京王多摩川駅

日本の東京都調布市にある京王電鉄の駅

京王多摩川駅(けいおうたまがわえき)は、東京都調布市多摩川四丁目にある、京王電鉄相模原線である。京王相模原管区所属。駅番号KO35

京王多摩川駅
Keio tamagawa station n.jpg
駅舎(2007年10月12日)
けいおうたまがわ
Keiō-tamagawa
KO18 調布 (1.2km)
(1.3km) 京王稲田堤 KO36
所在地 東京都調布市多摩川四丁目40番地1
駅番号 KO35
所属事業者 京王電鉄
所属路線 相模原線
キロ程 1.2km(調布起点)
新宿から16.7km
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
17,021人/日
-2019年-
開業年月日 1916年大正5年)6月1日
備考 1937年昭和12年)、多摩川原駅から改称
テンプレートを表示

歴史編集

開業当初は調布駅から分岐した路線の終着駅であり、多摩川の砂利運搬が主な目的であったが、1927年に京王閣が開業してからは多くの行楽客に利用された。京王閣の閉鎖後、跡地は京王閣競輪場となり、最寄り駅として機能している。駅構造も頭端式のホームとなっていた。

しかし、相模原線が京王よみうりランドまで延伸すると、当駅は通過式の中間駅となった。ニュータウン鉄道として相模原線が建設されたのは当駅からであり、そのため加算運賃適用における境界は当駅になっており、当駅と調布駅の間は加算運賃が適用されない。

年表編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。改札口は通常北側のみ営業しているが、京王閣競輪開催時と調布市花火大会開催時には南側の臨時改札口も営業する。 各ホームには北側改札と連絡するエレベーター待合室を設置している。売店「A LoT」は改札部にある。平成31年2月をもって閉店。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   相模原線 下り 京王よみうりランド京王多摩センター橋本方面
2 上り 調布明大前笹塚新宿 都営新宿線方面

利用状況編集

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員17,021人である[2]

近年の1日平均乗降人員及び乗車人員の推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
出典
1955年(昭和30年) 6,866
1960年(昭和35年) 9,206
1965年(昭和40年) 13,935
1970年(昭和45年) 14,690
[6]1971年(昭和46年) 14,689
1975年(昭和50年) 15,575
1980年(昭和55年) 16,769
1985年(昭和60年) 15,369 8,638
1990年(平成02年) 17,892 9,455 [* 1]
1991年(平成03年) 18,144 9,607 [* 2]
1992年(平成04年) 9,468 [* 3]
1993年(平成05年) 8,877 [* 4]
1994年(平成06年) 8,600 [* 5]
1995年(平成07年) 16,489 8,473 [* 6]
1996年(平成08年) 8,299 [* 7]
1997年(平成09年) 16,047 8,295 [* 8]
1998年(平成10年) 16,368 8,425 [* 9]
1999年(平成11年) 16,124 8,164 [* 10]
2000年(平成12年) 16,537 8,370 [* 11]
2001年(平成13年) 16,623 8,392 [* 12]
2002年(平成14年) 16,672 8,444 [* 13]
2003年(平成15年) 16,328 8,180 [* 14]
2004年(平成16年) 16,586 8,301 [* 15]
2005年(平成17年) 16,160 8,222 [* 16]
2006年(平成18年) 15,768 8,167 [* 17]
2007年(平成19年) 16,363 8,399 [* 18]
2008年(平成20年) 16,298 8,315 [* 19]
2009年(平成21年) 16,236 8,274 [* 20]
2010年(平成22年) 16,108 8,156 [* 21]
2011年(平成23年) 15,887 8,022 [* 22]
2012年(平成24年) 16,430 8,310 [* 23]
2013年(平成25年) 16,744 8,455 [* 24]
2014年(平成26年) 16,937 8,537 [* 25]
2015年(平成27年) 17,404 8,749 [* 26]
2016年(平成28年) 17,594 8,852 [* 27]
2017年(平成29年) 17,686 8,896 [* 28]
2018年(平成30年) 17,701 8,882 [* 29]
2019年(令和元年) 17,021

駅周辺編集

駅から南に行くと多摩川の土手に出る。東には桜堤通りがあり、染地まで約1kmの並木が続く。駅東側は競輪場への来場者を対象にした飲食店が立地する。商業施設の多い調布駅に近いことから、当駅周辺には大型商業施設は少ない。2000年代に入ってから駅周辺にマンションが数多く建設されている。

西側編集

東側編集

バス路線編集

「京王多摩川駅」調布市ミニバス

「調布南高校前」(調布市ミニバス・京王バス

  • 西路線(調43) 地域福祉センター・飛田給駅北口行 / 調布駅南口行
  • 調41 多摩川住宅西行/調布駅南口行
  • 調45・調46 多摩川住宅西循環 / 調布駅南口行

付記編集

 
京王9000系30番台7000系の一部(LCD搭載車)での、次駅が京王多摩川駅である表示。「京王フローラルガーデン『アンジェ』下車駅」とは表示されない。なお、この表示は2画面化に伴い改修された。
  • LED車内案内表示器に表示される次駅案内では、「京王多摩川 京王フローラルガーデン『アンジェ』下車駅」と表示される。LCD式表示器搭載車や、東京都交通局所有の新宿線車両の場合、この表示はされない。

駅名の由来編集

駅開設当時の駅名「多摩川原駅」は、この駅が多摩川の砂利輸送を目的としたことから名付けられた。現在の「京王多摩川駅」は、駅所在地付近に「多摩川」が流れていることと、当時の東京横浜電鉄(現:東京急行電鉄東横線多摩川園前駅(後の多摩川園駅)の旧名称が「多摩川駅」であったため、「京王」と冠されたことによるものである。なお、多摩川園前駅(後の多摩川園駅)は2000年に再び多摩川駅の名称に戻された。

隣の駅編集

京王電鉄
  相模原線
京王ライナー特急・準特急・急行
通過(特急・準特急・急行の臨時停車の場合あり)
区間急行・快速・各駅停車
調布駅 (KO18) - 京王多摩川駅 (KO35) - 京王稲田堤駅 (KO36)

脚注編集

[脚注の使い方]

記事本文編集

出典編集

利用状況編集

東京都統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集