メインメニューを開く

京都府道31号西陣杉坂線

日本の京都府の道路

京都府道31号西陣杉坂線(きょうとふどう31ごう にしじんすぎさかせん)は、京都市上京区千本今出川交差点を起点に、北区中川中山(杉阪口)に至る府道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
京都府道31号標識
京都府道31号 西陣杉坂線
主要地方道 西陣杉坂線
起点 京都市上京区千本今出川【地図
終点 京都市北区中川中山【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0162.svg 国道162号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

 
杉坂集落を抜ける府道31号線

市街では千本通、北区鷹峯木ノ畑町(北山通今宮通との交差点)以北の区間は鷹峯街道(たかがみねかいどう)と呼ばれる[1]。京都市街北部から、丹波国・旧京北町方面への最短ルートであり、国道162号の杉阪口以南の迂回路としての役割も担っている。

千本通区間(北区鷹峯木ノ畑町以南)は片側2車線の幹線道路である。以北は車両通行帯のない道路となるが、北区鷹峯北鷹峯町以南は道幅が比較的広いため、離合は容易である。しかし、この先のホテル然林坊から京見峠までの区間、特に大宮釈迦谷地内の山間部分は、連続した急坂、急カーブ、離合困難な狭隘道路が続く。そのため、旧京北町との合併を機に、バイパス道路の建設を主とした道路整備が進められている[2][3]

民家の点在する杉阪集落周辺では、並行する杉坂川が蛇行していることから、これをまたぐ数多くの小橋が架かっている。北尾3号橋以西は整備された片側1車線道路となり、清滝川に架かる中山橋を経て杉坂口で国道162号(周山街道)に合流する。

路線名の「西陣杉線」・河川名の「杉川」と、地名の「杉」では文字が異なる。

路線データ編集

歴史編集

 
北区大宮釈迦谷から撮影

1895年明治28年)に、現在の周山街道が開かれるまで、鷹峯千束、長坂越を経て杉阪口を通る古道(長坂道)が、周山や若狭に至る主要ルートであった[4]鯖街道の一つであり、かつては若狭湾で取れた天秤棒に担がれ、夜を徹して道を駆け、京都へ届けられていた[5]。また、『太平記』に「道明長坂を経て越前へ落ち行く」と記され、1336年延元3年)に新田義貞らの軍勢が京へ攻め入ろうとしたとき「その勢三百余騎、白昼に京中を打通って、長坂に打ち上る」とも記されるなど、歴史の舞台にも登場している[6]。杉阪地区では、往来する人々から関所税を徴収する「率分関(そつぶんせき)」が、道路上に設置されていたという[7]

長坂越については、かねてから古道の勾配が極めて急であった。牛馬車が通れるようにするため、1890年(明治23年)に現在の道路の基盤が造られた。しかし、曲がりくねった坂道であったため、肝心の牛馬車の往来にはあまり活用されなかったという[8]

年表編集

路線状況編集

通過する峠編集

 
京見峠横「京見峠茶屋」

地理編集

 
長坂口と呼ばれていた場所周辺

鷹峯街道沿いの、御土居と交差する付近(北区鷹峯旧土井町、上ノ町、藤林町周辺)を、京の七口の一つ長坂口と呼んでいた。

交差する道路編集

 
道風神社

沿線にある施設など編集

 
鷹峯地域に残る御土居

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集