メインメニューを開く

京都マル秘仕事人』(きょうとまるひしごとにん)は、1999年から2002年までテレビ朝日系「土曜ワイド劇場」で放送されたテレビドラマシリーズ。全3回。主演は中条きよし

京都マル秘仕事人
ジャンル テレビドラマ
脚本 保利吉紀
田上雄
監督 石原興
出演者 中条きよし
ナレーター 乾浩明
オープニング 歴代オープニングを参照
エンディング 歴代エンディングテーマを参照
プロデューサー 辰野悦央
東浦陸夫
齋藤立太
佐久間博
木村正人
制作 朝日放送
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
土曜ワイド劇場
京都マル秘仕置帖
放送期間 1999年10月16日
放送時間 土曜 21:00 - 22:51
放送枠 土曜ワイド劇場
放送分 111分
回数 1
京都マル秘仕事人
放送期間 2001年5月19日 - 2002年11月16日
放送時間 土曜 21:00 - 22:51
放送枠 土曜ワイド劇場
放送分 111分
回数 2
テンプレートを表示

この項では、同シリーズにつき『京都マル秘仕置帖』(きょうとまるひしおきちょう)についても説明する。

便宜上

  • 京都マル秘仕置帖 → 第1作
  • 京都マル秘仕事人 (1) → 第2作
  • 京都マル秘仕事人 (2) → 第3作

とする。

概要編集

必殺シリーズの登場人物の「三味線屋勇次」が現代の京都に甦り、闇に隠れた悪を討つというスピンオフ企画。

スピンオフ企画といっても必殺シリーズとは直接の関係はなく、通常の2時間サスペンスと変わらない作りになっているが、劇中では往年の必殺シリーズを髣髴とさせるシーンが続々出てくる。

  • 必殺シリーズのテーマ音楽・BGMが使われる。
  • お馴染みの勇次の殺し技が、現代の悪を成敗するイメージシーンとして再現されている。

「京都マル秘仕置帖」は松竹京都映画の企画であるが、「京都マル秘仕事人」は松竹芸能の企画である。

  • 「京都マル秘仕事人 (1)」は松竹芸能製作の「ザ・ハングマン」のテイストで作られている。そのためか、劇中では歴代のハングマンシリーズのBGMが多用されている。
  • だが、「京都マル秘仕事人 (2)」では一転してハングマンシリーズのBGMは一切使用されず、内容も必殺シリーズのそれに近くなっている。

キャスト編集

レギュラー編集

笠谷良次(第1作) → 木暮伸一(第2作) → 小暮伸一(第3作)
演 - 中条きよし
京都市内にてカラオケ教室のマスターを営む。かつてはプロ歌手だったが血の気の多さ故に所属レコード会社とのトラブルを起こし、あっさりと引退してしまう。裏の顔は悪人に制裁を加える仕事人。
水木志乃
演 - 青田典子(第2作)、細川ふみえ(第3作)
第2作はブティック経営者で、第3作は女優。第3作で何者かに銃殺される。
草野慎平(第2作) →草野一平(第3作)
演 - 田村勤(第2作・第3作)
妙心尼の弟子。第3作で何者かに撲殺される。
妙心尼
演 - 小畠絹子(第2作・第3作)
元締。嵯峨野に「虚心庵」という庵を結ぶ。

ゲスト編集

第1作「京都マル秘仕置帖」(1999年)
第2作「京都マル秘仕事人 (1)」(2001年)
第3作「京都マル秘仕事人 (2)」(2002年)

スタッフ編集

放送日程編集

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
京都マル秘仕置帖
1 1999年10月16日 伝説の男“必殺仕事人三味線屋勇次”が京の町に現れた!
カラオケ教室美人殺人事件 デビュー直前に消された演ドルの秘密
保利吉紀 石原興
京都マル秘仕事人
2 2001年05月19日 三味線屋勇次の糸が京の闇を裂く!殺された美人ストーカーとカラオケ男の秘密 保利吉紀 石原興
3 2002年11月16日 5億円古美術鑑定士殺人事件 必殺三味線屋勇次VS闇の魔宮 田上雄

脚注編集

  1. ^ 出演作品紹介 - 役者 谷口高史 公式サイト
  2. ^ プロフィール - ジェンコエージェンシー
  3. ^ プロフィール - 松竹芸能

外部リンク編集