メインメニューを開く

臨海本線(りんかいほんせん)は、京葉臨海鉄道が運営している鉄道路線である。

臨海本線
臨海本線を走るコンテナ列車(2006年撮影)
臨海本線を走るコンテナ列車(2006年撮影)
概要
駅数 10駅
路線
運営
開業 1963年9月16日 (1963-09-16)
所有者 京葉臨海鉄道
使用車両 京葉臨海鉄道#車両を参照
路線諸元
路線総延長 23.8 km (14.8 mi)(支線含む)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
運行速度 40 km/h[1]
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
ABZq+l BHFq ABZqr+r
0.0 蘇我駅 JR東外房線↑/内房線
STRc2 STR3
JR東:京葉線
STR+1 STRc4
DST
3.0 千葉貨物駅
BST
5.8
0.0
市原分岐点
KDSTaq ABZgr
-
1.6
京葉市原駅
DST
8.8 浜五井駅
DST
10.1 玉前駅
DST
11.8 甲子駅
DST
14.5 前川駅
DST
17.7 椎津駅
BST
19.3
0.0
北袖分岐点
ABZgl STR+r
KDSTe STR
19.9 北袖駅
KDSTe
-
2.3
京葉久保田駅

千葉港に進出してきた企業の原料や製品を輸送するために1963年に一部が開業、1973年に全線が開業した。臨海本線は、1960年代に国鉄が計画した東京外環状線における京葉線の一部(蘇我 - 木更津間)を成すもので、当初計画では木更津で国鉄房総西線に接続する予定であった[2][3]

路線データ編集

  • 管轄(事業種別):京葉臨海鉄道(第一種鉄道事業者
  • 路線距離(営業キロ
    • 蘇我駅 - 北袖駅間 19.9km
    • 市原分岐点 - 京葉市原駅間 1.6km
    • 北袖分岐点 - 京葉久保田駅間 2.3km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:10駅
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:特殊自動閉塞式
  • 最高速度:40km/h[1]

歴史編集

  • 1963年(昭和38年)9月16日 蘇我 - 浜五井間 (9.5km)、市原分岐点 - 京葉市原間 (1.6km) が開業。
  • 1965年(昭和40年)6月1日 浜五井 - 椎津間 (8.2km) が開業。浜五井駅が蘇我駅方面に0.7km移転。
  • 1968年(昭和43年)10月1日 椎津 - 袖ケ浦(後の北袖駅)間 (2.2km) が開業。
  • 1973年(昭和48年)3月28日 袖ケ浦分岐点(後の北袖分岐点) - 京葉久保田間 (2.3km) が開業。
  • 1974年(昭和49年)3月1日 袖ケ浦駅が北袖駅に、袖ケ浦分岐点が北袖分岐点に改称。

駅一覧編集

括弧内は起点からの営業キロ。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 鉄道事故調査報告書 - 運輸安全委員会
  2. ^ 日本鉄道建設公団 影澤清光「東京外環状線の建設工事」『鉄道ピクトリアル』、電気車研究会、1973年4月、 pp35 - 40。
  3. ^ 日本鉄道建設公団環状線第二課長 側見 文夫「東京外環状線建設の現況」『電気車の科学』、電気車研究会、1969年8月、 pp27 - 32。
  4. ^ 甲子駅と前川駅間 には「JXTG」と呼ばれるJXTGエネルギー千葉製油所方面に向かう専用線との分岐点が存在する(起点から12.6km)。京葉臨海鉄道のホームページや「JR貨物時刻表」の路線図には駅名の記載は無いが、JR貨物時刻表2018年度版の「臨海鉄道時刻表」には、「JXTG」と記載されており、上下あわせて1日5本の発着便が存在する。なお、2016および2017年度版は「東燃ゼネラル分岐」、2015年以前は「極東石油分岐」と前身の社名が記載されていた