • 同一対戦校に勝ち越した場合に勝ち点1を獲得し、勝ち点が多い方が上位。勝ち点が同じ場合は全体の勝率比較によって順位を決定。
  • 勝ち点も勝率も同じ場合は、優劣の決定が必要な場合に限り決定戦(プレイオフ)を行なう。
  • 決定戦の成績はリーグ戦の成績に加算しない。

勝率制編集

当該チームの全勝数を引き分け試合を除いた全試合数で割ったもの。その数値が高いチームを上位とする。

入れ替え戦編集

各部のリーグ戦の終了後に上位リーグの最下位校と下位リーグの優勝校との間で対戦を組み、勝者チームを次シーズンの上位リーグの所属とする。(敗者チームは次シーズンは下位リーグ所属となる。) 対戦方法は2戦先勝方式

なお、関西連合時代の京滋大学リーグでは、当該リーグを含めた下部リーグの優勝校は、関西六大学リーグとの入れ替え戦を行なう為に下部3連盟間との出場校決定戦に出場していた。実施状況については近畿学生野球連盟記事の入れ替え戦の節に詳細についての記述があるので参照の事。

試合会場編集

1部はわかさスタジアム京都はメイン会場として開幕戦、最終カード(主に佛教大と京都先端科学大の上位2校が対戦するケースが多い)、山城総合運動公園太陽ケ丘野球場、佛教大学園部キャンパス野球場、守山市民球場、草津グリーンスタジアム、また2部を含めて滋賀県立大学野球場、彦根市民球場、京都学園大学野球場を利用している。

歴代優勝編集

歴代優勝チーム・入れ替え戦の結果編集

平成以降の成績[3]

開催年 1部優勝 1部・2部入れ替え戦
1部最下位 2部優勝
1989春 大谷大学 最下位校不明 滋賀大学(注1)
1989秋 佛教大学 京都府立大学● 京都工芸繊維大学○
1990春 佛教大学 滋賀大学○ 京都外国語大学●
1990秋 佛教大学 京都工芸繊維大学● 京都府立大学○
1991春 佛教大学 京都府立大学● 京都工芸繊維大学○
1991秋 佛教大学 京都工芸繊維大学● 京都外国語大学○
1992春 佛教大学 滋賀大学○ 京都府立大学●
1992秋 佛教大学◎ 滋賀大学○ 京都府立大学●
1993春 佛教大学 京都外国語大学● 京都府立大学○
1993秋 佛教大学 京都府立大学○ 花園大学●
1994春 佛教大学 滋賀大学○ 京都外国語大学●
1994秋 佛教大学 京都府立大学● 花園大学○
1995春 佛教大学 滋賀大学○ 京都工芸繊維大学●
1995秋 佛教大学 花園大学● 京都工芸繊維大学○
1996春 佛教大学 京都工芸繊維大学● 花園大学○
1996秋 佛教大学 滋賀大学○ 京都府立大学●
1997春 佛教大学 花園大学○ 京都工芸繊維大学●
1997秋 京都学園大学 滋賀大学● 京都工芸繊維大学○
1998春 京都教育大学 京都工芸繊維大学● 滋賀大学○
1998秋 佛教大学 滋賀大学○ 京都工芸繊維大学●
1999春 佛教大学 滋賀大学● 京都工芸繊維大学○
1999秋 大谷大学 京都工芸繊維大学● 京都外国語大学○
2000春 佛教大学 京都外国語大学● 滋賀大学○
2000秋 佛教大学 滋賀大学● 京都外国語大学○
2001春 京都学園大学 京都外国語大学○ 滋賀大学●
2001秋 佛教大学 京都外国語大学○ 京都薬科大学●
2002春 佛教大学 京都外国語大学● 滋賀大学○
2002秋 佛教大学 滋賀大学○ 京都工芸繊維大学●
2003春 佛教大学 滋賀大学○ 京都工芸繊維大学●
2003秋 佛教大学 大谷大学● 京都創成大学○
2004春 佛教大学 京都創成大学● 大谷大学○
2004秋 佛教大学◎ 京都教育大学○ 京都創成大学●
2005春 佛教大学 京都教育大学● びわこ成蹊スポーツ大学○
2005秋 佛教大学 滋賀大学○ 京都教育大学●
2006春 京都学園大学 滋賀大学● 京都創成大学○
2006秋 佛教大学 びわこ成蹊スポーツ大学○ 京都府立大学●
2007春 佛教大学 花園大学○ 滋賀大学●
2007秋 佛教大学 びわこ成蹊スポーツ大学○ 京都教育大学●
2008春 佛教大学 京都創成大学○ 滋賀大学●
2008秋 佛教大学◎ 京都創成大学○ 京都外国語大学●
2009春 佛教大学 京都創成大学● 京都教育大学○
2009秋 佛教大学◎ 京都教育大学○ 京都創成大学●
2010春 佛教大学 びわこ成蹊スポーツ大学● 成美大学○
2010秋 京都学園大学 花園大学○ 滋賀県立大学●
2011春 京都学園大学 花園大学○ 滋賀大学●
2011秋 佛教大学◎ 京都教育大学● びわこ成蹊スポーツ大学○
2012春 京都学園大学 大谷大学○ 滋賀大学●
2012秋 京都学園大学◎ 花園大学○ 京都教育大学●
2013春 京都学園大学 大谷大学○ 滋賀大学●
2013秋 京都学園大学 花園大学● 京都教育大学○
2014春 佛教大学 京都教育大学● 花園大学○
2014秋 佛教大学 花園大学○ 京都教育大学●
2015春 京都学園大学 花園大学○ 京都教育大学●
2015秋 京都学園大学 花園大学○ 京都教育大学●
2016春 花園大学 大谷大学○ 京都教育大学●
2016秋 京都学園大学 大谷大学● 京都教育大学○
2017春 京都学園大学 福知山公立大学● 大谷大学○
2017秋 佛教大学 京都教育大学● 滋賀大学○
2018春 京都学園大学 大谷大学● 京都教育大学○
2018秋 佛教大学 滋賀大学● 福知山公立大学○
2019春
  • (注1):1部最下位校は不明だが2部優勝の滋賀大学が1部に昇格した。

リーグ優勝回数編集

2018年春季リーグ終了時点

1部リーグ

優勝回数 大学
53 佛教大学
18 京都産業大学
京都教育大学(旧:京都学芸大学)
16 京都先端科学大学
12 龍谷大学
9 京都大学
4 立命館大学
3 京都薬科大学
大谷大学
1 花園大学

2部リーグ

優勝回数 大学
21 滋賀大学
17 京都工芸繊維大学
16 京都外国語大学
15 京都府立大学(旧:西京大学)
12 大谷大学
京都教育大学
7 京都薬科大学
5 成美大学(旧:京都創成大学、現:福知山公立大学
4 花園大学
3 京都府立医科大学
2 龍谷大学
佛教大学
びわこ成蹊スポーツ大学
1 京都産業大学
京都学園大学(現・京都先端科学大学)
京都大学
滋賀県立大学

全国大会成績編集

※大学選手権=全日本大学野球選手権大会出場回数、神宮大会=明治神宮大会出場回数。(大学選手権と神宮大会の実績はリーグ発足以前も含む)

学校 最終出場大会 全国大会
合計出場回数
大学選手権 神宮大会 備考
佛教大学 2014年
大学選手権
24 19 5 明治神宮大会ベスト4:2回
京都先端科学大学 2018年
大学選手権
9 8 1
京都教育大学 1998年
大学選手権
2 2 0
花園大学 2016年
大学選手権
1 1 0

加盟大学編集

(2019年度春季リーグ戦開始時点)

1部リーグ編集

2部リーグ編集

かつて加盟していたことがある大学編集

関西大学野球連合時編集

  • 京都産業大学(旧関西六大学野球連盟昇格経験組。1973年秋季~1974年春季の間、旧関西六大学野球連盟に昇格。1974年秋季以降、再び京滋リーグに戻っていた。1981年秋の入替戦で立命館大学に勝利し旧関西六大学野球連盟に昇格したが、その年末のリーグ再編に伴い旧関六での試合を再び行うことなく、新関西六大学野球連盟側に加盟。)
  • 龍谷大学(旧関西六大学野球連盟昇格経験組。1963年秋季~1971年秋季まで旧関西六大学野球連に昇格。旧関六での優勝経験もある。1982年のリーグ再編に伴い京滋リーグを脱退し新関西六大学野球連盟に加盟。)
  • 立命館大学(旧関西六大学野球連盟からの降格組。1967年秋季・1968年秋季・1969年秋季~1974年春季に京滋リーグに降格加盟。旧関六への復帰と京滋リーグへの降格を何度も繰り返したが、1981年の秋の入替戦に敗れ京滋リーグに降格したことが、その年の暮の関西大学野球連合解体の引き金となる。1982年のリーグ再編に伴い、京滋リーグを脱退し関西学生野球連盟に加盟。)
  • 京都大学(旧関西六大学野球連盟からの降格組。降格直後の1963年春から1966年秋まで8季連続優勝するなど、京滋リーグ加盟直後は優勝の常連校となったが、関六との入替戦出場決定戦にはすべて敗れ、旧関六への復帰は一度もなかった。1982年のリーグ再編に伴い京滋リーグを脱退し関西学生野球連盟に加盟。)

関西大学野球連合解体後編集

脚注編集

  1. ^ 当時の京都五大学野球連盟に所属していた医科大学は、京都府立医科大学ではなく京都帝国大学医学部のこと(帝大に統合前は「京都医科大学」)ではないかとの説もあるが、いずれも否定・肯定の決め手となる確証が現状では得られていない。なお、京都府立医科大学の硬式野球部は廃部になり現存していないが、廃部前には京滋大学野球連盟に加盟していた。。
  2. ^ 龍谷大学が関西六大学野球連盟へ、京都大学・立命館大学が関西学生野球連盟へ移籍
  3. ^ それ以前のリーグ創設時から昭和までの優勝チーム・順位・入れ替え戦の結果は下記を参照。
    京滋大学野球連盟 一部リーグ歴代優勝校(全国大学野球総合情報サイト大学野球~神宮への道~)
    京滋大学野球連盟 二部リーグ歴代優勝校(全国大学野球総合情報サイト大学野球~神宮への道~)

関連項目編集