京都観光サポーター制度

京都観光サポーター制度(きょうとかんこうサポーターせいど)は、ボランティアによる観光振興と観光ボランティア団体の交流・連携を図る京都市の制度である。制度は京都市基本計画に基づき、京都観光の魅力を向上させ発信することを目的に、2011年から始まった[1]。観光を支える役割として3種類の観光大使と京都観光おもてなしコンシェルジュ・京都国際観光おもてなしコンシェルジュの任命も行っている[2]

観光大使編集

京都名誉観光大使編集

京都にゆかりのある著名人が任命されている。任期はなく、かつては女優森光子、日本文学者のドナルド・キーンも大使だった。

京都国際観光大使編集

海外でも活動している京都通などが大使となっている。英語名は“Visit Kyoto Ambassador”。2020年時点で61人。

個人編集

団体編集

京都観光おもてなし大使編集

京都の魅力発信に貢献している大使として、京都館館長の小山薫堂倉木麻衣池内ヨシカツなど2020年時点で102人が任命されている。

脚注編集

  1. ^ “森光子さんら 観光3大使、京の魅力発信 京都市がサポーター制”. 京都新聞. (2011年5月11日). http://www.47news.jp/localnews/hotnews/2011/05/post-20110501095933.html 
  2. ^ “「京都観光おもてなし大使」,「京都国際観光大使」及び「京都名誉観光大使」の任命について” (プレスリリース), 京都市, (2014年3月31日), http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000164336.html 
  3. ^ 佐々木蔵之介が京都国際観光大使に就任、「超高速!参勤交代」続編は目下撮影中”. 映画ナタリー (2015年10月13日). 2015年10月13日閲覧。

外部リンク編集