メインメニューを開く

京都大学体育会硬式野球部(きょうとだいがくたいいくかいこうしきやきゅうぶ)は、京都大学体育会の一クラブ。京都帝国大学創設時からの運動部の一つであり、関西六大学野球連盟京滋大学野球連盟を経て現在は関西学生野球連盟に所属する。京都大学の学生によって構成されている。

ユニフォームの表記は「KYOTO」。また野球帽のロゴ「DB」や、グラウンドコートの「Dark Blue」は、京都大学体育会のカラー「濃青」に因む。これは、オックスフォード大学(ダークブルー)、ケンブリッジ大学(ライトブルー)のスポーツユニオン・カラーを大正15年(1926年)に京大体育会、東大運動会がそれぞれ採用したことによる。

目次

創部編集

1898年(明治31年)。

沿革編集

概要編集

2000年(平成12年)秋リーグ以来、関西学生野球連盟リーグでは最下位を動いていない[2]

関西六大学野球連盟時代の1934年秋、1939年秋の2度、リーグ優勝している。関西大学野球連合が結成された1962年、秋のリーグ戦で最下位となり、大阪商業大学との入れ替え戦に敗れて、下部組織の京滋大学野球連盟に降格。京滋リーグでは翌1963年秋から1967年春まで8季連続優勝、1968年春も優勝するなどしたが、関西大学野球連合が存続した1981年までの間に再び一部復帰を果たすことはなかった。1982年から関西学生野球連盟に所属。関西学生リーグでの最高順位は5位(1982年秋、1989年春、2000年秋)、最高勝ち点および勝率は2000年秋の4勝8敗、勝率.333、勝ち点2。年間では、田中英祐(4勝)、冨田真吾(2勝)を擁した2014年が6勝18敗で最多勝(勝率.250、勝ち点2)。

本拠地編集

京都市左京区吉田二本松町、京都大学吉田グラウンド(旧三高グラウンド)。

  • 京都帝国大学創設時(明治30年(1897年))に東一条より南の吉田二本松町が第三高等学校の敷地となり、その校庭が第三高等学校の野球部のグラウンドとなった。
  • 明治39年から始まった一高三高戦は、明治41年には三高グラウンドで行われた。以後、第20回戦(大正15年8月26日)まで8回にわたって三高グラウンドを使用した。第22回戦は、京大球場、それ以後は、寝屋川球場、西京極球場を使用した。
  • 戦後の学制改革で、第三高等学校が京都大学に組み込まれることになり、京大野球部のグラウンドとして吉田グラウンドを使用することとなった。
  • それ以前は、京都帝国大学野球部は、京大球場(現・農学部グラウンド)を使用していた。
  • 平成25年12月に吉田グラウンドの内野(ファウルグラウンド部分も含む)の土の入れ替えが行われた。
  • 平成26年9月に夜間照明が設置された。これは、任期(平成21年10月〜平成26年9月)満了間際の松本紘総長の取り計らいによるものとされる。

記録編集

  • リーグ優勝(旧関六時代含む)2回(1934年秋、1939年秋)
  • 首位打者 黒田真一(1936年秋、48打数18安打、打率 .375)、浜村平蔵(1939年秋、34打数13安打、打率 .382)、加藤寛(1992年秋、32打数13安打、打率.406)、新実彰平(2011年春、29打数12安打、打率.414)
  • 日本学生野球協会表彰(各連盟から毎年1人選出) 松村諭(2000年度)、河村浩輔(2003年度)、尾藤陽介(2007年度)、田中英祐(2014年度)

歴代部長編集

  • 末広重雄(1911〜1914)法学部教授(1906.4.26〜1934.7.25)、法学部長(第11代、1919.6.6〜1921.4.5)、名誉教授(1934.10.23〜1946.4.28 没)
  • 中澤良夫(1915〜1932) 工学部教授(1914.8.15〜1943.10.9)、工学部長(1934.4.9〜1935.9.9)、名誉教授(1944.2.19〜1966.8.28 没)
  • 濱部源次郎(1933〜) 工学部(機械工学科)教授(1917.6.28〜1939.1.19没(在職中逝去))、工学部長(1935.9.9〜1937.9.9)
  • 園正造(在任期間不明)理学部教授(1921.11.14〜1946.2.28)、理学部長(1934.6.30〜1936.6.30)、名誉教授(1946.11.16〜1969.11.24 没)
  • 菅原菅雄(〜1939.2.15)工学部(機械工学科)教授(1931.5.30〜1959.10.4)、名誉教授(1959.10.5〜1983.4.10 没)部長交代の公文書あり(京大文書館所蔵)。
  • 舟岡省五(1939.2.15〜)医学部教授(1923.7.10〜1946.7.13)、医学部長(1942.11.28〜1944.12.27)、名誉教授(1950.11.9〜1974.12.12 没)
  • 木村作治郎(〜1964) 教養部教授(1949.8.31〜1965.3.31)、教養部長(1960.10.28〜1963.4.1)、名誉教授(1965.4.2〜1984.11.13 没)
  • 石原藤次郎(1965〜1971) 工学部(土木工学科)教授(1943.1.11〜1972.3.31)、工学部長(1959.4.1〜1961.3.31)、防災研究所長(1963.4.1〜1967.3.31)、名誉教授(1972.4.1〜1979.10.2 没)
  • 高棹琢馬(1972〜1990) 工学部(土木工学科)教授(1972.6.1〜1997.3.31)、名誉教授(1997.4.1〜2015.8.30没)
  • 池永満生(1991〜2000) 放射線生物研究センター教授(1983.5.1〜2001.3.31)、名誉教授(2001.4.1〜)
  • 田口貞善(2001〜2004) 人間・環境学研究科教授(1992.10.1〜2005.3.31)、名誉教授(2005.4.1〜)
  • 寶馨(2005〜2018) 防災研究所教授(1998.11.1〜2018.3.31)、防災研究所長(2015.4.1〜2017.3.31)、総合生存学館長(2017.4.1〜)、総合生存学館教授(2018.4.1〜)

歴代監督編集

  • 浜村平蔵 1948(S23)春〜1953(S28)春
  • 豊原大成 1953(S28)秋〜1955(S30)秋
  • 石原喜一 1956(S31)春〜1974(S49)秋、関西六大学(〜S37秋)、京滋リーグ(S38春〜)大谷高校教諭、立命館大学OB
  • 松尾直規 1975(S50)春〜1980(S55)秋、京滋リーグ 京都大学工学部助手
  • 寶馨 1981(S56)春〜1982(S57)秋、京滋リーグ(S56)、関西学生(S57) 京都大学工学部助手
  • 大草朗 1983(S58)春〜1983(S58)秋 京都大学大学院農学研究科学生
  • 土橋隆男 1984(S59)春〜1987(S62)秋 伊藤忠商事
  • 田口貞善 1988(S63)春〜1990(H02)秋 京都大学教養部助教授
  • 長谷川勝洋 1991(H03)春〜1993(H05)秋 JR西日本
  • 田口貞善 1994(H06)春 京都大学大学院人間・環境学研究科教授
  • 石田敦志 1994(H06)秋〜1996(H08)秋 大和銀行
  • 沢田誠 1997(H09)春〜2000(H12)秋 大阪ガス
  • 来田宣幸 2001(H13)春〜2002(H14)秋 京都大学大学院人間・環境学研究科学生
  • 村井保雄 2003(H15)春〜2007(H19)秋 元・興國高校野球部監督、近畿大学OB
  • 長尾仁嗣 2008(H20)春〜2009(H21)秋 大阪ガス
  • 比屋根吉信 2010(H22)春〜2012(H24)秋 YHプランニング,元・興南高校野球部監督、大阪体育大学OB
  • 寶馨 2013(H25)春〜2014(H26)秋  京都大学防災研究所教授
  • 青木孝守 2015(H27)春〜  あぐり進学

過去のリーグ戦の戦績編集

  • 関西六校野球連盟
  • 昭和6年(1931)秋 6勝6敗1分(3位) 勝点制
  • 関西六大学野球連盟
  • 昭和7年(1932)春 3勝8敗(6位) 秋 1勝10敗(6位)
  • 昭和8年(1933)春 4勝9敗(6位) 秋 6勝6敗(2位)
  • 昭和9年(1934)春 3勝6敗(4位) 秋 6勝2敗(優勝) この年、関大は不参加(「関西五大学リーグ」とも称した)
  • 昭和10年(1935)春 7勝6敗(3位) 秋 7勝5敗(3位)
  • 昭和11年(1936)春 3勝9敗(5位) 秋 6勝7敗(3位) 秋・首位打者 黒田(京大)
  • 昭和12年(1937)春 5勝8敗(4位) 秋 4勝5敗1分(3位) 秋は2回総当たりのみ
  • 昭和13年(1938)春 5勝5敗(3者同率3位) 秋 1勝9敗(6位) 2回総当たりのみ
  • 昭和14年(1939)春 5勝2敗3分け(同率2位) 秋 8勝2敗(優勝) 秋・首位打者 浜村(京大)
  • 昭和15年(1940)春 5勝5敗(4位) 秋 3勝1敗1分(同率2位) 秋は1回総当たりのみ
  • 昭和16年(1941)春 4勝6敗(5位) 秋 3勝1敗1分(同率2位) 秋は1回総当たりのみ
  • 昭和17年(1942)春 0勝10敗(6位) 秋 1勝4敗(5位) 秋は1回総当たりのみ
  • 昭和18年〜20年 戦争によりリーグ解散
  • 昭和21年(1946)春 3勝2敗(3位) 秋 4勝1敗(2位) 秋・優勝決定戦で同志社に敗れる
  • 昭和22年(1947)春 6勝6敗(3位) 秋 1勝8敗1分(6位) 春・勝点制、秋・2回総当たり
  • 昭和23年(1948)春 0勝10敗(6位) 秋 0勝10敗1分(6位) 春・2回総当たり、秋・勝点制復活
  • 昭和24年(1949)春 2勝10敗(6位) 秋 0勝10敗(6位) 
  • 昭和25年(1950)春 4勝9敗(6位) 秋 4勝8敗(4位) 
  • 昭和26年(1951)春 3勝10敗(6位) 秋 1勝10敗(6位) 
  • 昭和27年(1952)春 0勝10敗(6位) 秋 0勝10敗(6位) 
  • 昭和28年(1953)春 0勝10敗(6位) 秋 3勝10敗1分(6位) 
  • 昭和29年(1954)春 0勝10敗(6位) 秋 1勝10敗(6位) 
  • 昭和30年(1955)春 1勝10敗(6位) 秋 0勝10敗(6位) 
  • 昭和31年(1956 石原)春 2勝9敗(5位) 秋 0勝10敗(6位) 
  • 昭和32年(1957 石原)春 1勝10敗(6位) 秋 0勝10敗(6位) 
  • 昭和33年(1958 石原)春 1勝10敗(6位) 秋 0勝10敗1分(6位) 
  • 昭和34年(1959 石原)春 0勝10敗(6位) 秋 1勝10敗2分(6位) 
  • 昭和35年(1960 石原)春 0勝10敗(6位) 秋 1勝10敗(6位) 
  • 昭和36年(1961 石原)春 3勝8敗(5位) 秋 0勝10敗(6位) 
  • 昭和37年(1962 石原)春 2勝8敗(5位) 秋 0勝10敗(6位) 秋・入替戦で大商大に敗れ、京滋リーグに降格  
  • 京滋大学野球連盟
  • 昭和38年(1963 石原)春 9勝2敗1分(2位) 秋 8勝0敗(優勝) 春・龍谷大が関六に昇格のため、秋は5校
  • 昭和39年(1964 石原)春 8勝0敗(優勝) 秋 8勝1敗(優勝)
  • 昭和40年(1965 石原)春 7勝2敗(優勝) 秋 8勝1敗1分(優勝)
  • 昭和41年(1966 石原)春 8勝0敗(優勝) 秋 8勝1敗(優勝)
  • 昭和42年(1967 石原)春 10勝1敗(優勝) 秋 10勝2敗(2位、立命優勝) 立命大降格のため秋は7校制
  • 昭和43年(1968 石原)春 10勝2敗(優勝) 秋 6勝5敗(3位、立命優勝) 春・立命大昇格のため6校に、秋は立命大再降格
  • 昭和44年(1969 石原)春 5勝6敗(4位) 秋 3勝7敗(4位、立命2位) 春・立命大昇格、秋は立命大再降格
  • 昭和45年(1970 石原)春 7勝3敗(2位、立命3位) 秋 2勝6敗(4位、立命3位) 秋は5校制に
  • 昭和46年(1971 石原)春 6勝4敗(3位、立命2位) 秋 7勝3敗(3位、立命優勝) 春は5校制、秋は6校制に 
  • 昭和47年(1972 石原)春 1勝9敗(5位、立命3位) 秋 0勝10敗(6位、立命3位) 春から龍谷大が参加(前年秋に関六から降格)
  • 昭和48年(1973 石原)春 1勝10敗(6位、立命2位) 秋 2勝9敗(6位、立命2位) 入替戦で仏教大に敗れ京滋の2部へ
  • 昭和49年(1974 石原)春 京滋2部 10勝2敗(優勝)、1部は立命優勝 秋 3勝8敗(5位) 春・入替戦で大谷大に勝ち京滋の1部へ復帰、立命は関六に復帰
  • 昭和50年(1975 松尾)春 6勝7敗(5位) 秋 4勝9敗(5位) 
  • 昭和51年(1976 松尾)春 3勝9敗(5位) 秋 1勝10敗(6位) 
  • 昭和52年(1977 松尾)春 3勝12敗(6位) 秋 5勝9敗(5位) 加盟校増で7校制 
  • 昭和53年(1978 松尾)春 7勝9敗(5位) 秋 6勝7敗(5位) 7校制 
  • 昭和54年(1979 松尾)春 6勝8敗(4位) 秋 8勝8敗1分(3位) 7校制 
  • 昭和55年(1980 松尾)春 6勝8敗1分(4位) 秋 8勝7敗(2位) 7校制 
  • 昭和56年(1981 寶)春 6勝7敗(4位) 秋 8勝7敗(3位) 7校制 秋・立命大は入替戦で京産大に敗れ京滋リーグに降格
  • 関西学生野球連盟 昭和57年2月に関西大学、関西学院大学、京都大学、近畿大学、同志社大学、立命館大学により結成。
  • 昭和57年(1982 寶)春 2勝10敗  秋 2勝8敗(5位、関大から勝点)
  • 昭和58年(1983 大草)春 0勝10敗  秋 0勝10敗
  • 昭和59年(1984 土橋)春 1勝10敗  秋 0勝10敗
  • 昭和60年(1985 土橋)春 2勝8敗(関学から勝点)  秋 2勝10敗
  • 昭和61年(1986 土橋)春 0勝10敗  秋 1勝10敗
  • 昭和62年(1987 土橋)春 0勝10敗  秋 1勝10敗
  • 昭和63年(1988 田口)春 1勝10敗  秋 1勝10敗
  • 平成元年(1989 田口)春 3勝8敗(5位、関学から勝点) 秋 0勝10敗
  • 平成2年(1990 田口)春 0勝10敗  秋 0勝10敗
  • 平成3年(1991 長谷川)春 0勝10敗  秋 2勝8敗(42連敗で止める、立命から勝点)
  • 平成4年(1992 長谷川)春 0勝10敗  秋 0勝10敗
  • 平成5年(1993 長谷川)春 0勝10敗  秋 0勝10敗
  • 平成6年(1994 田口、石田)春 0勝10敗  秋 1勝10敗(56連敗で止める)
  • 平成7年(1995 石田)春 0勝10敗  秋 0勝10敗
  • 平成8年(1996 石田)春 0勝10敗  秋 0勝10敗
  • 平成9年(1997 沢田)春 1勝10敗  秋 1勝10敗
  • 平成10年(1998 沢田)春 0勝10敗  秋 0勝10敗
  • 平成11年(1999 沢田)春 1勝10敗  秋 2勝9敗1分(関学から勝点)
  • 平成12年(2000 沢田)春 1勝10敗  秋 4勝8敗(5位、立命、関学から勝点)
  • 平成13年(2001 来田)春 0勝10敗  秋 2勝10敗
  • 平成14年(2002 来田)春 2勝9敗1分(関学から勝点) 秋 2勝9敗(立命から勝点)
  • 平成15年(2003 村井)春 0勝10敗  秋 2勝10敗
  • 平成16年(2004 村井)春 0勝10敗  秋 0勝10敗1分
  • 平成17年(2005 村井)春 0勝10敗  秋 1勝10敗
  • 平成18年(2006 村井)春 0勝10敗  秋 0勝10敗
  • 平成19年(2007 村井)春 0勝10敗  秋 2勝10敗
  • 平成20年(2008 長尾)春 1勝10敗  秋 0勝10敗
  • 平成21年(2009 長尾)春 1勝10敗  秋 0勝8敗(関大出場辞退のため、5位)
  • 平成22年(2010 比屋根)春 0勝10敗  秋 0勝10敗
  • 平成23年(2011 比屋根)春 0勝10敗  秋 0勝10敗
  • 平成24年(2012 比屋根)春 1勝10敗1分(60連敗で止める)  秋 1勝10敗1分
  • 平成25年(2013 寶)春 2勝10敗  秋 1勝8敗1分(近大出場辞退のため、5位)
  • 平成26年(2014 寶)春 4勝9敗(同大から勝点)  秋 2勝9敗(同大から勝点)
  • 平成27年(2015 青木)春 1勝10敗  秋 1勝10敗
  • 平成28年(2016 青木)春 0勝10敗  秋 0勝10敗
  • 平成29年(2017 青木)春 2勝10敗  秋 3勝10敗
  • 平成30年(2018 青木)春 3勝10敗  秋 0勝10敗  

関西学生野球連盟リーグ戦の京大からのベストナイン編集

  • 昭和59年(1984年)春 吉川兼次 外野手(法3・北野)
  • 昭和59年(1984年)秋 北野 孝 外野手(農3・北野)
  • 昭和60年(1985年)秋 吉川兼次 外野手(法4・北野)2回目
  • 昭和62年(1987年)春 沢田 誠 外野手(工4・寝屋川)
  • 昭和62年(1987年)秋 沢田 誠 外野手(工4・寝屋川)2回目
  • 昭和63年(1988年)秋 和田幸浩 三塁手(経1・和歌山桐蔭)
  • 平成元年(1989年)春 藤川貴久 二塁手(医4・洛星)
  • 平成3年(1991年)秋 石田敦志 捕 手(工4・岡山大安寺)
  • 平成4年(1992年)春 小南貴之 外野手(法3・三国丘)
  • 平成4年(1992年)秋 加藤 寛 捕 手(農2・洛星)首位打者
  • 平成8年(1996年)秋 新井隆三 一塁手(医4・灘)
  • 平成9年(1997年)秋 廣田尚弘 外野手(教3・畝傍)
  • 平成11年(1999年)秋 松村 諭 外野手(工3・畝傍)
  • 平成12年(2000年)秋 岡村英祐 投 手(法3・洛星)
  • 平成12年(2000年)秋 舛永隆宏 三塁手(文3・柳井)
  • 平成13年(2001年)春 藤田慎也 外野手(法2・膳所)
  • 平成15年(2003年)春 坂井伸光 外野手(工2・筑紫丘)
  • 平成16年(2004年)秋 伊藤慎哉 遊撃手(総4・松山東)
  • 平成22年(2010年)春 沖田正明 二塁手(理4・祇園北)
  • 平成23年(2011年)春 新実彰平 捕 手(法4・洛星)首位打者
  • 平成24年(2012年)秋 上田 遥 遊撃手(農2・北野)
  • 平成25年(2013年)春 前川優也 一塁手(経2・東海大仰星)
  • 平成25年(2013年)秋 田中英祐 投 手(工3・白陵)
  • 平成26年(2014年)春 佐藤駿介 三塁手(医3・東筑)
  • 平成26年(2014年)秋 田中英祐 投 手(工4・白陵)2回目
  • 平成26年(2014年)秋 上田 遥 遊撃手(農4・北野)2回目
  • 平成27年(2015年)秋 佐藤駿介 二塁手(医3・東筑)2回目(1回目は三塁手)
  • 平成30年(2018年)春 西 拓樹 遊撃手(工3・西京)

主な出身者編集

  • 小島栄(法学部・大正6年卒)OB会元会長
  • 小西作太郎(工学部・大正7年卒)大阪朝日新聞社、日本高野連顧問、三高学生時代に大正4年(1915年)からの全国中等学校野球大会を進言
  • 高山義三(法学部・大正7年卒)元京都市長
  • 名倉周雄(文学部・昭和2年卒)元関西六大学野球連盟理事長、立命館大学野球部初代監督
  • 井狩貞之(法学部・昭和9年卒)元近江八幡市長
  • 田口圭太(工学部・昭和23年卒)元ユニチカ会長
  • 岡崎義人(法学部・昭和24年卒)元阪神タイガース球団社長
  • 八角道夫(経済学部・昭和27年卒)元新和海運社長
  • 鈴木宏(法学部・昭和27年卒)元奥村組土木興業会長、OB会(京都大学野球倶楽部)前会長
  • 杉本悦郎(農学部・昭和28年卒)元京都大学教授(1988.4〜1994.3)、滋賀県立大学名誉教授、瑞宝中綬章(平成21年4月29日)
  • 豊原大成 (文学部・昭和28年卒)元浄土真宗本願寺派(西本願寺)宗務総長
  • 岡部敬一郎(経済学部・昭和31年卒)元コスモ石油 会長
  • 小関三平 (文学部・昭和33年卒)佛教大学教授
  • 仕田原猛 (法学部・昭和35年卒)元住友金属、OB会(京都大学野球倶楽部)会長
  • 池永満生 (理学部・昭和35年卒)京都大学名誉教授
  • 田中義雄 (経済学部・昭和38年卒)株式会社JEUGIA 会長
  • 松尾直規 (工学部・昭和47年卒)中部大学工学部教授、中部大学硬式野球部長、元・愛知大学野球連盟理事長
  • 佐山展生 (工学部・昭和51年卒)一橋大学大学院教授
  • 寶馨 (工学部・昭和54年卒)京都大学大学院総合生存学館 学館長・教授、元・関西学生野球連盟副会長
  • 中山泰 (経済学部・昭和58年卒)元・京丹後市長
  • 沢田誠 (工学部・昭和63年卒)大阪ガス硬式野球部
  • 新実彰平(法学部・平成24年卒)関西テレビ放送アナウンサー
  • 田中英祐(工学部・平成27年卒)元・千葉ロッテマリーンズ投手で、卒業生から初めてのプロ野球選手

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 京大初のドラフト指名 田中英祐はロッテ2位「西武の岸タイプ」スポーツニッポン2014年10月23日配信
  2. ^ 2009年秋は関大、2013年秋は近大が部員の不祥事により出場辞退したため、5位となっている。