メインメニューを開く

京葉臨海鉄道株式会社(けいようりんかいてつどう)は、千葉県貨物鉄道の運営を行っている、日本貨物鉄道(JR貨物)・千葉県などが出資する臨海鉄道会社である。本社は千葉市中央区中央港1丁目2番21号にある。

京葉臨海鉄道株式会社
Keiyorinkai Co., Ltd.
Keiyou-rinkai-Railway.JPG
京葉臨海鉄道の貨物列車
種類 株式会社
略称 りんてつ
本社所在地 日本の旗 日本
260-0024
千葉県千葉市中央区中央港1丁目2番21号
北緯35度36分36.46秒 東経140度6分48.28秒 / 北緯35.6101278度 東経140.1134111度 / 35.6101278; 140.1134111座標: 北緯35度36分36.46秒 東経140度6分48.28秒 / 北緯35.6101278度 東経140.1134111度 / 35.6101278; 140.1134111
設立 1962年(昭和37年)11月20日
業種 陸運業
法人番号 2040001002188
事業内容 鉄道事業、倉庫事業、日本貨物鉄道株式会社の業務受託、不動産賃貸業、損害保険代理業 他
代表者 代表取締役社長 早瀬 藤二
資本金 1,948百万円
(2017年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 3,896千株[1]
売上高 2,260百万円(2017年3月期)[1]
営業利益 31百万円(2017年3月期)[1]
経常利益 60百万円(2017年3月期)[1]
純利益 135百万円(2017年3月期)[1]
純資産 4,127百万円
(2017年3月31日現在)[1]
総資産 10,082百万円
(2017年3月31日現在)[1]
従業員数 175人(2017年7月現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本貨物鉄道 33.9%
千葉県 31.3%
コスモ石油 3.9%
出光興産 3.6%
住友化学 2.1%
JFEスチール 2.1%
(2008年4月1日時点)[2][3]
主要子会社 京葉臨海通運(株) 100%
外部リンク www.rintetu.co.jp
テンプレートを表示

日本最初の日本国有鉄道(国鉄)・沿線自治体・沿線進出企業が出資する臨海鉄道方式の鉄道会社として1962年に設立された。現在は千葉県内の鉄道貨物取り扱いを一手に引き受けている。主な扱い品目は石油コンテナである。

目次

歴史編集

路線編集

車両編集

KD55形(101-103・105・201号)
    
:KD55 102 自社発注機で、無線操縦装置を搭載するほか、車体各部形状が0番台や国鉄DD13形とは異なる
中左:KD55 103 元国鉄DD13形の機関更新機
中右:KD55 105 元国鉄DD13形の機関更新機。2012年に仙台臨海鉄道に譲渡。
: KD55 201 自社発注機。冷房装置を搭載するため200番台に区分。無線操縦装置はアンテナと台座のみの準備工事にとどまっている。
KD60形(1-4号)
  
:KD60 1 2001年5月日本車両製[8]。その後鹿島臨海鉄道KRD64形・神奈川臨海鉄道DD60形・名古屋臨海鉄道ND60形が共通仕様で製作されている。
:KD60 4 試作的要素のあった1号機に対し、量産型の2号機以降は各部形状が異なる。
国鉄DD13形ディーゼル機関車をベースとしつつ、機関を三菱製の小型のものとして機関室の高さを低くし、運転室からの視界を拡大させた[8]

機関車の全般検査はJR貨物大宮車両所で施行されており、入出場時は甲種鉄道車両輸送が行われる。

受託業務編集

JR貨物から次の業務を受託している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 第55期報告書 (PDF)”. 京葉臨海鉄道株式会社. 2017年9月13日閲覧。
  2. ^ 公社等外郭団体の経営状況等
  3. ^ 千葉県による公社等外郭団体に関する情報公開京葉臨海鉄道(株)
  4. ^ a b 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』平成18年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会、p.91
  5. ^ a b c d e f g h i j 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳』3号 関東1、新潮社、2008年、pp.33-34
  6. ^ a b c d 池田光雅『鉄道総合年表1972-93』中央書院、1993年、p.37 同書では「食品線」
  7. ^ 石油パイプライン事業法に基づく諸規則の運用の実態に関する質問主意書”. 衆議院 (1978年10月6日). 2017年10月8日閲覧。
  8. ^ a b 『RAIL FAN』第49巻第4号、鉄道友の会、2002年4月1日、 7頁。

関連項目編集

外部リンク編集