メインメニューを開く

京王重機整備株式会社(けいおうじゅうきせいび)は、鉄道車両の保守整備・改造・修理や、鉄道部品の販売や、事務所等の賃貸、特殊車両の製造・販売を行う株式会社京王グループに属する。本社は東京都渋谷区笹塚

京王重機整備株式会社
Keio Juuki Seibi Co., Ltd.
笹塚-13d.JPG
メルクマール京王笹塚(本社所在地)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
151-0073
東京都渋谷区笹塚一丁目47-1
メルクマール京王笹塚4F
設立 1943年(昭和18年)10月
業種 輸送用機器
法人番号 1011001007206
事業内容 鉄道車両の保守整備
自動車特殊車両の製造販売
不動産業
代表者 代表取締役社長 高山 恒明
資本金 2億円
売上高 55億1,400万円(2011年度実績)
純利益 12億8900万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 127億4600万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 148億7200万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 273名(2019年7月16日現在)
主要株主 京王電鉄
主要子会社 東京特殊車体
外部リンク http://www.keiojuuki.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

京王電鉄などで廃車となった車両を、全国の地方鉄道に販売する際の車両改造等を行うことで有名。京王電鉄や東京都交通局新宿線)の車両の更新・改造の他、定期保守についても行っている。

また自動車の移動採血車、消防で使われる救助工作車、小型輸送車なども、東京特殊車体と共に架装を行っている。

他に本社が入居するビルなどで不動産事業を行っている。

車両改造実績編集

車両更新 編集

  • 東京都交通局(都営地下鉄6000形
    • 都営地下鉄方針B修繕工事(冷房改造及び車内化粧版張替)は志村車両検修場の工場エリアでの出張工事によるもの。

事業所編集

 
北野事業所

社史編集

  • 1943年10月 「笹塚自動車工業株式会社」として設立される。
  • 1949年4月 京王帝都電鉄(当時)の傘下となり、「京菱モーター株式会社」と改称される。
  • 1956年11月 「京菱ディーゼル工業株式会社」と改称される。
  • 1960年1月 「京菱小松ディーゼル工業株式会社」と改称される。
  • 1962年9月 陸上自衛隊武器補給処より契約業者として認可
  • 1962年10月 「京王重機整備株式会社」と改称される。
  • 1984年6月 廃車改造の鉄道車両を伊予鉄道に初納入。
  • 1996年8月 新交通システムゆりかもめの整備開始。
  • 2002年7月 京王電鉄(株)より若葉台工場での車両整備業務の移管を受ける。
  • 2009年4月 東京都交通局新宿線車両整備開始。
  • 2015年4月 旧・京王重機ビルの建替によりメルクマール京王笹塚竣工。

脚注編集

外部リンク編集