メインメニューを開く

京都アバンティ(きょうとアバンティ、KYOTO AVANTI)は、京都府京都市南区にある複合商業施設である。

京都アバンティ
KYOTO AVANTI
全景(手前が商業棟、左奥にホテル棟がある)
全景(手前が商業棟、左奥にホテル棟がある)
地図
店舗概要
所在地 601-8003
京都府京都市南区東九条西山王町31
座標 北緯34度59分0.6秒 東経135度45分38秒 / 北緯34.983500度 東経135.76056度 / 34.983500; 135.76056座標: 北緯34度59分0.6秒 東経135度45分38秒 / 北緯34.983500度 東経135.76056度 / 34.983500; 135.76056
開業日 1984年3月2日
施設所有者 京都シティ開発
施設管理者 株式会社イズミヤ
株式会社OPA
敷地面積 7,190 m²
延床面積 58,089 m² (容積率808%)
商業施設面積 14,682 m²
中核店舗 京都アバンティ
店舗数 92
駐車台数 208台
前身 京都市営バス八条営業所など
最寄駅 JR近鉄京都市営地下鉄 京都駅
外部リンク 京都アバンティ(公式サイト)
アバンティ
テンプレートを表示
京都シティ開発株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
607-8441
京都市山科区上野御所ノ内町16番地の10
代表者 代表取締役 横木 孝司
資本金 5億6100万円
売上高 18億5193万8000円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 1億5914万2000円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 1億5870万1000円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 9230万6000円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 11億1134万5000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 31億6833万8000円(2019年03月31日時点)[1]
決算期 3月末日
テンプレートを表示

目次

概要編集

京都市による初の再開発事業として、京都市営バス八条営業所跡地などが周辺街路の拡幅などとともに整備[2]され、1984年春に開業した。第三セクターの京都シティ開発が建物を所有し、商業棟地下1階-地上6階はイズミヤが権利を所有・運営していたが、2011年3月から権利者はイズミヤのまま、運営はOPAに委託している[3]

地下3階地上9階建ての商業棟と、地下3階地上13階のホテル棟(ホテル京阪京都が所有、バスターミナル京阪バス大阪空港交通京都市営バス)などが入居)、公開空地で構成される。

再開発事業の目的のひとつとして、従来は円滑ではなかったとされる駅の北側との接点を担うべく期待されたことから、南北を結ぶ地下自由通路と直結する構造となっている。なお、この通路の維持管理を京都シティ開発が受託しており、これに関わる費用として京都市から補助金が支給されている[4]

商業棟については、2010年6月にイオンモールKYOTOが開業するなど商業施設間の顧客獲得競争激化に伴い2011年3月、地下1階から地上6階のテナントを入れ替え大幅リニューアルするとともに「アバンティブックセンター」を除く商業施設の運営をイズミヤからの委託により、新たにOPAが運営することとなる[5]

主なテナント編集

※個別店舗名など詳細は、公式サイトを参照。

商業棟
ホテル棟
  • ホテル京阪京都(1階から13階)

周辺編集

京都駅#駅周辺を参照。

交通編集

京都駅八条口より、地下道で直結している。

※周辺に発着する路線バスについては、京都駅#バス路線を参照。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 京都シティ開発株式会社 第28期決算公告
  2. ^ 京都駅南口地区第一種市街地再開発事業 - 京都市情報館(京都市公式サイト、2012年2月18日閲覧)
  3. ^ 京都駅前 商業施設「アバンティ・フィスミー京都」の名称変更およびリニューアルオープンのお知らせ(プレスリリース) - イズミヤ(2011年2月18日付、2013年12月06日観覧)
  4. ^ 京都シティ開発株式会社 (PDF) - 京都市情報館(京都市公式サイト、2012年2月18日閲覧) ※京都市行財政局資料
  5. ^ 京都駅前の「アバンティ」大幅改装 OPAが運営 -日本経済新聞(電子版、2010年9月30日付、2013年12月06日観覧)

関連項目編集

外部リンク編集