京王八王子駅

東京都八王子市にある京王電鉄の駅

京王八王子駅(けいおうはちおうじえき)は、東京都八王子市明神町三丁目にある、京王電鉄京王線。京王線の終着駅である。駅番号KO34

京王八王子駅
Keio-Hachioji station central.jpg
中央口と駅ビル(2007年6月17日)
けいおうはちおうじ
Keiō-hachiōji
KO33 北野 (1.8km)
所在地 東京都八王子市明神町三丁目27番1号
駅番号 KO34
所属事業者 京王電鉄
所属路線 京王線
キロ程 37.9km(新宿起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
58,124人/日
-2019年-
開業年月日 1925年大正14年)3月24日
乗換 八王子駅
東日本旅客鉄道(JR東日本)
1963年 現在地に移転・東八王子駅から改称
テンプレートを表示

京王八王子駅
配線図
2 1


STRg STRf
KRWgl+l KRWgr+r
STR+BSl STR+BSr
ENDEe+BSel ENDEe+BSer

概要編集

当駅はJR八王子駅に乗り換える人も少なくないが、そこから北東に約400メートル(徒歩で5分ほど)離れており、通常乗り換え案内は行われない(京王電鉄の路線図では接続路線としてJR線の記載がある[1])。

地上は駅ビル京王八王子ショッピングセンターである。

なお、かつてはJR八王子駅前(北口の京王プラザホテル八王子がある場所)まで乗り入れる計画が存在したが実現しなかった(後述)。

歴史編集

1925年大正14年)3月24日に玉南電気鉄道の終点の東八王子駅として、八王子市明神町の甲州街道沿いに開業した。駅名は国鉄省線八王子駅の側にあったことに由来する。翌 1926年(昭和元年)12月27日に玉南電気鉄道が京王電気軌道に合併されたことにより京王電気軌道の駅となり、新宿駅への直通運転が開始された。

東八王子駅時代、八王子市内を走っていた路面電車武蔵中央電気鉄道線が現存していた頃は、駅前の甲州街道上の停留場から高尾山方面へ乗り換えて行くことができた。終着の高尾橋停留場は高尾登山電鉄ケーブルカーの清滝駅から数分のところにあった。

1927年(昭和2年)12月13日京王御陵線の軌道特免許が下りる。京王御陵線建設の際には2つのルート案があり、一つは当時の東八王子駅(現・京王八王子駅)を高架化した上で八王子市街地北部と同市横川町付近を経由し、多摩御陵付近へ京王線を延伸する「北回り案」、もう一つは北野駅から分岐して片倉町を経由し、国鉄中央本線と甲州街道を高架オーバークロスして多摩御陵付近へ至る「南回り案」であった。

八王子市街中心部を経由する北回り案に対しては、八王子市議会が「市街地が鉄道路線で分断される」との理由で反対した。京王はこれに対し「中心市街地の活性化にもなる」と主張したが、市議会は京王の主張を受け入れず、東八王子駅の廃止を要求した上、中央本線の交差部から北東に向かい大和田橋付近から浅川沿いに西進するという対案を主張した。このため京王御陵線は北野駅を起点に片倉駅(現・京王片倉駅)経由で多摩御陵前駅へ至る南回り案で建設された[2]

京王電気軌道は戦時統合により、1944年(昭和19年)5月31日東京急行電鉄大東急)に併合され、東八王子駅も東急京王線の駅となった。翌1945年昭和20年)8月2日八王子空襲では駅舎を焼失した。大東急の戦後復興計画の最重点項目の一つに国鉄八王子駅への乗り入れが挙げられ、同駅北口の東側に駅用地が確保された。1948年(昭和23年)に東急から京王が分離独立した後も駅用地は京王が保有していた[3]

1963年(昭和38年)12月11日には八王子市の都市計画に従い、北野寄りに200メートル移転を余儀なくされている。この際に駅名を京王八王子駅に改称した。

1989年平成元年)4月2日には京王八王子駅が地下化され[4]、同年12月20日には駅前に京王八王子高速バスターミナルも整備された[5]2007年4月1日廃止)。また駅地下化に伴い地上部分に駅ビルが建設され、1994年(平成6年)9月15日に「KEIO21」として開業、1999年3月27日に現在の京王八王子ショッピングセンターに改称された。なおこのショッピングセンター開業の際には、1960年代から1970年代にかけての八王子駅周辺への百貨店進出のときほどの激しい反対運動はなかったものの、地元商店会などの要望により取り扱い品目を限定せざるを得なかった[6]

JR八王子駅北口の駅用地は、暫定的に1992年(平成4年)まで京王帝都電鉄バス八王子営業所として使用していたが、最終的に乗り入れ計画が断念されたため、同年3月25日にバス営業所を現在地の長沼町へ移転[7]、駅用地に京王プラザホテル八王子を建設して1994年(平成6年)9月9日に開業した。

当駅の地下化後は、八王子市議会は主張を一転し、当駅から甲州街道の地下に京王線を延伸して商店街衰退の著しい横山町・八日町の活性化につなげてほしいという意見を出してきたが[8]、京王側は採算が取れないとして難色を示した[6]。これは地下化後の当駅が中間駅構造ではなく北方を向いた頭端駅構造となったため、延伸には駅構造の大幅な改造を伴い工事に多大なコストがかかることも理由となる。

年表編集

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有する地下駅であり、ターミナル駅特有の頭端式構造が採られている。線路は構内で途切れており過走余裕もないため、列車到着時は京王線新宿駅同様にゆっくりと入線する。

ホームは地下2階にあり、車止め正面に2か所ある改札口のうちの西口がある。中央口および駅事務室は地下1階にある。トイレ(だれでもトイレ併設)は中央口改札内と西口改札外にある。

京王電鉄の他の駅と同様、反転フラップ式発車標が長い間使われてきたが、2005年夏頃にLED式発車標に更新された。なお中央改札口の発車標は一時的に液晶ディスプレイによる発車案内が行われていたが、LED式発車標の設置完了後に撤去された。

2011年11月16日からは、地元八王子市出身のロックバンドFUNKY MONKEY BABYSの楽曲をオルゴールアレンジしたものが接近メロディとして使用されている。1番線が「ヒーロー」、2番線が「あとひとつ」である[11]

のりば編集

番線 路線 行先
1・2   京王線 府中明大前笹塚新宿  都営新宿線方面
  • 日中は準特急(土休日は特急)と各駅停車が1時間当たり6本(概ね10分間隔)、交互に設定されている。
  • 各駅停車は次の北野駅で高尾山口駅始発の特急(土休日は準特急)・急行列車に、また特急・急行列車は各駅停車に接続する(一部の列車を除く)。
  • 10両編成1本の夜間滞泊が設定されており、京王八王子行き特急の最終列車が到着後に留置され、翌朝の特急新宿行き始発に使用される。

利用状況編集

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員58,124人[12]、京王電鉄の八王子市内の駅では南大沢駅に次ぐ第2位である。

近年の1日平均乗降人員及び乗車人員の推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[13]
年度 1日平均
乗降人員[14]
1日平均
乗車人員[15]
出典
1948年(昭和23年) [16]3,800
1955年(昭和30年) 4,542
1960年(昭和35年) 8,212
1965年(昭和40年) 20,175
1970年(昭和45年) 29,579
1975年(昭和50年) 38,581
1980年(昭和55年) 55,297
1985年(昭和60年) 64,253
1987年(昭和62年) [17]67,378
1990年(平成02年) 63,369 32,151 [* 1]
1991年(平成03年) 32,735 [* 2]
1992年(平成04年) 31,871 [* 3]
1993年(平成05年) 31,342 [* 4]
1994年(平成06年) 31,364 [* 5]
1995年(平成07年) 61,137 31,066 [* 6]
1996年(平成08年) 30,638 [* 7]
1997年(平成09年) 58,901 29,984 [* 8]
1998年(平成10年) 59,464 30,490 [* 9]
1999年(平成11年) 59,151 30,090 [* 10]
2000年(平成12年) 57,426 29,140 [* 11]
2001年(平成13年) 57,605 29,203 [* 12]
2002年(平成14年) 57,532 29,186 [* 13]
2003年(平成15年) 58,563 29,675 [* 14]
2004年(平成16年) 58,941 29,885 [* 15]
2005年(平成17年) 59,676 30,375 [* 16]
2006年(平成18年) 59,365 30,290 [* 17]
2007年(平成19年) 59,745 30,005 [* 18]
2008年(平成20年) 59,766 29,975 [* 19]
2009年(平成21年) 58,983 29,515 [* 20]
2010年(平成22年) 58,366 29,159 [* 21]
2011年(平成23年) 57,428 28,590 [* 22]
2012年(平成24年) 57,645 28,726 [* 23]
2013年(平成25年) 58,578 29,153 [* 24]
2014年(平成26年) 57,675 28,693 [* 25]
2015年(平成27年) 59,083 29,317 [* 26]
2016年(平成28年) 58,782 29,164 [* 27]
2017年(平成29年) 59,375 29,444 [* 28]
2018年(平成30年) 59,486
2019年(令和元年) 58,124

駅周辺編集

中央口編集

西口編集

国道20号(甲州街道)に近く、朝夕は都立南多摩中等教育学校の生徒の利用が目立つ。以前は22時以降は利用できなかったが、2006年6月頃より初電から終電まで利用可能になった。

バス路線編集

京王八王子バスターミナル
京王八王子駅バスターミナル乗り場

路線バスは、京王電鉄バス京王バス南西東京バスにより運行されている。なお、路線詳細は各事業者の営業所記事などを参照。

京王八王子駅
  • 1番乗り場(事業者の記載なきものは京王バス南
  • 2番乗り場(西東京バス)
    • 陣01:宝生寺団地行
    • 陣05:大久保行
    • 陣02:恩方営業所
    • 陣04:恩方ターミナル行
    • 元八03:日吉町経由高尾駅南口行
    • 元八04:市役所入口経由高尾駅南口行
    • 市11:松枝住宅行
    • 市12:横川町住宅行
  • 3番乗り場(西東京バス)
    • 八20:楢原町・川口小学校・今熊経由武蔵五日市駅
    • 秋01:神社前経由楢原町行
    • 秋02:川口小学校行
    • 秋03・八23:上川霊園行
    • 八24:今熊行(夕・夜間を除き帝京八王子高校を経由)
    • 八30:楢原町・秋川駅経由武蔵五日市駅行(昼・夕は戸吹湯ったり館、昼はサマーランドを経由)
    • 工01:工学院大学西経由楢原町行
    • 工02:工学院大学行(平日夕、土曜昼のみ)
    • 秋61:雨間経由秋川駅行
    • 秋62:イオンモール日の出
  • 4番乗り場(西東京バス)
    • 急行:純心学園行(平日土曜朝のみ)
    • ひ01:ひよどりトンネル・純心学園経由戸吹行
    • ひ02:ひよどりトンネル経由創価大学正門・東京富士美術館
    • ひ04:ひよどりトンネル経由創価大学循環
    • ひ06:拝島駅
    • ひ07:ひよどりトンネル経由秋川駅行
    • ひ08:戸吹スポーツ公園入口行
    • 左03:左入経由戸吹行
    • 16号11:みつい台行(平日は朝夕夜間のみ)
    • 16号06:馬場谷戸経由創価大学循環
    • 左01:左入経由純心学園行
    • 16号04:みつい台・創価大正門東京富士美術館・純心学園経由戸吹行(夜間のみ)
    • 暁21:中野団地行
    • い11:いちょうホール前経由みつい台行
    • バ01:バイパス大谷・石川経由宇津木台行
  • (5番乗り場は降車専用)
  • 6番乗り場
    • 八王子駅北口行(京王電鉄バス・西東京バス)
  • 7番乗り場(京王電鉄バス)
    • 豊56:豊田駅北口行
    • 日50:日野台経由日野駅
    • 八59:八王子工業団地行(平日朝夕のみ)
    • 八58:八王子工業団地経由日野駅行(平日夕のみ)
  • 8番乗り場(西東京バス)
    • 大01:北八王子駅入口・石川経由宇津木台行(平日朝夕のみ)
    • 大02:北八王子駅入口・東海大学八王子病院・石川経由宇津木台行
    • 大03:東海大学八王子病院
    • 大04:北八王子駅入口行
    • 大11:小宮駅入口経由日野駅行
  • 10番乗り場
  • 八王子ファーストスクエア南側付近
    • 八王子車庫行(京王電鉄バス)
    • 八王子駅北口行(京王電鉄バス)

2007年3月31日まで高速バス空港連絡バスは、駅西口出口付近にあった京王八王子高速バスターミナルから発着していた。

隣の駅編集

京王電鉄
  京王線
京王ライナー特急・準特急・急行・区間急行・快速・各駅停車
北野駅 (KO33) - 京王八王子駅 (KO34)
  • 急行と区間急行は上りのみ運転で、区間急行は東府中まで各駅に停車。快速は定期列車としての発着設定はない。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 路線図|京王グループ”. 京王電鉄. 2019年3月3日閲覧。
  2. ^ 『京王帝都電鉄25年史』による。
  3. ^ 『東京急行電鉄50年史』による。
  4. ^ a b 2016年京王ハンドブック:データ集「年表」 (PDF)”. 京王グループ (2016年3月31日). 2017年4月21日閲覧。
  5. ^ a b 京王電鉄50年史 第3部 第3章「バス事業の生き残りをかけて」1「乗りやすいバスづくり」京王グループ公式サイト
  6. ^ a b 高野誠二「都市整備事業の実施をめぐる都市内の政治権力構造 八王子市における旧中心商店街の活性化」『地理学評論』第78巻第11号、日本地理学会、2005年、 661-687頁、 doi:10.4157/grj.78.6612020年3月27日閲覧。
  7. ^ a b バスマガジン 24号 バス会社潜入レポート 京王電鉄バスグループ』三推社講談社、2007年7月27日。ISBN 978-4-06-366253-5
  8. ^ 「八王子市議会会議録 平成8年 第1回定例会(第2日目)」などによる
  9. ^ “2月22日(木)始発から京王線・井の頭線のダイヤ改正を実施します 〜京王ライナーの運行開始や、平日朝間時間帯の速達性向上を図ります〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京王電鉄, (2018年1月24日), オリジナルの2019年10月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191014150927/https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2017/nr180124_timetable20180222.pdf 2020年4月12日閲覧。 
  10. ^ “2月22日(金)始発から京王線・井の頭線のダイヤ改正を実施します 〜朝間時間帯上り「京王ライナー」の運行開始や、平日朝間時間帯の利便性向上を図ります〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京王電鉄, (2019年1月22日), オリジナルの2019年10月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191014155008/https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2018/nr190122_timetable20190222.pdf 2020年4月12日閲覧。 
  11. ^ 「ファンモン」ヒット曲が駅メロに-京王グループとコラボ - 八王子経済新聞、2011年11月16日
  12. ^ 京王グループ 1日の駅別乗降人員
  13. ^ 統計八王子 - 八王子市
  14. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  15. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  16. ^ 京王帝都電鉄発足年度
  17. ^ 当駅の乗降人員最高値年度

出典編集

東京都統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集