メインメニューを開く

京都国際マンガ・アニメフェア(きょうとこくさいマンガ・アニメフェア)は、京都府京都市で2012年より開催のマンガアニメ関連の総合見本市である。略称は京まふ

京都国際マンガ・アニメフェア
Kyoto International Manga Anime Fair
会場の京都市勧業館
会場の京都市勧業館
イベントの種類 一般イベント
通称・略称 京まふ(KYOMAF)
開催時期 毎年9月第3土・日曜日
初回開催 2012年9月21日-23日
会場 京都市勧業館京都国際マンガミュージアム(共催)
主催 京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会、京都市
共催 KYOTO CMEX実行委員会、京都コンピュータ学院京都情報大学院大学
後援 経済産業省
協力 京都クロスメディア推進戦略拠点
最寄駅 京都市営地下鉄 東西線 東山駅
公式サイト

目次

概要編集

出展各社による作品紹介やイベント、物販、出張編集部などが、同市左京区京都市勧業館(みやこめっせ)をメイン会場、同市中京区京都国際マンガミュージアムを第2会場に行われる。サテライト会場に京都市勧業館向かいのロームシアター京都が2016年から加わり[1]、2012年と2014年に近隣の平安神宮境内で行われた関連ライブ・コンサートがロームシアター京都でも行われている。

公式キャラクターは藤島康介原案による「都萌(ともえ)ちゃん」、2015年までのロゴは雨宮慶太原案。2016年からオフィシャルサポーターとして「応援サポーター」がいる。

KYOTO CMEXのイベント及び京都文化祭典の連携事業であることから、関連イベントがメイン会場のある岡崎公園一帯を中心に開かれる。また、京都市交通局は本イベントとの連携も増収策の一環として位置付けて、京都市営地下鉄において出展作品でデコレーションした京まふ号を走らせている[2]

各年のイベント編集

2012年編集

関連ライブ・コンサート

開催日は9月21日(ビジネスデー)・22日・23日。23,800人が入場した。

2013年編集

開催日は9月6日(ビジネスデー)・7日・8日。31,800人が入場した。

2014年編集

関連ライブ・コンサート

開催日は9月20日・21日。40,576人が入場した。

2015年編集

開催日は9月19日・20日。36,951人が入場した。

2016年編集

オフィシャルサポーター
関連ライブ・コンサート

開催日は9月17日・18日。43,936人が入場した。

2017年編集

オフィシャルサポーター
関連ライブ

開催日は9月16日・17日。34,058人が入場した。

2018年編集

応援サポーターは梶裕貴22/7。9月15日・16日に開催した。

出典編集

  1. ^ a b 水瀬いのりの作品が、京まふメイン会場に展示決定!? “京都国際マンガ・アニメフェア2016”開催記者会見速報! リスアニ!web 2016年4月14日、同7月17日閲覧。
  2. ^ 京都市交通局 市バス・地下鉄中期経営方針 平成28年8月 [平成28年度~平成31年度]
  3. ^ 【京まふ】2013年1月2日に新春ライブ開催を発表!『ミルキィホームズ平安神宮奉納ライブ』”. MFS (2012年10月9日). 2014年10月7日閲覧。
  4. ^ “水樹奈々、秋の平安神宮で奉納ライブ「蒼月之宴」”. ナタリー (ナターシャ). (2012年8月3日). http://natalie.mu/music/news/74069 2012年8月19日閲覧。 
  5. ^ “fripSide、藍井エイル、Ray、i☆Risが平安神宮で熱いライブを展開!『平安神宮奉納ライブ2014』レポート”. こえぽた (MFS). (2014年9月22日). http://www.koepota.jp/news/2014/09/22/0201.html 2014年10月7日閲覧。 
  6. ^ 「京まふ2016」発表会に声優・水瀬いのりが登壇 「青の祓魔師」 「刀剣乱舞」とのコラボビジュアルも公開 アニメ!アニメ! 2016年7月16日、同17日閲覧。
  7. ^ 京都アニソンライブにAiRI、野水いおり、千菅春香、Rayら歌姫集結 おた☆スケ 2016年5月27日、同7月17日閲覧。
  8. ^ 佳村はるか:京まふのオフィシャルサポーター就任 京都のアメに夢中 まんたんWeb 2017年4月13日、同5月6日閲覧。
  9. ^ 【レポート】最前線のトップアーティストが集結!様々なアニソンが披露された「京都アニソンスペシャルライブ2017」 INSIDE 2017年7月21日、2018年2月15日閲覧。

外部リンク編集