メインメニューを開く

京都・女性記者シリーズ』(きょうと・じょせいきしゃシリーズ)は、日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」で放送されたサスペンスドラマシリーズ[1]

京都・女性記者シリーズ
ジャンル テレビドラマ
脚本 第1期
安倍徹郎
保利吉紀
上岡一美
押川国秋
安本莞二
第2期
大藪郁子
安本莞二
中村努
監督 第1期
田中登
木下亮
第2期
広瀬襄
三村晴彦
松尾昭典
井上昭
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1期
プロデューサー 嶋村正敏
高橋信仁(第1作 - 第4作・第6作)
櫻林甫(第5作)
武田功(第6作 - 第9作)
出演者 坂口良子
オープニング オープニングテーマを参照
エンディング 主題歌を参照
放送期間 1988年1月12日 - 1993年11月2日
放送時間 放送時間の変遷を参照
回数 9
火曜サスペンス劇場
第2期
プロデューサー 嶋村正敏
武田功
出演者 若村麻由美
オープニング オープニングテーマを参照
エンディング 主題歌を参照
放送期間 1994年4月12日 - 1995年12月5日
放送時間 放送時間の変遷を参照
回数 6
火曜サスペンス劇場

第1期(第1回から第9回、主演・坂口良子)と第2期(第10回から第15回、主演・若村麻由美)がありキャストが異なる。

目次

第1期編集

キャスト編集

毎朝新聞京都支局編集

三木旦子
演 - 坂口良子
記者。高倉に好意を持っている。
山口孝介
演 - 高峰圭二
旦子の相棒カメラマン。
浜田進
演 - 朝日完記(第3作 - 第9作)
記者。
草村次郎
演 - 谷口高史【旧・谷口孝史[2][3]
記者。
高倉正之
演 - 若林豪
支局長。育子とつむぎの父。

その他編集

芳子
演 - 千原しのぶ
小料理屋の女将。
城崎
演 - 早川純一(第2作 - 第9作)
京都府警察刑事。
高倉育子
演 - 元谷公美(第4作・第6作 - 第8作)、辻本牧子(第5作・第9作)
高倉の娘。
高倉つむぎ
演 - 瀬戸口真由(第4作 - 第9作)
高倉の娘。育子の妹。

ゲスト編集

第1作「京都周山殺人街道」(1988年)
第2作「京都鞍馬殺人街道」(1989年)
第3作「京都物集女(もずめ)殺人街道 」(1990年)
  • 岡本典子(料亭の仲居・元コンパニオン) - 黒田福美
  • 酒田理恵(典子の隣人) - 島村佳江
  • 岡本茂雄(典子の夫) - 山内としお
  • 市村光江(バーのホステス・浅井の同棲相手) - 芹明香
第4作「京都大原殺人街道」(1991年)
第5作「京都大石殺人街道」(1992年)
  • 岡村征一(劇団「大川浪十郎一座」の俳優・尚久の兄) - 阿藤海
  • 井上道雄(和菓子店「玉木屋」和菓子職人) - 長谷川初範
  • 仲小路尚久(茶道「仲小路流」家元・先代家元の娘婿) - 草川祐馬
  • 室山サキ(占い師) - 絵沢萠子
  • 辰吉(劇団「大川浪十郎一座」の役者) - 梅津栄
  • 戸川(茶道「仲小路流」事務局長) - 藤田宗久
  • 仲小路尚庵(茶道「仲小路流」先代家元・1年前死亡) - 中村錦司
  • サユリ(松喜堂の主人の愛人) - 五代百絵
  • 野本(洛北医科大学附属病院 医師) - はりた照久
  • 民宿釣宿「浜屋」主人 - 松尾勝人
  • ブラックバスの釣り人 - 国田栄弥
  • 上田(和菓子店「玉木屋」元和菓子職人) - 池田勝志
第6作「京都吉野殺人街道」(1992年)
  • 小山苗子(吉之助の初恋の女性の娘) - 野村真美
  • 村井水江(旦子の大学時代の友人) - 日向明子
  • 杉田周平(久子の夫・婿養子) - 山内としお
  • 杉田吉之助(杉田商店 社長) - 西山辰夫
  • 杉田久子(杉田商店 専務) - 湖条千秋[4]
  • 杉田達彦(吉之助の長男) - 伊庭剛
  • 村井静夫(大阪中央商事 社員・水江の夫) - 高岡健二
第7作「京都北国殺人街道」(1993年)
  • 榊原映子(美術誌編集長・元毎朝新聞京都支局 記者) - 南條玲子
  • 田村陽一(京春堂 当主) - 片岡弘貴
  • 棚橋(教授) - 楠年明
  • 田村春吉(京美術倶楽部 会長・陽一の父) - 岡田英次
第8作「京都丹後殺人街道」(1993年)
第9作「京都氷室殺人街道」(1993年)

スタッフ編集

放送日程編集

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1988年1月12日 京都周山殺人街道 安倍徹郎
保利吉紀
田中登
2 1989年8月29日 京都鞍馬殺人街道 保利吉紀
上岡一美
3 1990年3月20日 京都物集女殺人街道 押川国秋
4 1991年5月28日 京都大原殺人街道 安本莞二 木下亮
5 1992年1月14日 京都大石殺人街道
6 5月26日 京都吉野殺人街道 田中登
7 1993年2月09日 京都北国殺人街道
8 7月06日 京都丹後殺人街道 押川国秋
9 11月02日 京都氷室殺人街道 安本莞二

第2期編集

キャスト(第2期)編集

レギュラー編集

村上桂
演 - 若村麻由美
歳時記出版が発行する雑誌『京都VISION』の記者。26歳。未婚。推理作家志望。亡き父は塩問題の専門家。
多田照夫
演 - 田中実
カメラマン。
村上珠枝
演 - 岩本多代[5]
村上桂の母。夫とは死別れ。
川北陽子
演 - 伊藤栄子
狭山翠
演 - 立石涼子
井上
演 - 楠年明
京都府警警部補。
山下
演 - 沖田さとし(第2作 - 第6作)
刑事。
瀬木慎介
演 - 佐川満男(第3作 - 第6作)
川北猛
演 - 阿藤海
刑事。

ゲスト編集

第1作「京都近江殺人街道」(1994年)
第2作「京都奈良殺人街道」(1994年)
第3作「京都塩津殺人街道」(1994年)
第4作「京都日野殺人街道」(1995年)
第5作「京都九里半殺人街道」(1995年)
第6作「京都北陸殺人街道」(1995年)

スタッフ(第2期)編集

放送日程(第2期)編集

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1994年4月12日 京都近江殺人街道 大藪郁子 広瀬襄
2 8月09日 京都奈良殺人街道 三村晴彦
3 12月06日 京都塩津殺人街道 安本莞二 松尾昭典
4 1995年2月28日 京都日野殺人街道 大藪郁子 井上昭
5 5月30日 京都九里半殺人街道 安本莞二
6 12月05日 京都北陸殺人街道 中村努

脚注編集

  1. ^ ドラマタイトルはそれぞれ火曜サスペンス劇場『(サブタイトル)』となっているが、シリーズとしては「京都・女性記者シリーズ」と呼ばれている(古崎康成著、『テレビドラマ原作事典』、日外アソシエーツ、2010年1月発行、ISBN 9784816922305、218頁を参照)
  2. ^ 第1作から第7作まで。
  3. ^ 出演ドラマ・舞台 - 役者 谷口高史 公式サイト
  4. ^ プロフィール - 湖条千秋のフォトアルバム
  5. ^ プロフィール - オフィスPSC
  6. ^ プロフィール - WAC(アーカイブ)

外部リンク編集